リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« Going!がようやく面白い | トップページ | 陣川回なのに… »

「TRAILS」 in Concert

ミュージカル「TRAILS」 in Concert
新宿スペース107

脚本 クリスティ・ホール 
作曲・作詞 ジェフ・トムソン/ジョーダン・マン
翻訳 四宮貴久
演出 前嶋のの
音楽監督 村井一帆
出演 岡幸二郎 藤岡正明 山崎直子 小此木麻里 RiRiKA 四宮貴久

最初に驚いたのは、この作品をプロデュースしたのが四宮貴久さんという事。
そんなに細かくアンサンブルさんとかチェックしてないので、どこが名前見たな程度の記憶ですが。
改めて経歴見て、このミュージカルを見て、ちょっと感動…。

大作では無いけれど、良い作品を日本で上演しようという情熱。
色々と困難は多いと思いますが、今後もぜひ素敵な作品を上演して欲しいです。

そんな舞台はいたってシンプル。
朗読劇+歌。セットも飾りも無し。
でもそれだけに、繊細なストーリーと、美しい歌が心に響いた。

藤岡くんのセス、はまり役でしたね。
藤岡くんがセスを演じることが前提で、この舞台は企画されたのかも。

私が一方的に考えるだけですが、藤岡くんの魅力ってナチュナルさだと思うので、普通に生きている青年役が凄く好き。

この話は、所謂男女間の三角関係なのだけど、男2人の間にも、単なる友情で片付けられない複雑な感情があるように思える。
特に四宮さん演じるマイクは、セスへの感情がかなり愛情めいてると感じた。
2人の間にいたエイミーは、どこまで気が付いてたいたのかな。

アパラチアン・トレイルを歩く2人。
何処から何処まで、どのくらいの距離があるのか、帰宅してから思わず調べました。
公式HPにも載ってますが、出来ればパンフに地図とか載せて欲しかった。

2/28(火)までですが、一人でも多くの人に見て欲しい芝居でした。

« Going!がようやく面白い | トップページ | 陣川回なのに… »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/44297560

この記事へのトラックバック一覧です: 「TRAILS」 in Concert:

« Going!がようやく面白い | トップページ | 陣川回なのに… »