旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« SP「革命前日」 | トップページ | 渋谷駅で『港町純情オセロ』 »

『わが町』

俳優座劇場プロデュース 音楽劇 『わが町』 

ソーントン・ワイルダー作 (鳴海四郎 訳)
演出: 西川信廣  音楽: 上田 亨 作詞: 宮原芽映

土居さん目当て。
早めに俳優座劇場に行ったので、ロビーでちらしを貰っていると、天使の歌声が…!
土居さんだ!きゃーと心の中で叫んでいました。

最近はそんなに沢山ミュージカルを見ている訳では無いけれど、日本のミュージカル女優さんの中で一番歌声が好きなのが、土居さんです。(男優さんはもちろん藤岡くん。)

アメリカの片田舎。その町の隣り合った二つの家族の物語。
三幕構成。一幕は平凡な日常、二幕で両家の間の結婚、三幕が死。

シンプルな芝居。
シンプルなだけに、想像力を刺激されるし、凄く深い。
余計な飾りの無い舞台に、ピアノと綺麗な歌が映える。

1月に上演した新国立版を見に行かなかったのが悔やまれる…。
有名な戯曲なのに、全く筋を知らなかったので、三幕でいきなり「死」で驚いた。
平凡な、だけど大切な日常は、二度と帰って来ないのだよね…。

凄く良い戯曲だと思う。
何度も上演されるのに納得。
それだけに、演出家や役者の力量が問われる難しさもありそう。

面白かったけど、自分のコンディションが悪いのか、ちょっと集中力が途切れてしまった。残念。

土居さんは、とんでもなく可愛く、たっぷりと美しい歌を聞かせてくれた。
四季の舞台も見に行こうと思ってたら、いつの間にか出演が終わってた。
土居さんの歌がたっぷり聞ける舞台は無いものか…。

« SP「革命前日」 | トップページ | 渋谷駅で『港町純情オセロ』 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/39147799

この記事へのトラックバック一覧です: 『わが町』:

« SP「革命前日」 | トップページ | 渋谷駅で『港町純情オセロ』 »