旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 凄い嵐だ | トップページ | 4月の観劇予定 »

新相棒は成宮寛貴 2

帰宅して落ち着いて成宮寛貴くんの記事を見る。

寺脇→及川に変わった時の阿鼻叫喚を考えれば、随分楽なのでは。
あの逆風跳ね返したミッチーは、ホント良くやったと思う。
神戸くんはまだまだ相棒の物語世界に関わりそうだし。(それ前提での特命卒業と信じてる)

成宮くん、右京さんとの年齢差は余り気にならないのだけど、捜査一課との年齢差どうするのだろう。
10歳近くも年下に今まで通りの対応だとイタいぞ。
芹沢くんの下に若い刑事を入れるとか考えないと、さすがにキツそう。
かといってトリオから誰かいなくなるのも嫌だ。

伊丹と亀山は言わずもがなだが、伊丹と神戸のコンビが意外に相性良かった。
S8-15「狙われた刑事」→S8-最終回「神の憂鬱」→劇場版2と、距離が縮まる過程が実に上手く描かれてた。
(返す返すも劇場版2のカットがもったいない…。もう2人でスピンオフ作ってよ)
暇課長と神戸のやり取りも面白かったし。

新相棒になると聞いた時、一番不安だったのは、小野田官房長を知らない人になるという事。
相棒ってある意味、小野田官房長と右京さんの愛憎劇だったし。

神戸が大河内と知り合いだったという離れ業を使ったように、成宮くんにも何か付加設定欲しいな。
いっそ小野田官房長の甥っ子でも良いよ。

神戸くんに関しては、駄作回も多々あれど、特命係への異動経緯、右京さんとの関係、特命を去る理由と、神戸相棒でなければ出来ないストーリーもきちんと創っていた。
(それだけに駄作回連発が惜しすぎる。もっと神戸のキャラ追及した話が見たかった)
新相棒が誰かよりも、ホント設定とか脚本とかseason通してどういう方向へ行きたいのか、そっちに力注いで欲しいです。

とりあえずどこぞのリークとはいえ、最終回から一か月もたってない発表は、何だかなぁ。
もう少し余韻に浸らせてくれよ。

« 凄い嵐だ | トップページ | 4月の観劇予定 »

芝居以外・感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/44742022

この記事へのトラックバック一覧です: 新相棒は成宮寛貴 2:

« 凄い嵐だ | トップページ | 4月の観劇予定 »