旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の20件の記事

帰国した

昨日帰国しましたが、片付けして文字通り倒れてるように寝てました。
本日急遽仕事の打ち合わせが入ったので、睡眠取って体力回復しないと…。

今回はスリランカ→インドの旅でした。
インドはまぁオマケみたいな感じでしたが、そのインドでとんでもない事になるとは。

スリランカ良かったです。
のんびりしてるし、遺跡も素晴らしいし、仏教が普通に生活の中に存在する感じで。

本日BS-TBS 地球絶景紀行で、スリランカの特集がありました。
シギリヤロック、1200段登って、ちゃんと万歳してきました。
私たちのツアーのガイドをしてくれた、パーリタさんも冒頭に出演。
ホントは日本語ペラペラなのに、番組で披露する機会無く残念。

しかし最後の最後であんなトラブルに見舞われるとはなぁ…。
過去も海外で飛行機乗れなくなりそうトラブルに巻き込まれてますが、ギリギリで回避。

1.モロッコから日本に帰る時。
 ドバイで乗り継ぎが、空港でトラブル。カラブランカからの飛行機が着陸出来ず。
 こういう時に限って乗り継ぎ時間が無い。
 燃料が無いので別の空港へ行くとかアナウンスがあったが、何とか着陸。
 しかし乗り継ぎ時間は30分切っている。
 広いドバイの空港を、職員の先導で走った走った…。

2.クロアチアから日本に帰る時。
 自分的には何も無かった。乗り継ぎのウィーンの空港が、何か変だな、くらいで。
 帰国して火山が爆発して、ヨーロッパの空港が相次ぎ閉鎖されていた事を知った。
 私らが飛び立って半日後に、飛行機飛ばなくなったらしい。ギリギリセーフ。

3.インドから日本に帰る時。
 タージ・マハールのあるアグラ→空港のあるデリーに移動。
 車で4~5時間かかるのに、1時間半くらい走った所でバスがストップ。
 修理しても動かず、代替車に乗り換えるまで約2時間。
 代替車がぶっ飛ばして、ちゃんと空港に着く

今回が一番キツかったな。
狭い車で休憩も無く3時間ぶっ飛ばしだし。
そのまますぐ飛行機のエコノミー席だし。

時間を作って少しづづスリランカの写真等、アップしていきます。

もうすぐ空港

120125_145801 ハイウェイで2時間近くストップした後、代替車に乗り換え、ぶっ飛ばしてデリーへ。
途中で中央分離体に荷物持ってる人が手を振ってるので、何かと思ったらわたしらの弁当でした。
弁当が結構美味でした。

もうすぐ空港です。疲れた…。

【追記】弁当写真が出てきたので追加してみた。余り美味しそうに見えない。がっくし。

バスエンスト中

アグラ→デリー移動中に、バスが故障。
飛行機乗れるのか?
これからどうなるのやら。
なかなか体験出来ないトラブルだ。

トラブル

トラブル
タージ・マハール見ました。
美しさに圧倒。ド迫力でした。何時間も移動にかけた甲斐、大いに有。

空港に向けて再び大移動中に、乗っていたバスにアクシデント!
か・帰れるのか!!!

デリー散歩中

デリー散歩中
岩隈キャップと共に、フーマユーン廟を散歩してます。
デリー寒いです。スリランカとかなり気温差有。

さらばスリランカ

さらばスリランカ
スリランカからインドのデリーへ移動。

スリランカ凄い。街中に普通に象いるし。
世界遺産も素晴らしい。特にシギリアロック!
ひたすら登って、壁画の写真撮りました。

そしてAYURVEDA。気持ち良いは安いは、極楽でした。

ア・リーグ西地区が熱い!

ギリギリでダルビッシュのニュースを聞けた。
今年はア・リーグ西地区が熱い!
マリナーズの開幕行きたいなぁ。

さてそろそろ成田空港から旅立ちます。不在の間、演劇関係の情報ありそうだなぁ。

途中から携帯使えるみたいなので、旅レポします。

スリランカが待ってるよ!

