リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 明日のスタジオパーク | トップページ | 別所さん@はなまるマーケット »

『レ・ミゼラブル』6月12日ソワレ

『レ・ミゼラブル』
2011年6月12日(土)帝国劇場

いよいよラストと思うとしんみりでした…。
初演も一回だけだけど、一応見てます。
バリケードのセットに驚き、その上ですくっと立つ、内田アンジョルラスが格好良かったのが印象的で。

この演出もこのセットも見納めだなんて、今だに信じられません。

何度も書いてますが、私は一幕の「The Beggars」の場面の導入部分が大好きで…。
バルジャンが小さなコゼットを抱き上げて、闇の中に消えていくシルエットと、地の底から湧き出したような乞食たちと、左右から登場するセット。パリ 十年後…。
マリウスとアンジョルラスが、この後出てくる事を思うと、胸が高まる。

ホントに全編通して凄い演出です。

別所さん、開幕当初はやや不調?と思っていましたが、公演途中からはそんなこともなく、この日は声もよく響いていて大満足!
バルジャンという男の苦労が伝わってくる。
それと爺さん演技が、更に進化していた気が…。マリウスにコゼットを頼む場面では、腰曲がりすぎて倒れるかと…。
2003年にはじめて見て、年齢確認して、「若いのに何故こんなに爺さんが上手いのだ!」とたまげた記憶が。
また別所さんのバルジャンが、見られると良いなぁ…。

久し振りの上原アンジョルラスが、(生意気な言い方ですが)全体的にレベルアップしてて驚いた。
歌はもちろん元々上手いのですが、芝居も体の使い方も、全然良くなっている。
上原さん目当てに、ロミオ&ジュリエット行こうかな…。

カーテンコールでは、別所さんを片手で制した玲奈ちゃんが、聖子ファンテーヌをお姫様抱っこ。
男前っぷりに感心しました。

素敵な時間に大感謝!また『レ・ミゼラブル』に会えることを信じてます。

ジャン・バルジャン 別所哲也
ジャベール 今拓哉
エポニーヌ 笹本玲奈
ファンテーヌ 新妻聖子
コゼット 中山エミリ
マリウス 山崎育三郎
テナルディエ 駒田一
テナルディエの妻 森公美子
アンジョルラス 上原理生

« 明日のスタジオパーク | トップページ | 別所さん@はなまるマーケット »

芝居・レ・ミゼラブル関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/40413660

この記事へのトラックバック一覧です: 『レ・ミゼラブル』6月12日ソワレ:

« 明日のスタジオパーク | トップページ | 別所さん@はなまるマーケット »