旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 3分間の女の一生 | トップページ | 取り急ぎ『令嬢ジュリー』 »

映画『ヴァイブレータ』

寺島しのぶ主演の映画。
今さらながら深夜にCSで放送されていたのを、当初はながら見。
どんどん引きこまれて、夢中になって見ていた。

『ヴァイブレータ』
監督 廣木隆一 
原作 赤坂真理 
キャスト 寺島しのぶ、大森南朋  他

出演しているのは、ほほ上記の2人のみ。
30歳過ぎて、気の遠くなるような孤独と、仕事と、ストレスを抱えるヒロインと、トラック野郎の物語。
舞台はほぼトラックで、その中の2人の数日間。

淡々とした話なのに、無茶苦茶心に刺さってくる。
燐光群『3分間の女の一生』が、女性を描きながら、ストレスが溜まる芝居だったので、この映画の良さが染みた。

寺島しのぶの脱ぎっぷりが話題だったが、セックスシーンは切なくて、そしてドキドキ。
初めてのセックスの場面、パニックになった彼女を、お風呂に入れてあげる場面、など。

余り登場人物に同化して物語を見るという感覚が無い自分だが、この映画は「くる」。
何でもない2人の会話もいちいち良い。

ラストシーン、最初のコンビニ。
そこで、数日を共にした男のトラックを見送る女の姿。
ただそれだけなのに、堪らなかった。

ああ、良いもの見たな。
深夜に見ると、切なさ倍増。

苦手な人はとことん苦手だろう。
自分も精神状態によっては、見たくない映画かも。

« 3分間の女の一生 | トップページ | 取り急ぎ『令嬢ジュリー』 »

芝居以外・感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/37882708

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ヴァイブレータ』:

« 3分間の女の一生 | トップページ | 取り急ぎ『令嬢ジュリー』 »