リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« まだまだ引っ張る箱根駅伝 | トップページ | NHKドラマ「フェイク」第2回 »

映画と舞台のダブルヘッダー

本日は極寒の中、映画「アンストッパブル」と舞台「ろくでなし啄木」のダブルヘッダー。
疲れたけど、充実の2本でした。
ひとつ反省。腰に湿布を貼って行けば良かったと後悔。

映画「アンストッパブル」

実際に起こった列車暴走事故を元にしたアクション映画。
公式サイト

渋東シネタワーの鑑賞券を頂いたので、何を見ようか検討。
予告編を見て面白そうだったのと、夜の舞台までの時間の関係で、深く考えずに選択。
いやー、勘が当たったのか、とても面白かったです。

内容はシンプル。
些細なミスから無人列車が暴走。
しかも列車には大惨事を引き起こしかねない大量の化学薬品。

これをとにかく止めなくてはいけない。
途中で社会科見学の子供達を乗せた列車と衝突しそうになったり、
主人公たちの乗っている列車とも激突しそうになったり、
列車を止める作戦が尽く失敗したりと、
手に汗握る、ハラハラドキドキの連続。

2時間切っている映時間だから、逆にテンポ良く、コンパクトに纏まっていて良かった。

ベテラン機関士は、実は会社から解雇を通告されていたが(給料の高いベテランを切り、若手を採用する為)、結局ベテランの勘が大いに発揮されたりと、皮肉な面も有り。
2人の家族の話はベタだと思いつつ、ジーン。

事故原因は本当に些細なミスというのも怖い。
仕事に慣れが出ると、まぁいいか~で済ませてしまうことがあるが、それはいけない事だと痛感。

暴走する列車はやはり大スクリーンで見なくちゃ。

単純に映画をを楽しみたい人にお勧めです。

関係ないが、予告編の『あしたのジョー』で見た、香川くんのリアル丹下段平はド迫力でした。

« まだまだ引っ張る箱根駅伝 | トップページ | NHKドラマ「フェイク」第2回 »

芝居以外・感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/38422215

この記事へのトラックバック一覧です: 映画と舞台のダブルヘッダー:

« まだまだ引っ張る箱根駅伝 | トップページ | NHKドラマ「フェイク」第2回 »