リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の22件の記事

『レ・ミゼラブル』SPキャスト

ようやく見てきました、『レ・ミゼラブル』SPキャスト。
開幕前はSPやりすぎとか、色々言っていましたが、いざ見るとやはり凄い!

禅さんマリウスに萌えた。
歌穂さんの若さに驚愕。

本当に素晴らしかった!

別所さんも初日近辺より、全然調子良い。
そしてこの日は珍しく、ちょっとしたアクシデントがありました。

SPキャスト版、一度しかチケット取らなかったのを激しく後悔中…。

勝ちました

何とかイーグルスサヨナラ勝ち。
しかも最後は横川が決めたー!

先日またしてもマー君見殺しで、試合後暴れていた(苦笑)のだが、そのイライラも払拭。

横川、辛抱強く試合で使って欲しいなぁ。
左打者の大砲候補って魅力的。

それにしてもお天気が悪い。
明日は試合出来るかな。
日程詰まっているから仕方ないけど、怪我だけはしないで欲しいものです。

秋山監督がレミゼに…

ソフトバンクホークスの秋山監督がレミゼに来ていたらしいよ。
いやー、でかかったろうな。
劇場で元ヤクルトの古田監督に遭遇したことがあるが、でかかったよ~。

育三郎くんが秋山監督の西武時代のカードを持っているとのことで、びっくり。
ダイエー時代なら判るのだけど。
西武時代、あの有名な8戦までもつれた日本シリーズ、バック宙ホームインの時くらいに生まれたのでは…。

秋山選手の現役時代は、ほんっとに凄かったです。
今でも遠投90m投げられるとか。

ベンチで元・近鉄の大石コーチと並んでいると、近鉄。西武の激闘時代がドストライクの世代としては、非常に感慨深いものが。
日ハムベンチとか、元近鉄だらけで、もっと感慨深いけど。

多分終盤で守備固めに出てきても、今でも十分イケそう。

しかし楽天、酷い試合ばかり。
マー君が可哀そうで泣けてくるわ。

たいこどんどん その2

『たいこどんどん』

明日が千秋楽です。
終わってしまうのが心底もったいない。
仕事が休みだったら、楽を見たかった…。

明日で千秋楽なので、派手にネタバレしています。

続きを読む "たいこどんどん その2" »

たいこどんどん その1

『たいこどんどん』

シアターコクーン 
5月14日(土)ソワレ 一階前方
5月21日(土)ソワレ 一階後方

作・井上ひさし 演出・蜷川幸雄
音楽・伊藤ヨタロウ
出演  中村橋之助 古田新太 鈴木京香 六平直政 瑳川哲朗 ほか

見終わった時に打ちのめされてしまうような芝居だった。
3時間半という長時間であったが、全く緊張感が途切れず。
舞台に自分の気力・体力を奪われてしまった。

本当に何故この時期にこの戯曲だったのか。
舞台の企画なんて、相当前にたてられている。
古田さんは昨年の『鋼鉄番長』の時に、「来年はコクーンで」と言っていた。

何故3/11の震災で、東北が、東京が、日本が打ちのめされてしまった後に、この芝居が上演されたのか。
演劇の神様の配剤なのか、井上ひさし氏の想いの強さなのか。
今の私たちに、ぐさりと問題を突きつけるような芝居だ。

もちろんそういう時代の要素以外にも、非常に演劇らしい演劇で、とても楽しかった。

続きを読む "たいこどんどん その1" »

たいこどんどん

「たいこどんどん」@コクーン

井上ひさし×蜷川幸雄
中村橋之助×古田新太

先週見てきましたが、舞台に圧倒されすぎて、感想がまとまりません。
間違いなく、現時点で今年のNo.1。
迷っている方は、ぜひコクーンへ。

この時期にこの戯曲が上演されるということが、ホントに凄いです。
井上ひさしさんが生きていられたら…。

リピートすべくすぐにチケットを探しました。
今週末再観劇します。

モーツァルト役が武田真治とは!

松本幸四郎主演の舞台『AMADEUS(アマデウス)』が、11月にル テアトル銀座で上演される。

昔、江守さんのモーツァルトで見て、大変な台詞劇だが、凄く面白かった記憶有り。
再演するらしいと聞いても、余り興味がわかなかったのだが、キャスト見てびっくり!

モーツァルト役が武田真治さんとは!
(コンスタンツェ役は内山理名)

俄然興味が出て来たぞ。
だがチケット代S席12,000円か…。
ストプレで10,000円超えはどうもね。

もしかして

星野監督はブラウン監督より無能なのか?
佐藤コーチが悪いのか?

