旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 三月大歌舞伎 昼の部 | トップページ | 心が洗われた »

相棒最終回はやはり阿鼻叫喚だった

肝心のクローンやら事件の部分は、くそつまらんかった。

でも異動先や異動理由は、想像の斜め上すぎた。
特命部屋の2人の場面はもう何かね…。切なすぎた…。

右京さんと神戸くんの対立の結末が、お互いを想い合ってというのはもう…。
神戸が自分を人質にした(ようなものだ)結果、右京さんは自分の正義を曲げ、
その事を悔やみまくって、もう右京と共にいられないと言う神戸という超展開。

あの杉下右京が自分の信念を曲げるとは。
更に君を追い出す気は無いとまで言わせた挙句に、
まさかまさかの長谷川元副総監の所に異動って。
神戸の階級ってどうなったんだ?

後半が怒涛すぎて混乱中。
この大混乱のまま半年放置とは、どんな仕打ちだよ!

しかし輿水さん、season1や2を書いていた頃とは別人のようで悲しい。
前半つまらなくてどうしようかと。
相変わらず狂った女性キャラ描かすと上手いが。
少なくとも神戸初登場の「特命」は面白かったのに。

櫻井さんでがっつり神戸メイン回を見たかったよぉぉぉ。
(この週末にうっかり「最後の砦」「神の憂鬱」を見てしまった)
伊丹との再共闘も見られぬまま。
あ、結局大河内との関係も不明。
子供絡むと暴走する神戸の理由も不明か。

結局色んな意味で阿鼻叫喚中。神戸は十字架背負いすぎだよ。
とりあえず再登場があると信じよう。
そうじゃないと、組織に翻弄された挙句に、警察官らしいことをしたいと言って、特命に残った神戸尊の3年は何だったんだということに。

最終回の相棒ロゴのヒビ、切なすぎる結末だった。

« 三月大歌舞伎 昼の部 | トップページ | 心が洗われた »

芝居以外・感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/44585830

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒最終回はやはり阿鼻叫喚だった:

« 三月大歌舞伎 昼の部 | トップページ | 心が洗われた »