旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2010年観劇総決算 | トップページ | 年末野球関連番組 »

2011年がやってきた

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

仕事柄、なかなか事前にチケットが取れない状況となっていますが、
オク、おけぴ、当日券を駆使して、今年も観劇ライフを楽しみたいと思います。

…と言いつつすでに4月のチケットを幾つか確保。

そして新年早々、ビックニュース!

2011年劇団☆新感線プロデュース公演予定(新感線公式HPより)
<春>『港町純情オセロ』
<夏>『髑髏城の七人』

夏に髑髏城だよーーー!
捨之介は誰?
そりゃ希望は古田さんだけど、もう演じないだろうなぁ。
アオの染・捨之介は余り好きでは無かったのだが、対談では古田さん、染ちゃんの捨と、自分の贋鉄斎で100人斬りしたいと言ってたし、どうなるのだろう。

古田さんの贋鉄斎はかなり見たいが。
でも染ちゃんとだったら、阿修羅城で共演して欲しかった。古田さんの十三代目安倍晴明が見たいのだ。

« 2010年観劇総決算 | トップページ | 年末野球関連番組 »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

2010年の花梨さんの観劇作品、拝見しました。
本当に幅広く観劇してますよねぇ。
観に行こうか悩んでいた作品で、
花梨さんの感想を読んで、
(観にいこう!)、(観に行けばよかった)と思う作品も多々あります。
ちなみにジャンヌダルクがそれ。(笑)

今年も花梨さんの感想を楽しみにしてます!
2011年も引き続き、よろしくお願いいたします。

花梨さま
あけましておめでとうございます。
2011年が花梨さんにとってすばらしい年となりますように!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新感線の「髑髏城」はほんとにビッグニュースでしたね。
年末にTwitterでそのニュース見つけた時、あんまり驚き
すぎて、ほんと!?ってメリル右近さんに聞いてしまいました(笑)。
ふるちんが捨之介やらないとなると誰なのかという不安は
ありますが、いずれにしても久々にテンション上がって
楽しみです。

おめでとうございますhappy01

最近は、なかなか一緒になりませんが、
今年も楽しく、元気に観劇いたしましょう。

なにが一緒になるかも楽しみです。


☆麗様

こんばんは。コメントありがとうございます。
ジャンヌダルクは、本当にお勧めでした。

私も観劇記を読んで、自分がチェックしていながら、諦めた芝居が好評だったりすると、
何か凄く口惜しい気分になります。

こちらこそ麗さんの観劇記、楽しみにしています。

☆スキップ様

こんばんは。コメントありがとうございます。

「髑髏城」の夏上演は本当にビックニュースでしたね。
古田さんとじゅんさんはセットで無いといかんと思うので、
夏にじゅんさんがフック船長なことを考えると、
古田さんの捨之介はやはり無いかな…。
アカが目茶目茶素晴らしかったので、封印で良いとも思います。

今年は関西へも遠征したいので、その際はぜひ遊んでやってください。

☆harumichin様

こんばんは。コメントありがとうございます。

最近はミュージカルに行く機会が減ってきているので、
harumichinさんとはなかなか会えず…。
なのでharumichinさんの観劇記は、とても楽しみです。

旅行記も楽しみにしております。

花梨さん、こんばんは!
新年早々、とっても嬉しいニュースですねv
「髑髏城の七人」は、DVDでしか観たことがないので、
生の舞台を観れるのは本当に嬉しいです!
どなたが出演されるのか、どきどきですね(笑)。

また観劇やお喋り、ご一緒できる機会があると嬉しいですv
寒い日が続きますが、どうぞお体にお気をつけてお過ごしくださいね。

恭穂さん、こんにちは。
去年はなかなかお会いする機会が無くて、残念でした。

「髑髏城の七人」、どういうキャストになるのでしょうね。
個人的には30代半ば~後半の役者さんで見たいな、と思ってます。
20代だと設定的に若すぎるし、40代だと「なら古田さんで良いじゃない」と…。

今年もよろしくお願い致します。

花梨様
遅ればせながらあけましておめでとうございます。

「髑髏城の七人」やっぱ古ちん版はもう幻かなぁ。
再び降臨してくれたら狂喜乱舞するのに!

「当日券」って面倒くさがりやの私は、
いまだチャレンジしたことがないのです…。
さすが花梨さんです。

観劇ジャンルがかけ離れてますが(笑)
今年も宜しくお願いします。

かしまし娘さま、コメントありがとうございます。

髑髏城、どうなるのでしようね。
私はアカドクロが好きすぎなので、封印で良いかなとも思ってます。
古田さんとじゅんさん、見たいのはやまやまなのですけどね。

当日券は結構挫折してます。朝起きて、面倒になってしまい、自宅にいることも多いですよ。

今年もよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/38303869

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年がやってきた:

« 2010年観劇総決算 | トップページ | 年末野球関連番組 »