旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 香川くんの記事 | トップページ | 「HESOMORI」が東京でも見られるようだ »

DANCE ACT『ニジンスキー』

DANCE ACT『ニジンスキー』
銀河劇場 3階より

脚本・演出:荻田浩一
音楽:斉藤恒芳
振付:平山素子 港ゆりか
出演:東山義久 安寿ミラ 岡幸二郎 遠野あすか 和田奏右、
   佐野大樹 長澤風海 東文昭 加賀谷真聡 舞城のどか

申し訳ないが「色々残念な芝居だなぁ」という印象。
ダンスものが苦手だからか、三階からだからか、仕事帰りで疲れていたからか、最後まで芝居の世界に入り込めず。
帰宅してから欲求不満で、エフゲニー・プルシェンコの動画みちゃったよ。
以下、ホントに個人的な感想。

こういう感想は余り良くないとは思うのですが、今回の芝居は露骨に腐女子ホイホイな印象を受けてしまって…。
エリザベートも同様な理由で苦手。別に無理矢理お耽美路線にする必要なくない?とエリザは思ってしまうのですよ。
黒色綺譚カナリア派みたいな、和風お耽美路線は大好きなんですがね。
昨日の大河の頼長様のエロシーンも、大喜びして見てたのですがね。
(山本くんの男色シーン、マジで色っぽくて上手かった)

何でだろ?
感想にもならない感想で済みません。
今からまたプルシェンコの『ニジンスキーに捧ぐ』でも見るか…。
そして続けて羽生くん映像の旅へ。

« 香川くんの記事 | トップページ | 「HESOMORI」が東京でも見られるようだ »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/44820334

この記事へのトラックバック一覧です: DANCE ACT『ニジンスキー』:

« 香川くんの記事 | トップページ | 「HESOMORI」が東京でも見られるようだ »