見損ねた…

別所さん、「ごきげんよう」に18日(水)・19日(木)・20日(金)と出演。
ああ、水曜分見損ねた。

「法医学教室の事件ファイル」にも出演の模様。
このドラマ好きだから嬉しい。

祝・花の里復活

yahooニュースにまで載ってるよっ。

本日の『相棒』。
我が家、大笑いしすぎで、ちょっと近所迷惑です。

幸子が二代目花の里おかみになるかもは、予想出来たオチでしたが、
その過程が、過程がっ!
笑い好きで、お腹痛いですよ。

1シーズンに1本、こういう笑えるネタ回入れてくれ。
正月SPから絶好調だな、『相棒』。

神戸くんは、何であんなに面白いの。
死体にスタンバイの場面は、机叩いて笑っちゃったよ。
最後に構成員・田村も出てくるし。しかも瞬殺。
一番笑いました。

まぁ真面目な話、神戸くんが死体平気になったら、特命係卒業フラグだよなぁ…。
それは寂しいので、当分死体見て、気持ち悪くなってて下さい。

来週は日本にいないので、録画を忘れないように!

旅行準備で忙しい

海外旅行に行く日が近づいているが、久し振りの海外なので、荷物の積み込みに結構時間が…。
気温が26度の所から、18度度の所へ移動するので、持っていく服で悩んでます。
オマケに風邪気味。芝居はパスだな~。

とりあえず備忘録

荷物の配送→○
スカイライナー予約→○
新聞を止める→○
観光ガイドのコピー→×
平清盛、相棒、Goingの録画→×

あとはやることなかったかな…。

「ラ・カージュ・オ・フォール」

「ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち」
日生劇場

前回ファイナルと銘打ったにも関わらず、何故か復活。
もやもやしたものを抱えつつも、結局は見に行ってしまった。
舞台がはじまれば、カジェルさん達に釘付け。
やはり楽しいミュージカルだなぁ。

前回見た時も書きましたが、真島さん、新納くんはじめとする、クラブ「ラ・カージュ・オ・フォール」の踊り子、カジェルさん。
彼、いや彼女たちに最大の賞賛を送りたいです。
正直今回は、カジェルさん達を見る為に、チケット代を支払いました。
カジェルさん、万歳!

市村さんと鹿賀さん、もちろん安定してるし良かったのですが、さすがにキツくなってきた印象。
市村さんのザザ、大好きですが、そろそろ他のキャストでも見たい。

竹田団吾衣裳作品展

竹田団吾さんの衣裳作品展が開催されるようです。
2011も行きましたが、新感線をはじめとする、あの独特の衣装を間近で見られるのは、かなり貴重です。。
残念ながら東京は30点、大阪・福岡は90点。

東京展
会期:2012/2/23~3/5
会場:紀伊國屋画廊
  

[オフィシャルサイト

映画『アンダーグラウンド』

映画『アンダーグラウンド』
渋谷 シアターN

珍しく映画の感想。
第二次世界大戦からユーゴ内戦まで、ユーゴスラヴィアの激動の歴史を描いている映画というと、かなり堅苦しいイメージだが、凄くさりげなくて、笑えて、哀しい。

一応旧ユーゴ圏に旅行もしたので、どうしても見たい映画だった。
結構館内は人が多い。さすがロングランになっているだけある。
3時間という長さにビビったが、全然飽きずに最後まで見た。

頭上では戦争がはじまって、終わって、またはじまって。
ひたすら武器を作り続けて、地上に出たら、そこには自分の知らない世界。
冒頭で幸せそうな普通の街だったベオグラードは、度重なる爆撃で粉々になっていく。

平和な日本という国に住んでいると、自分の国への感情が薄れていくが。
登場人物たちは、みな「国」を求めていて。
「国」は無くなり、人も死んでいく。

クロとマルコの皮肉すぎる結末。
長年自分や人々を騙していたマルコ。
再会した時は、自分が誰か知らずに出した、処刑命令が遂行された後。

ラストは海から上がった登場人物がパーティをしていて、それはユートピアのようで。
だけど陸地から切り離されて、不安定な島の上を漂うのだけど、彼らは気が付かず宴は続き…。
国というものの不安定さ、足元の不確かさなのかな。
非常に切なかった。

長い年月の物語なので、各役者さんの老けっぷりが見事。
それとクロ役の俳優さんが、吉田綱太郎さんにちょっと似てた…。

祝・澤選手、2011年女子世界最優秀選手

昨夜授賞式を生で見てたのでめちゃめちゃ眠い…。

ありふれた言葉だけど、本当に歴史的快挙。
素晴らしいです、澤選手。

授賞式が着物でというのも素敵。

「日本を代表している。一番清楚(せいそ)で日本人らしいのが着物姿なので」(インタビューより抜粋)

