旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 食べ過ぎな日々 | トップページ | 『寿歌』のチケット »

泣き虫なまいき石川啄木

シス・カンパニー公演「泣き虫なまいき石川啄木」
紀伊國屋サザンシアター

作・井上ひさし 演出・段田安則
出演・稲垣吾郎 貫地谷しほり 渡辺えり
   西尾まり 鈴木浩介 段田安則

感想書くのが遅くなりました。
事前にチケット確保してなかったので諦めていたが、おけぴでしつこく探して、ようやく譲って頂く。
どうもありがとうございます。

はじめて生で観た吾郎ちゃんは格好良かったです。
台詞が聞き易い。機関銃のようにやり取りされる会話でも、上手いベテラン勢に負けていない。
ジャニーズの方、舞台で見ると、大抵は当たりです。

それにしても石川啄木という人は…。
今年はじめの三谷さんの「ろくでなし啄木」でも、お金にだらしなくて、場当たり的な生き方。
それでも妻にとっては、愛おしい人なのですね。

吾郎ちゃん、とても啄木のキャラクターに合っていました。
上記のような駄目男なのですが、嫌味が無くて、憎めない。

段田さん演じる父は、輪をかけて駄目男。
一家は次から次へと「家庭の修羅場」続きで、喧嘩ばかりなのだが、それがとにかく楽しい。
凄く見応えがありました。

この芝居を見ながら『頭痛肩こり樋口一葉』を思い出したが、脚本は『頭痛肩こり樋口一葉』の方が好きかな。

« 食べ過ぎな日々 | トップページ | 『寿歌』のチケット »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/42961300

この記事へのトラックバック一覧です: 泣き虫なまいき石川啄木:

« 食べ過ぎな日々 | トップページ | 『寿歌』のチケット »