旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の27件の記事

ユーリンタウン 千秋楽

流山児★事務所「ユーリンタウン―URINETOWN The Musical-」

熱くて良い楽だった。
特に若いカップル2人が。
関谷春子さん、ホントに上手いなぁ。

水資源が枯渇する未来。
最も贅沢なのが「津波ツアー」。
2009年度版では特に意識もしなかったが、2011年度版では何とも皮肉な事になった。

終演後、舞台上で出演者が記念撮影。
お客さんも撮影して良いとのこと!
流山児さん、太っ腹。

「髑髏城の七人」ラスト観劇 その3

だらだら書いていたワカドクロ感想まとめ、その3。

最後は余り触れなかった小栗くんについて。
どうしても厳しい見方になってしまうので、贔屓の方は読まないように。

続きを読む "「髑髏城の七人」ラスト観劇 その3" »

BSで野球三昧

午前の部 ワールドシリーズ第7戦 TEX×STL
午後の部 パ・リーグCS F×L
夜の部  セ・リーグCS S×G

本日はBSが野球チャンネル状態でした。

一番楽しみにしていたのは、日本ハムのダルビッシュ投手。
メジャー移籍するかも?とのことなので、日本ハムが敗退したら、これで日本では見納め。
素晴らしいピッチングでしたが、7回で降板。その後、チームは同点に追いつかれ、延長で逆転。あちゃー。

夜の部のヤクルトが2点差で9回をむかえ、一点返されるも、逃げ切ったのと対照的。
一点差リードは厳しいですね。

野球見られるのは、やはり楽しい。

ユーリンタウン 3回目

流山児★事務所「ユーリンタウン―URINETOWN The Musical-」

初のサイドブロック。
手持ちのチケットは正面席だけなので追加してみた。
平日夜は座席に余裕があるとのことだが、満席で驚きました。
ラストに向けて、お客さんも盛り上がってます!

サイド席はやはりリピーター向け。
別所さん、バンドの方々と色々絡んでいるし。
バンドの方も、アンサンブルさんと同じ振りをしたりとか。
違った景色が見られて、面白かった。

それとキャストが走ると、モロ振動が伝わる。
臨場感バッチリ。
舞台を去っていく時に、通路で芝居している声もよく聞こえる。
「もっと出番くれよ」(スットボケじじい)
「うるさい!」(ロクスッポ)

アンサンブルさんの動きも、正面よりよく判る。
こんなフォーメーションになっているのか、とか。

ビンボー役の今村さん、プレに見て大熱演で、喉とか大丈夫かと、失礼ながら心配していたが、全くの杞憂。
今村さんの芝居は、何か好感が持てる。

凄くパワーいっぱいの舞台。
千秋楽まで、怪我なく頑張ってほしいです。

ワールドシリーズ第6戦

ワールドシリーズ第6戦 TEX×STL
現在延長突入。

まさか9回2点差2アウト2ストライクから、同点になるとは。
解説も言ってたが、外野の守備がちょっと前だったよね。

あ、HR。またテキサスがリード。
試合が面白すぎて、出掛けられない。

→あら、サヨナラHR。あー面白かった。ルイスが投げていたのが遠い昔だ。

日本ハム製品を買わなければ!

温泉三昧の旅からようやく帰京。

今日はプロ野球ドラフト会議。
残念ながら生では見られなかったのだけど、顛末を知り大ウケ。

日ハムが菅野の交渉権を獲得

ニュースで映像見たけど、会場のファンが日本ハムに大歓声送っていたので印象的。
やはり有力新人選手を囲い込みみたいな事していたジャイアンツに、良い印象持ってない人が多いのだろうね。

日本ハムはドラフト7位で、ソフトボール部に所属する選手を指名したり、今回のドラフトでは話題独占です。
明日は日本ハム製品を、何か買おうかな。

「髑髏城の七人」ラスト観劇 その2

劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎「髑髏城の七人」
青山劇場 1階後方より

その1で脚本に対する不満を述べました。
もちろんワカドクロ、面白かったですが、脚本そのものの良さは以前のバージョン方が上だと思う。

続きを読む "「髑髏城の七人」ラスト観劇 その2" »

エレジー

『エレジー』
作 清水邦夫、演出 西川信廣

平幹二朗さん主演。
脚本が素晴らしすぎる。もちろんその脚本を最大限に生かすキャストも。

私が観ていて感じた事。多分脚本家の意図とは外れていると思うが。

所詮完璧な人間などいない。
どこかに傷を負い、欠けている所を、お互い優しく補っていけば良い。

そんな風にゆっくりと、でも精一杯生きている人達の中で、医者でエリートで世間では勝ち組と言われる存在は、逆に異質だ。
彼が振りかざす紛れもない正論を、聞いているだけで苦しくなる。

小さな安らぎを求めることの、何が悪いのだろう。

そんな事を思いながら見ていた。

平さん上手すぎる、本当に。
台詞が無くても、そこに立っているだけで、雄弁に観客に伝えてくれる。
僅かな心の交流を失った彼の老後は、どうなるのだろうか。

とても切ない話だった。
古い家が舞台なのだが、セットが非常に凝っていた。
あんな家で、庭を眺めながら、ゆっくりお茶を飲むのは、実に贅沢な時間だろう。

忘れるな、べっしー@BS日テレ

野球のレギュラーシーズンが終わり、フィギュアスケートがはじまると、ああもうすぐ冬が来ると思う。
テレビの録画をすぐ忘れる私。
今日は別所さんのテレビがある。忘れないようにしなければ。

BS日テレ「別所哲也のドイツ紀行」
放送日時:10月22日(土) 16:00-17:00
放送局:BS日テレ

スタジオパーク@武田真治

本日のスタジオパーク、ゲスト。慌てて見始めた。
冒頭に「ブラッドブラザーズ」の写真が!

「ブラッドブラザーズ」再演しないかなぁ。
「スウィーニー・トッド」「演時計じかけのオレンジ」も良かった。
来月の「アマデウス」も楽しみ!

東北楽天ゴールデンイーグルス 66勝

10/19で全日程終了。
1勝につき100万円を震災孤児への支援金に、とのこと。
66勝で6600万円です。

結果は5位でしたが、怪我人だらけの中で、最後まで3位争いしたし、今年も一年楽しく応援しました。
チーム内MVPは文句なく田中投手でしょう。
全試合出た聖澤選手、後半戦大活躍だった内村選手、来年も走りまくってくれ!

残念なのは何といっても岩隈投手の負傷。
4月に凄く良いピッチングしてたので、今年はイケる!と思った矢先の長期離脱。
永井投手と山崎選手と、この3人の離脱が無かったらなぁ…。

来年は山崎選手もいない。多分岩隈投手も。
やはり寂しいなぁ…。

ユーリンタウン 2回目

流山児★事務所「ユーリンタウン―URINETOWN The Musical-」
10/16(日)14:00~
 

111017_014301

写真は休憩中に頂いたデモのちらし。
日曜なのでお客さん沢山。ちらしも沢山配ってました。

ボビー役今村さんのBLOG読んでびっくり。
公衆トイレの掃除を実際に何度かしているよ!
今日もちらし頂きました。ありがとうございます。

前説では「でかい男」ネタが無くなっていた。残念。
バレル役の清水さん、凄く上手いです。
別所さんとりやり取りも、間が絶妙。
細い方なので、凸凹コンビなのも効果的。
前説も休憩も、清水さんのトークが面白くて、早めに着席しちゃう。

席が前すぎると、やや音が聞きずらくなるみたい。
お勧めはD列かな。前の通路がやや広いのでお楽しみもある。

それにしても前回上演時より、改めて色々と内容について考えさせられる。
反格差デモも世界各地で起こったり、震災や台風があったり。

今日もド迫力で楽しかった。
流山児さんはホントにミュージカルの演出がはじめてなのだろうか。
あのアンサンブルの動かし方は凄い。
(ココは扇形舞台と囲み客席だった、前回の方が好きだけど。)

お勧めの舞台。すぐの再観劇を企み中です。

楽天・田中投手 本日も完封

昨日の西武戦登板だと思って、チケット取った関東鷲ファンの中に私もいるぞ。
もちろん西武ファンだらけの中の西武ドームで、井坂投手応援して来たよ!

そして今日、マー君北海道で見事完封。
現時点でこんな成績。

19勝5敗 防御率1.27

何が凄いって27試合登板して、完投が14
しかも延長10回投げて、完投がつかなかったのが2試合有り。

個人的には、岩隈、永井、ラズナーが怪我で、先発ローテがぼろぼろだった時に、ほんっと頑張って投げてた姿が一番印象的。
今日の試合後の星野監督のコメントも凄く良かった。

今から試合のビデオ見るぞ!

ユーリンタウン ―URINETOWN The Musical- プレビュー

本日は流山児★事務所「ユーリンタウン―URINETOWN The Musical-」のプレビュー公演。
2009年に観劇して、非常に魅力的だった舞台。
今回は何と別所哲也さん出演!

7:00~9:35まで。休憩は10分。
前回は15分だっと思うのだが、何故10分…。
前説が面白いので、開演5分前には、着席している事を勧めます。出来れば休憩時も。

新キャストが良い!旧キャストは安定。
ホープ役関谷さん、素晴らしい。前回も綺麗な声と容姿で魅せてくれたが、更に良くなっている。
頭の良いお嬢様だけど、現実を見てない浮世離れした感じが出ている。

ボビーの今村さん、大健闘!今後の公演で、もっと良くなりそうで期待。
バレル役の清水さん、上手い。凄く気に入りました!
身体つきが別所さんと真逆なので、実に良い対比。
別所さんのでかい体もすっかりネタに。サリーと並ぶと、ホントにサリーが子供に見える。
軽々運んでいくしね。

別所さんといえば、やはりあのネタが最高でしよう。
これから見る方、お楽しみに。

舞台は前回の扇形から、普通の作りの舞台に。
ここは残念。バンドとロックストックの控え位置も、上手から下手へ。
ただ扇形だと、何か音が抜ける感じがして、台詞や歌が聞き取りにくかったから、今回の方が良いのかも。

アンサンブルさんは、数人少なくなった気がする。
でも相変わらずド迫力!

URINETOWNはやはり曲が良いね。
プレビューなので、やや手探りな感もありましたが、すっごく楽しかった!
今月はこの舞台に通います。お勧めです。

公式サイト→ http://www.ryuzanji.com/r-urine11.html

2009年の自分の感想→ http://karintheater.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/-urinetown-the-.html

東急シアターオーブに劇団☆新感線

2012年夏にオープンするシアターオーブ
2000人近くの「ミュージカルの殿堂」を目指す劇場。

会場のキャパからいって、新感線来るのでは?と思ったら、予想どんぴしゃり。
2012年12月に公演が予定されているとのことだ。

一体演目は何なのだろう。
「SHIROH」の再演だったら、演劇オタク大喜びだ。
「五右衛門ロック」シリーズとか、全くの新作とか。

かなり楽しみ。

山崎選手、お疲れ様

「髑髏城の七人」の感想が途中ですが、やはり今は山崎選手の話題。

試合の動画見たけど、観客の歓声も凄いし、選手の泣きっぷりも凄かった。
恐らく沢山怒られてたであろう、嶋選手や小山選手が号泣しているし。

本当に愛された選手だね。
来年もEaglesのユニフォーム着て、元気にHR打って欲しかったです。

自分球場でHRどころか、貴重な三塁打や盗塁も見てるぞ!
暫くは最後のヒットとヒーローインタビューの映像見て、泣いてしまう日々になりそうです。

続きを読む "山崎選手、お疲れ様" »

楽天・山崎選手、戦力外

温泉につかってる間に衝撃ニュース。
山崎選手のblog読んで涙が…。
明日がEaglesでの最後の試合なんて。
自宅にいないから、試合見られない。今からでは録画も出来ない。

西武ドームでみたHRは絶対忘れません。
岩隈・山崎が揃っている内に、優勝して欲しかったよ。

「髑髏城の七人」ラスト観劇 その1

劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎「髑髏城の七人」
青山劇場 1階後方より

大阪で1回、東京で3回観劇。
大阪で見た時は、脚本の変更と、主役にかなり戸惑いましたが、東京では段々と違和感も感じなくなり、楽しく観劇。
それでも持っていたチケットを増やそうとは思わなかったなぁ…。

脚本に対する不満は、最初に観劇した時にUP済。

髑髏城の七人 その1
http://karintheater.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-2397.html

続きを読む "「髑髏城の七人」ラスト観劇 その1" »

マー君18勝おめでとう!

前日の岩隈KOで、ヤケ酒飲みまくるくらい落ち込んでいたのだが、今日のマー君18勝で浮上!

マー君、完封!ダル抜きパ・トップの18勝目

まぁ昼間は芝居を見ていて、生では試合は見られなかったのだが。(再放送で見てます。)
帰宅した9回で、エラーでヒヤヒヤしたけど、勝って私も雄叫び。

数分後に隣りの部屋でも叫び声?
阪神サヨナラ負けに、トラキチの親発狂。

ご近所さん、済みません。
(まぁ今隣り工事してるのだがね。)

ゲッティ大丈夫なのか

数日前から、ホリプロはじめてとして、劇場やチケットを取り扱っているサイトから、システムトラブルのメールが来ている。
すぐに直るだろうと思っていたが、一向に改善の兆し無し。
新聞にも小さい記事だけど、載っていた。不正発券があったとか何とか…。

Gettiiシステムは、演劇関係だけでは無い。
スポーツ関係も使っている。
Jリーグの大宮アルディージャのHP見たら、トップにどーんとお知らせが。
ソフトバンクとか、これからCSの試合あって、他のサイトからも買えるとはいえ、一試合で3万人以上動員するのに、どうするんだ、この事態。

結構大事だと思うのだが、何故か余り騒がれてない。
肝心のゲッティのHPにも、何も書かれてない。

流山児事務所も、座・高円寺もGettiiシステムなのだよね。
あ、TPTもだ…。もうすぐ発売日なのに。

QVCマリン

10/6にロッテVSソフトバンクを見に、QVCマリンに行ってきました。

Dsc05715

何というか、一方的な試合で。
ソフトバンク和田投手の、素晴らしいピッチングを堪能に行った感じでした。

バックネット裏の凄く良い席で観戦。
普段テレビだと、ピッチャーの背中から見る形なのですが、打者側から見ると全然違う!
よく「球の出所が見辛い」というが、その意味がよく判りました。
和田投手、ギリギリまで左手が出て来ないので、確かに打者は打ちにくい。