受賞式後のインタビューでのかっちりしたスーツも、格好良かった。
佐々木監督の受賞のスピーチは、何か泣けちゃった。

澤選手を見ていたら、着物が着たくなって、小紋でお出掛け。
久々の着物で疲労困憊…。情けない。

「劇団☆新感線 三十年の疾走」が再放送

演劇に優しくなったNHK。
新感線の特集の再放送もしてくれる。ありがとう。

「ハイビジョン特集 劇団☆新感線 三十年の疾走」
NHK BSプレミアム 
2012年1月16日(月)午前9:30~/深夜25:10~ 

寿歌

私が大学生から社会人くらいの頃、当時流行した演劇を幾つか見た。
だけどどうにも面白く無かった。
当時面白いなと思ったのは、東京にやって来たばかりの新感線。
私の周囲の演劇オタク達からは、関西ノリが嫌だとか、下品とか、ボロクソでしたが。
彼らはきっと大人になって、演劇とは無縁の生活なのだろうが、今の新感線の状況知っているのだろうか。

「寿歌」見ながら、そんな昔の事を考えてた。
大学の頃、流行ったからな、北村想さん。

そんな私がアラフォーになって見た「寿歌」は、受け付けなかったです。
いや、昔見た「シェルター」「悪魔のいるクリスマス」は、結構楽しく見ていた記憶があるのだが…。
初日だからか台詞も何となくこなれていない感じ。
それにラストが案外美しくなかったのですよね…。

でも別演出、別役者で見たら、また違う感想になるかも。

「寿歌」
作:北村想 演出:千葉哲也
出演:堤真一/戸田恵梨香/橋本じゅん
上演時間1時間20分。この舞台、チケット代7500円は正直高いです。

2012年1月の観劇予定

毎日寒いですね。
1月後半は極寒の東京から、暑い国へ脱出予定です。
その為今月は観劇控えめになります。

「寿歌」新国立劇場

「ラ・カージュ・オ・フォール」日生劇場

劇団AUN「十二夜」赤坂RED/THEATRE

「新春浅草歌舞伎」浅草公会堂

「壽初春大歌舞伎」平成中村座

控えめと言いながら、5本ありました。
旅行から帰ってきたら、もう少し増やすかも?

などとBLOGをのんびり書いたら、今日は『湯けむりスナイパー お正月スペシャル2012』があるではないか!
見なくては…。

ようやく『相棒』正月SPみた

『相棒season10』 第10話(正月SP) 「ピエロ」
面白すぎるーーー!
疲労してたので、録画半分見て残りは明日と思ったのに、最後まで一気に見た。

続きを読む "ようやく『相棒』正月SPみた" »

2011年の芝居総決算

1/3になり、ようやく2011年の芝居について、総決算が出来ました。
なかなか年内にちゃんと纏められません。
年賀状もギリギリまで書かない私らしい、年のはじめです。

2011年は51演目64本と、例年に比べて大分減りました。
(メモ忘れが+2公演くらいあるようですが)
太字がリピートしたもの、グレーは感想を書いていないものです。

ワンツーワークス公演「蠅の王」吉祥寺シアター
「時計じかけのオレンジ」 赤坂ACTシアター
「ろくでなし啄木」  東京芸術劇場
「ZORRO THE MUSICAL」日生劇場
おにぎり 旗揚げ公演「斷食(だんじき)」
「サイモン・ヘンチの予期せぬ一日」全労済ホール/スペース・ゼロ
「シラノ・ド・ベルジュラック」サンシャイン劇場
「国民傘~避け得ぬ戦争を巡る3つの物語~」スズナリ
「熱海殺人事」 NEXT ~くわえ煙草伝兵衛捜査日誌~」紀伊國屋ホール
「眠狂四郎無頼控」国際フォーラム
文学座公演「美しきものの伝説」紀伊國屋サザンシアター
音楽劇「わが町」俳優座劇場
「国民の映画」パルコ劇場 
「レ・ミゼラブル」 帝国劇場 ×6回
「陰陽師~Light and Shadow~」新国立劇場
「ヴェニスの商人」 恵比寿・エコー劇場
「Underground parade」 シアタークリエ
「港町純情オセロ」赤坂ACTシアター ×2回
「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 3rd letter」天王洲銀河劇場
「五月花形歌舞伎」夜の部 明治座
「たいこどんどん」シアターコクーン ×2回
「NOISES OFF」あうるすぽっと
「雨」新国立劇場
「リタルダンド」パルコ劇場
「べッジ・パードン」世田谷パブリックシアター
「三銃士」帝国劇場
「髑髏城の七人」梅田芸術劇場メインホール・青山劇場 ×4回
「八月花形歌舞伎 3部」新橋演舞場
「八月花形歌舞伎 2部」新橋演舞場

「弥々」赤坂RED/THEATER
「奇ッ怪 其ノ弐」世田谷パブリックシアター
りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ 第七弾「ペリクリーズ~船上の宴~」
「スリル・ミー(Thrill me)」アトリエフォンテーヌ
「ユーリンタウン」座・高円寺 ×4回
「開幕驚奇復讐譚」国立劇場
「芸術祭十月花形歌舞伎」新橋演舞場
「アントニーとクレオパトラ」さいたま芸術劇場
「エレジー」吉祥寺シアター
「泣き虫なまいき石川啄木」紀伊國屋サザンシアター
「平成中村座 十一月大歌舞伎 夜の部」 隅田公園内仮設劇場
「天守物語」新国立劇場
「袴垂れはどこだ」すみだパークスタジオ 倉
「ある日の出来事」中野ザ・ポケット
松竹花形歌舞伎 日本青年館
「ロコへのバラード」東京グローブ座
扉座 人情噺「紺屋高尾」 座・高円寺
「GOLD~カミーユとロダン~」 シアタークリエ
「ロッキー・ホラー・ショー」 KAAT 神奈川芸術劇場
黒色綺譚カナリア派「誤/娯楽」 こまばアゴラ劇場
tpt81「プライド」 d-倉庫

3月の震災で劇場にに行くのが一時的に怖くなりましたが、そんな中で見た「レ・ミゼラブル」はとても印象に残っています。

2011年の一本を挙げるなら、蜷川幸雄演出「たいこどんどん」です。
5月という、震災の記憶のまだ生々しい時期に、東北を巡り、東北の言葉が語られる物語。
変化する時代の中でも強く生きる登場人物の姿に、文字通り力を貰った舞台でした。

企画の段階では、こんな状況の中の上演は想像もしていなかったろうし、まさに奇跡の一本です。
若旦那の橋之助と幇間役の古田新太が、同い年だったのも驚き。絶妙のコンビでした。
東北で再演をしたいという記事を何処かで見ましたが(記憶違いでしたら済みません)、ぜひ実現して欲しいものです。

その他、印象に残った舞台を列記します。

「ユーリンタウン」座・高円寺
「天守物語」新国立劇場
「国民の映画」パルコ劇場 
「袴垂れはどこだ」すみだパークスタジオ 倉

一番熱心に感想を書いた舞台はコレ。

「髑髏城の七人」梅田芸術劇場メインホール・青山劇場

面白かったのですがね。
主演の小栗くんの役作り、殺陣や、一人二役設定を止めた事に対する不満など、書きたい事が多すぎた舞台でした。
自分の思い入れが強いのもありますが、これだけ色々な事を思わせてくれるというのは、ある意味2011年最強の芝居かもしれません。

私も芝居好きの方々も、体力・お金の続く限り、今年一年楽しく劇場に通える事を願います。

新年です

あけましておめでとうございます。
皆さま穏やかなお正月をお過ごしでしょうか。
2012年という年が、素敵な年になると良いですね。

お正月といえばおせち料理ですが、義理絡みで今年は注文する事になりました。
ちゃんと31日に届きましたよ。

「Bistro Lyon」のお節です。

Osechi1 Osechi2 

素材に拘ったというだけあって、テリーヌ、鴨など食べてみたら実に美味しかった。
ちょっと高いですが。

1/2は初芝居ではなく、一日テレビっ子。
朝からずっと箱根駅伝。
今年は1位と2位以下の差がつきすぎだ。
2区の東海大・村澤が例年より落ちてたので(それでも十分凄い)心配。
明治・鎧坂も出てないしなぁ…。復路に出るか?

夜は見たい番組が多くて大忙し。
普段使っていないビデオデッキも活用し、テレビ東京の時代劇録画。
BS朝日の歌川国芳も、もちろん録画。
生で見るのはもちろん「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」。

今年も笑いすぎて喉痛くなりました。
テニスが最高だった。チャン凄かった。プロは半端無いわ。
リアル野球盤は毎年安定した面白さ。
特に延長に入ってからが、涙出る程おかしかった。
MVPはぜひ河田コーチにあげたかった。

プロが金属バット使うと、とんでもない打球が飛ぶ。
おかわり君が打ったら、どんな事になったのだろう…。

さて明日も箱根の復路見るぞ!

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »