旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ダルビッシュだ! | トップページ | ホークス日本一おめでとう! »

松竹花形歌舞伎

松竹花形歌舞伎

一、瞼の母(まぶたのはは)
二、お祭り(おまつり)

出演:中村獅童、市川男女蔵、市川笑也、澤村宗之助、澤村由次郎 / 片岡秀太郎

日本青年館の公演を観劇。
色々な歌舞伎の巡業公演を見ているが、今回は客席が凄すぎた…。
私が前方の大きな通路の近くの席だった、というのも不運のうち。
遅刻・中座のお客さんがやたらと多く、嫌でも目に入る…。
遅刻して来たら静かにさっさと席について下さい。

そんな訳で開始10分くらいは全く集中出来ず。まいりました。
とはいえお客さんは獅童登場で大喜び。
全国巡業するには、良い演目・内容だと思います。

獅童くんは古典より、こういった芝居の方が向いている。
10月の一心太助も良かったし。
劇場の作りの為か、秀太郎さんの声が聞きにくかったのが残念。

この後公演は北へ。
最終日は八戸で、笑也さんの出身地。盛り上がりそうですね。

獅童くんといえば、『獅童流 森の石松』が私は結構好きでした。
笹野さんと吉田日出子さんが共演しているって時点で、必見でしょう。
再演はありえないでしようが。

« ダルビッシュだ! | トップページ | ホークス日本一おめでとう! »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/43075362

この記事へのトラックバック一覧です: 松竹花形歌舞伎:

« ダルビッシュだ! | トップページ | ホークス日本一おめでとう! »