昨日・今日と素人が見ても、投手起用がおかしいのだが。
中継ぎの回跨ぎ、何度失敗しているんだよ。

その挙句に岩隈抹消とか。
お願いだから、投手のコンデションをきちんと把握してくれ。

今の楽しみは横川の成長くらいだよ…。

明日より交流戦

ようやく楽天貯金箱に500円を投入出来ました。
しかし68イニングぶりのタイムリーって…。
明日より交流戦なので、ムードが変わることを祈る!
お願いだから打って~!

今年は開幕が遅れたから、あっという間に交流戦。
毎年楽しみなのが、パ・リーグの投手の打撃。
去年は西武・涌井投手が満塁から走者一掃のタイムリー打ったりと楽しませてくれましたが、今年はどうなるか?

練習でHR打ってた、マー君に期待。

「港町純情オセロ」大千秋楽カーテンコール

110515_234201 久し振りの楽観劇。
大阪の友人から、大阪では「笹かまぼこ」が配られたと聞いていましたが、本日も笹かまぼこでした!

鳴り止まぬ拍手の中、じゅんさんの挨拶。
じゅんさんは冗談を交えながらも、舞台をやり遂げたことへの喜びと感謝を話していらっしゃいました。

そしてあの震災。
エンターテイメイトなんて、真っ先に切り捨てられても仕方の無いもの。
関係者の方々の苦労が忍ばれます。

ロビーで笹かまを配る為、お急ぎの方以外は、ブロック毎の退場。
座席で待つ間は、ビデオの上映。
JR九州のCM、薔薇とサムライの予告、そして髑髏城の予告ーーー!
90、97、04年の映像で、凄いテンション上がっちゃったよ。

諦めたし、納得もしているつもりだけど、改めて古田さんの捨之介が見たくなってしまった…。
先日見た『たいこどんどん』の古田さんが素晴らしかっただけにね…。
(『たいこどんどん』、凄い芝居でした。現時点で間違いなく今年のNo.1。再観劇予定。)

その後『蛮幽鬼』がはじまった辺りで、私の座っていたブロックは退場。
ACTシアターはああいう作りなので、一階から二階に階段を上がって、二階のロビーでようやくゴール。
私はインディさんから頂きました。ありがとうございます。
出口ではよしこさんら女優さん4人が募金箱を持っていました。

取り急ぎカーテンコールレポです。

「レ・ミゼラブル」トークショー

仕事で疲労困憊。
だが帰って来て、野球見てたら、元気になってきたぞ。
相変わらず楽天貯金は全然増えないのだけど。

「レ・ミゼラブル」、手持ちのチケットの数が少なくなってきたので、増やそうかと思ったら、さすがにSPは売り切れ。
通常公演も自分の行かれそうな日と、希望のキャストがなかなか揃わない…。
今回の演出が最後だと思うと、もっと見たくなってきた。

平日昼間はまだチケットも有り、トークショーもあるようだが、さすがに行かれない。
べっしーも出るというのに。残念。

別所さんが出るのは、6月3日(金) 昼の部終演後のようです。
バリケード解説が聞きたい!

ドラマの底力

大河ドラマ50年、見せます「ドラマの底力」

2012年NHK大河『平清盛』の第一次キャストが発表されたのだが、何ですかこのキャッチフレーズ。
もちろん楽天・嶋選手会長の「野球の底力」からだそうだ。
今年の流行語大賞にノミネートされそうだ。

いや、そんな事よりキャストがかなり楽しみなのですが!
今年の大河は5話で脱落しましたが(BSの新選組血風録は見てる)、来年はちゃんと見るぞ。

とりあえず我が家にある『平家物語』ほか、源平関係の本を今年は読み返すのが目標です。

僅かな希望

ようやく連敗脱出。
1-0の試合、しかもソロHRの1点なので、余り事態が改善したとは思えないのだが、とりあえず勝った!
相手は苦手な勝さんだし。

永井投手、お疲れ様でした!スバラシイです。
明日は試合あるかな?

夢も希望もありゃしない

岩隈久志選手が4月度「日本生命月間MVP賞」を受賞

このニュースでウキウキしながら帰宅したが、チームは相変わらず投手見殺しの完封負け。
4連敗なのですが。4試合で1点しか取ってないのですが。

しかも右肩違和感で岩隈降板って…。
何かもう夢も希望もありません。

ショックなのか、疲れなのか、具合が悪いのか。
スポーツニュースも見ずに、倒れ込むように寝てしまったよ。

何が悪くて、こんなに打てないのだろうか。

『私の頭の中の消しゴム』 別所哲也×坂本真綾

「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 3rd letter」
別所哲也×坂本真綾

前回のレポの続き。

何といっても脚本が良い。

育ちも環境も違う2人が出会い、惹かれていくが、すれ違う。
困難を乗り越えて、幸せを掴むが、その絶頂での悲劇。
前半で心に傷を持つ浩介を、ただひたすら愛し、側にいようとする薫。

私はこの前半が大好き。
どこにでもいる、普通に愛することに一生懸命の2人。

価値観が違って、デートもガテンで。
2人の掛け合いが楽しい。
前半が良いから、後半が引き立つ。

薫の病が進行していく時の悲劇。
今度は自分が絶対に側にいようとする浩介。
最愛の人を忘れていく。慟哭。
見ている方が辛くなる。

結局希望は叶わず、薫は誰も判らなくなるのだけど。
でも絶望だけでは終わらないラスト。

今回は楽ということもあり、出演者2人の入り込み方が凄くて、こちらの魂も完全に舞台に持って行かれた感じでした。
余計な誉め言葉は不要。ただただお2人の素晴らしさに脱帽。

前回の簡易レポにも書きましたが、本当に幸せな時間でした。

2人の身長差も萌えポイント。
冒頭、真綾さんの日記を、べっしーが高く掲げて、ジャンプしても取れない真綾さんとか、可愛かったな。
客席もほっこり。

それにしても客席が超満員で驚いた…。
真綾さん、やはり人気凄いですね。

「私の頭の中の消しゴム」取り急ぎレポ

「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 3rd letter」
別所哲也×坂本真綾

前回も見て、予想以上に素晴らしくて、今回も迷わず観劇。
もうもう2人が大熱演で、涙でぐちゃぐちゃになりました。

終演後の観客も、完全に舞台に魂持っていかれた感じで、拍手が鳴りやまず。
何度もアンコールがかかり、結局泣きながらスタオベする観客に、別所さん・真綾さんも涙ぐむし。
それ見てたら、余計にまた泣けるし。

ああ、舞台と客席が一体になるって、こういう瞬間なのでしょうね。

観客として、凄く幸せな時間でした。
年間100本見ても、こういう瞬間にはなかなか立ち会えない。

4th letteも上演決定。2012年5月です。

『レ・ミゼラブル』5月7日ソワレ

『レ・ミゼラブル』
2011年5月7日(土)帝国劇場

ジャン・バルジャン 別所哲也
ジャベール 石川禅
エポニーヌ ジェニファー
ファンテーヌ 和音美桜
コゼット 折井理子
マリウス 山崎育三郎
テナルディエ 駒田 一
テナルディエの妻 阿知波悟美
アンジョルラス 阿部よしつぐ

禅さんのジャベール楽!
もう今日は禅さんに尽きます。もっとジャベール見たかった!

芝居本編も素晴らしかったのですが、カーテンコールでの挨拶も素晴らしかった…。
東宝さんが早速動画をアップしています。

石川 禅ジャベール 本日千穐楽!

駒田さんの司会、禅さんの挨拶を聞いて、私もレミ開幕前のことを思い出しました。
3月はまだ芝居を見る気にならなくて、手元に届いたチケットを見ながら、本当に幕が開くのか、自分は見に行っても楽しめるのか、ネガティブな感情に支配されていた。

別所さんのプレビュー初日、そんな不安は吹っ飛んだ。
「レ・ミゼラブル」を見られることを幸せに思った。
文字通り「舞台から元気」を貰った。

長年上演されていきた日本の「レ・ミゼラブル」、今年は忘れられない年になりそうです。

続きを読む "『レ・ミゼラブル』5月7日ソワレ" »

貯金箱

Photo 貯金箱なんて買ったの、小学生以来かも。

何を貯金しているかというと、楽天が余りに貧打すぎるので、「取った得点×100円貯金してみよう!」何て思い付いた訳です。

いやー、ほんっとお金溜まりません!
まだ54点なのですよ。

ちなみに2010年は576点、2009年は598点です。
さて、今年は何点取ってくれるのでしょう。

「港町純情オセロ」

劇団☆新感線プロデュース「港町純情オセロ」
赤坂ACTシアター 5月1日(日)マチネ

原作:ウイリアム・シェイクスピア
脚色:青木豪
演出:いのうえひでのり

キャスト
橋本 じゅん 石原さとみ 大東俊介 粟根まこと 松本まりか 伊礼彼方 田中哲司 他

シェイクスピアの書き換え芝居。
シェイクスピアの戯曲は、何だかんだいっても力があるから、下手はアレンジを加えると陳腐になる。
今回は元のオセロを、実に上手く書き換えていた。

肌の色の黒いオセロ。
港町ではプラジル人とのハーフ。
ヤクザの抗争への書き換えは、案外違和感が無かった。
キャシオーが陰謀に落とされる場面の宴会も、楽しいアレンジ。

イアーゴである、伊東役は田中さん。
卑屈な感じが実に良かったが、もう少し立ち廻りを頑張ってくれるとなお良い。

今回ヒットだったのは、汐見役(キャシオー)の伊礼さん。
見せ場多いし、歌うし、衣装は凄いし、ヌードも見せるし、実に美味しい。
ファンだったら、リピートするの楽しそう。
文句無しに男前だから、オセロが疑うのに無理が無い。
派手な衣装も実に似合っていた。

一番気になったのは、エミリア(イアーゴの妻)の役割を、伊東絵美と沖元準の二つに分けたこと。
準は凄く良かったし、逆に準が愛を得たいが為に、モナの宝物を盗む手引きをするというのは、とても説得力があった。
自分の愚かな行動が、悲劇を招いたという終盤も良い。一番胸に迫った場面。
だが逆に絵美の存在が、元のエミリアより遥かに薄くなってしまったのが残念。

下ネタは全く気にならず。
日本の作家のえげつないネタは、平気なのだが、翻訳ものの下ネタは苦手なのは、文化の違いか。

じゅんさんが元気で舞台に出ているのは何より!
客席降りで近くに来てくれたのが嬉しかった。

もちろん再観劇予定です。

温泉なう

Sh3e0030_2 都心を離れ、静岡県の長泉に来ています。
温泉、堪能しました。

ホテルではなく、リゾートマンション?
住んでいる方も沢山いらっしゃます。
地震のプレートからも外れているようだし、水も安心して飲めます。

LANの接続が出来ると聞き、パソコン持ってきたので、仕事もblogの更新も出来ます。
テレビがCS対応なので、野球も見られます。

昼間から温泉入って、ビール飲んで、散歩して、ダメ大人の休日です。

楽天は今日もストレスの溜まる試合を…。
今日の見所はキレるカブレラに、全く動じなかった嶋くらいか。
とりあえずエラーしまくりの三塁にいる元メジャーは、二軍行でお願いします。

都内というか、自宅近辺は放射線量はどうなのでしょうかね。
あんなに悩まされたなめくじが、自宅の庭から消えた事を考えると、何か心から安心出来ないのですよね…。
単に地震で逃げたのなら良いけど。

居住者用の菜園もあります。
こういう所で土いじりたいものです。

子供が小さい方は、こういう所に脱出するのも良いかもね。
(お金はかかるけど)

さて飲み過ぎて眠いのだが、オセロの感想は書けるのか?

2011年「身毒丸」に大竹しのぶさん出演

ホリプロからのメールでようやく知りました。
撫子役、白石さんが圧倒的だったので、人選は大変だったと思います。
しのぶさんに、期待・大です。
(実はもう少し若い人で見たかったという希望もありましたが。)

とはいえ「身毒丸」は藤原くんの代表作。
何度か見ましたが、やはりデビュー時の鮮烈さは忘れられません。

スポーツ報知によると、しのぶさん1人を主演にする形で演出を大幅に変更する予定だとか。
どうなるのか、楽しみです。

「身毒丸」
日程:2011/8/26〜9/6 天王洲銀河劇場(東京)
主催:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団/ホリプロ/銀河劇場
演出:蜷川幸雄
脚本:寺山修司/岸田理生
出演:大竹しのぶ/矢野聖人/蘭妖子/石井愃一/六平直政

ありがたい楽天の特集

本日は『港町純情オセロ』観劇の為、野球は見てません。
ええ、家にいれば、絶対見てますよ。
(オセロ、良かった!感想は後程。)

試合はまぁ悲惨でしたね。岩村のエラーはちょっと酷過ぎ。
楽天、サードいないなぁ…。草野が好調ならなぁ。
横川がHR打ったのは、凄く嬉しかった!
ずっと期待してるんだよ~。

夜は楽天の特集。
TBSの情熱大陸、最近スポーツ関係の特集なかなか良い出来。
今回も良かった~。
嶋はすっかり全国区だ。

これからは日テレで亀梨くんだ!
「Going! Sports&News」ですっかりファンだよ、亀梨くん。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »