旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 今日はBSフジ録画 | トップページ | 2011年10月の観劇予定 »

ペリクリーズ~船上の宴~

りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ第七弾
『ペリクリーズ~船上の宴~』

作 ウィリアム・シェイクスピア
翻訳 松岡和子
構成・演出 栗田芳宏

感想を書こうと思っていたら、襲名ショックで飛んでしまった。

壮大な旅の物語。
正面、側面に、ペリクリーズの旅を描いた地図が、垂れ幕のように吊るされている。
栗田さんが語り、様々な登場人物になって、物語は進んでいく。

ロマンス劇が余り自分は得意では無いと思っていたので、観劇前は不安だったが、すんなり物語に入り込めた。

面白かったです。
でも少しだけ物足りない。

今回無国籍風の舞台になっていたが、私は「マクベス」の時のような「和」の舞台が好き。
能楽堂であえて上演する意味を、今回は考えさせられてしまった。

それでも次も見ますよ。

« 今日はBSフジ録画 | トップページ | 2011年10月の観劇予定 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/42233789

この記事へのトラックバック一覧です: ペリクリーズ~船上の宴~:

« 今日はBSフジ録画 | トップページ | 2011年10月の観劇予定 »