リンク

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 査証を取りに行く2 | トップページ | 東宝さん色々発表 »

tpt81『プライド』

tpt81『プライド』 
d-倉庫 上手より

作: アレクシ・ケイ・キャンベル
演出:小川絵梨子

出演:馬渕英俚可 須賀貴匡 山口馬木也 谷田歩

d-倉庫久し振りで、周囲暗いし迷うかと思ったが、ちゃんと案内が立ってくれていた。
ありがとうございます。

狭い劇場は満員。もう少し大きな劇場で上演しても良かったかも。
しかしtptの芝居はハズレ無いね。

なかなか手強い芝居だった。
内容が圧倒的で、終演後動けないくらい。

1958年と2008年。同じ名前を持つ3人の男女。
交錯する時代。

時代が行ったり来たりするのだが、その点は非常に判りやすい。
扉と奥の部屋に向かう下りの階段。
そこを人物がいったり来たりする。
簡易な部屋のセットしか無いのだが、その無機質さが幾通りの場面に変わる。

1958年では忌み嫌われ、精神科で治療を受ける「同性愛」
(この治療方法が「時計じかけのオレンジ」に出て来たルドヴィコ療法のよう。)
2008年では差別は幾らか改善されたようで、実はキワモノ扱い。

3人のキャラクターは、確かに違う人物なのだが、どこか共通点があるようにも見える。
凄い脚本であり、演出だ。
輪廻転生という言葉が浮かんだ。

谷田さんは3役。
コスプレーヤーは軍服似合すぎ。かなりの売れっ子でしょう。
2役目の編集者が個人的にはツボ。軽薄で芸術や文化の上っ面だけ舐めて、判ったような顔している人物。
ああいう人、いるよね~。今まで見た事も無いキャラクターで、面白かった。

12/25まで。公演期間が短くてもったいない。

« 査証を取りに行く2 | トップページ | 東宝さん色々発表 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/43474843

この記事へのトラックバック一覧です: tpt81『プライド』:

« 査証を取りに行く2 | トップページ | 東宝さん色々発表 »