リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 今更ですが「相棒展」行った | トップページ | 再放送祭り »

『ジキル&ハイド』

キャストも演出も一新。
曲も大好きだし、歌の上手い方ばかりなので、期待・大。
3/11の観劇で、終演後皆で黙祷しました。
凄く静かで、良い時間でした。

肝心の芝居ですが、悪くは無いのだけと、悪くは無いのだけど…。
鹿賀さん版より良い点を、一生懸命考えたが、まるで見つからずに終わってしまった。
歌の上手さと感動はイコールにならないと、よく判った。

あ、良かった点。照明。
(以下、かなり文句が多い感想です。済みません…)

さすがにもう鹿賀さんが演じるのは、年齢的に無理だが、
今回ももう少し細やかな感情の動きや、苦悩が伝わるかと思っていた。
石丸さん、『コースト・オブ・ユートピア』が良かったので、芝居面も期待したのだけど。

とりあえず衣装は仕事して下さい。
鬘も衣装も着る役者に似合うように工夫して欲しい。
全体的にプロの仕事とは思えない酷さだよ…。

それと石丸さんマント捌きが下手…。
ガウン着る場面ももたいついてたし、改めてハードルの高い役なのでしょうね。

「罪な遊戯」は、首筋にちゅーしたりしてる割には全然エロくない。
アンサンブルさんはかなりのレベルダウンだし。
一幕最後の殺し場面も、色々やり過ぎて落ち着かないというか。
演出も今までの方が好きでした。

さすがに女優さん2人の歌は聞き応え有りでしたが、全体的に消化不良で終わってしまい、残念な観劇になりました。

ハイドになった時の石丸さんが、マウンドでテンパる巨人・澤村にちょっと似てた。

【出演】
ヘンリー・ジキル/エドワード・ハイド:石丸幹二
ルーシー・ハリス:濱田めぐみ
エマ・カルー:笹本玲奈
ジョン・アターソン:吉野圭吾
ダンヴァース卿:中島しゅう
サイモン・ストライド:畠中洋
ヘンリーの父/執事プール:花王おさむ

« 今更ですが「相棒展」行った | トップページ | 再放送祭り »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

大阪公演行きます。
・・・回を重ねるごとによくなることを期待しておきます。そうですか・・歌えるジキル&ハイドにかなりワクワクしていたんですが・・今のところ空回りって感じなんでしょうか???

ぽんすけさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私の感想は、私がただ感じたものであり、今回のジキハイが好きという方もいると思います。
上手い歌がとにかく聞きたい方や、BW版が好きな方は楽しめるのではないでしょうか?

鹿賀さん版に思い入れがあると、ちょっとキツいと思いますが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/44483225

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジキル&ハイド』:

« 今更ですが「相棒展」行った | トップページ | 再放送祭り »