この日は夜になっても暖かく、快適な観戦でした。
焼き鳥も美味しかったし。

QVCマリン、我が家からだと遠いのだけがネック。
来週は西武ドームに行く予定。

来年の劇団☆新感線は、藤原くんと永作さんのW主演

劇団☆新感線2012年春公演「シレンとラギ」

脚本はかずきさんか…。今回の髑髏城の改悪を見ると、期待値が下がる…。
最近だとジャンヌ・ダルクは凄く良かったけど。
朧の森も蛮幽鬼も面白かったが、阿修羅や髑髏、SHIROHのように、きちんと時代設定してある方が、私は好きです。

藤原くん…、好きな役者さんではある。
ワカドクロの小栗旬くんの新感線演出の合わなさを見ていると、期待より不安の方を感じる。
三宅弘城さん、北村有起哉さんは、楽しみ。
古田さん、じゅんさん、聖子さんが揃うのは嬉しい。

最近の新感線の新作発表の中では、いまひとつテンションが上がらない。
何故だ?

「HESOMORI」twitter

谷田歩さんのコメントが載ってました!
「相棒」に出るみたいです。

http://twitter.com/hesomori

2011年10月の観劇予定

急に寒くなってきました。
一週間くらい前までは、まだ朝顔頑張ってましたが、さすがに撤去しないといけない状態に。
西洋朝顔はまだまだ咲いています。

10月は楽しみにしていた「ユーリンタウン」がはじまります!
高円寺に通うことになりそうです。Plumeria

「ユーリンタウン」座・高円寺

「髑髏城の七人」 青山劇場

「開幕驚奇復讐譚」国立劇場

「芸術祭十月花形歌舞伎」新橋演舞場

「アントニーとクレオパトラ」さいたま芸術劇場

先月の反動であちこち行きたいので、お勧めのお芝居情報、もっと集めなくては!
ストレートプレイは、見たいのが11月に集中しているのですよね。

時間が出来たので、野球も行きます。QVCマリンと西武ドーム。
さすがに寒いだろうな…。

ペリクリーズ~船上の宴~

りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ第七弾
『ペリクリーズ~船上の宴~』

作 ウィリアム・シェイクスピア
翻訳 松岡和子
構成・演出 栗田芳宏

感想を書こうと思っていたら、襲名ショックで飛んでしまった。

壮大な旅の物語。
正面、側面に、ペリクリーズの旅を描いた地図が、垂れ幕のように吊るされている。
栗田さんが語り、様々な登場人物になって、物語は進んでいく。

ロマンス劇が余り自分は得意では無いと思っていたので、観劇前は不安だったが、すんなり物語に入り込めた。

面白かったです。
でも少しだけ物足りない。

今回無国籍風の舞台になっていたが、私は「マクベス」の時のような「和」の舞台が好き。
能楽堂であえて上演する意味を、今回は考えさせられてしまった。

それでも次も見ますよ。

今日はBSフジ録画

結局「たいこどんどん」の放送、最後まで見てしまった。
何が起こっても、変わらなくて、逞しい、若旦那と太鼓持ち。
最高です。

さて本日は「ブロードウェイ・ミュージカルライブ2011」の放送。
出掛ける前に、忘れずに録画セットしなくては。
藤岡くんの「One Song Glory」を聞き逃さないように!

「ブロードウェイ・ミュージカルライブ2011」
10月2日(日) 17時00分~17時55分 BSフジ 

スリル・ミー

ミュージカル「スリル・ミー(Thrill me)」
アトリエフォンテーヌ

原作・音楽・脚本 STEPHEN DOLGINOFF
演出 栗山民也
翻訳・訳詞 松田直行
出演:「私」松下洸平 「彼」柿澤勇人

何となくこのミュージカル、私の好みだろうなと思ってた。
だが仕事のスケジュールがはっきりせず、チケット確保せずにいたら、案の定完売。
仕方無く、えいやっと当日券チャレンジ。

開演1時間前抽選。平日昼だし大丈夫だろうと思ったら、「本日は立ち見の4枚のみです。」
マジですか???
お祈りしつつ、抽選箱に手を入れたら、何とかチケット取れましたよ。

前置きが長くて済みません。そんな訳で頑張って立ち見してきました。
でも全然苦にならなかった。
めちゃめちゃ面白いのだもの!
共依存のような捻じ曲がった2人の関係と愛情に、最後まで目が離せなかった。

続きを読む "スリル・ミー" »

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »