旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の27件の記事

じゃじゃ馬馴らし

『じゃじゃ馬馴らし』彩の国さいたま芸術劇場

作/W・シェイクスピア 翻訳/松岡和子 演出/蜷川幸雄 
出演/市川亀治郎(キャタリーナ)、筧利夫(ペトルーチオ)、山本裕典(ルーセンショー)、月川悠貴(ビアンカ)、横田栄司(ホーテンショー)ほか

感想が滞っていました。
一階R列より。座席表を見て頂ければお判りの通り、前が通路で見やすいし役者も通る。
しかも座席がゆったりで、前方に足を伸ばし放題。絶好の席です。

そして前には補助席。平日マチネというのに、大盛況です。

この舞台については、亀ちゃんのキャタリーナ、筧さんのペトルーチオというキャスティングを聞いた時に、「絶対に当たる」と思ったが、予想以上のハマり役だった。

続きを読む "じゃじゃ馬馴らし" »

「レ・ミゼラブル」25周年記念コンサートが見られる!

耳よりなニュース!
「レ・ミゼラブル25周年記念コンサートが映画館で見られます。
ワーナー・マイカル・シネマズにて、11/6から一週間限定。

ゲキシネ、シネマ歌舞伎等、映画館で気軽に見られるのは嬉しい。
ただ映画館の場所が、ちょっと微妙…。

http://www.warnermycal.com/lesmiserables/
2010年11月6日(土)~11月12日(金) 1週間限定

ドラフト会議

注目の早稲田・大石を抽選で引き当てたのは、何と西武・渡辺監督。
去年に引き続きのくじ運の強さにびっくり。

早稲田・斉藤は日本ハム。
くじ当てた時のリアクションがこちらも派手で微笑ましい。

澤村の巨人単独指名はなんだかなー。

アマ選手にはうといが、楽天はなかなか良いドラフトなのかな。
大学の左投手と社会人の右投手2人に野手3人。地元枠有。

それにしても育成の独立リーグ指名が増えたね。
楽天・内村とか頑張ってるものな。

今回面白かったのは、協賛・東芝のdynabookを使って、各球団が指名を行ったこと。
12球団モデルのPCは、なかなか格好良かった。
一位指名の発表がなかなか行われず、システムトラブル?と焦ったが。

http://dynabook.com/pc/draft2010/index.htm

会場には招待されたファン1000人。
実は私も応募していたが、見事にハズれた。7倍の倍率だったらしい。

ソニン・RENTに挑む

本日NHK教育テレビで、RENTの特集が組まれると聞き、8:00前にはテレビの前でスタンバイ。

「ハートをつなごう」NHK教育テレビ
生きよう この時を -ソニン・RENTに挑む-

10月27日(水)午後8時~8時29分
再放送 11月3日(水)正午~12時29分

思いっきりラストネタバレなのですが。

とはいえ舞台やお稽古の映像が見られるのは貴重。
前回上演時との違いがちらほら。
「熱がひいた」で、ちゃんと手がおでこを触ってたのを発見。

RENTの音楽はやはり良い。
見逃した方、再放送もあります。
(但し未見の方には勧められない)

ファンタスティックス

『ファンタスティックス』
シアターコクーン 2階席より

出演:鹿賀丈史、田代万里生、神田沙也加
斉藤暁、矢部太郎、蔡暁強、二瓶鮫一、モト冬樹 他

脚本・作詞:トム・ジョーンズ
作曲:ハーヴェイ・シュミット
演出・振付:宮本亜門

シンプルだが、イマジネーションを刺激する舞台。
舞台上にも客席があり、ダイヤのような形のステージを囲んでいる。
セットもほとんど無い。衣装もシンプル。

冒頭出演者は客席から「素」で現れ、舞台上の黒い箱から取り出された衣装を身に付ける。
キャンディードはじめ、よくある手法だが、キャンディードの冒頭がひどく詰まらなかったのに対し、
今回の亜門演出の冒頭は、流れるようで、楽しかった。

粗筋はこちら。
http://hpot.jp/fantasticks/top.html#story

世界の辛さを知り、身近な幸福に気付くというラストは、何となく青い鳥を連想。
セットが無い分、照明が効果的。その中を飛び回る黙者の美しさといったら!
散りばめられる、シェイクスピアや言葉のキーワード。
何とも濃密な舞台でした。

面白かったし、出演者もみな良かったけれど、やはりこういう筋は苦手かも。

可愛くて生意気な沙也加ちゃんを見られたのは、嬉しかった。
矢部さんのあの体は卑怯(笑)

鋼鉄番長ついに代役

・10/29まで公演は中止
・10/30~11/7までの残りの東京公演は三宅弘城さんが『兜剛鉄』役
・大阪、福岡はじゅんさんの回復待ち

詳細はhttp://www.ko-tetsu.jp/

『じゃじゃ馬馴らし』の感想を書いていたのだが、ちょっとそれどころでは無くなった。
それにしても三宅さん、確かにこれ以上はない代役だ。
大変すぎますが、三宅さん、頑張れ!

続きを読む "鋼鉄番長ついに代役" »

鋼鉄番長、発表はまだか

明日以降の公演について、本日夜に発表がある筈なのだが、
PM8:30現在、いまだ公式に動き無し。
どうなるのだろう、本当に。

とりあえず夕飯にしよう。

詳細はhttp://www.ko-tetsu.jp/

「ワンダフルタウン」初日

ブロードウェイ・ミュージカル「ワンダフルタウン」
2010年10月23日 青山劇場

初日見てきました。
古き良き正統派ミュージカル。
明るくて、ハッピー。

この手の路線が苦手な人は辛いかも。
私も開演当初は少々入り込めず。
いや、隣りのマダムが爆竹拍手、大声でのバカ笑いでちょっと引いてしまって。
二幕はすごく楽しみましたが。

アンサンブルさんがみな上手い!
そして大和田美帆さんが可愛くて、素晴らしい。
私も赤のチェックのスカート履いて、「アイリーン」とファンクラブ入りしたい。

別所さんは正統派二枚目。素敵でした。
カーテンコールの司会もさすが。
カテーンコールの出演者からの挨拶、カンパニーの雰囲気の良さが伝わってきた。

オケも厚みがあるし、曲も馴染みやすく綺麗。

残念だったのは、席が前すぎて、ダンスの良さが味わえなかったこと(贅沢)。
宮川さんが目の前に立った時は、どこを見ていいものやら状態。

幕開け、べっしー階段で滑った?
劇場でのアクシデントが続く昨今、肝が冷えた。

次の観劇も楽しみです。

鋼鉄番長さらに中止

詳細はhttp://www.ko-tetsu.jp/

22日から25日の5公演も更に中止だそうです。

いや、なんかもう、言葉が出ません…。
じゅんさん、大丈夫なのだろうか。

ホントに肉体系ネタモノ芝居は、これで打ち止めになるかもね。

藤岡くんロジャー!!!!!

東宝からのメールでひっくり返りました。
何てまぁニュースの多い日々だ。

ロジャー役(ダブルキャスト)のAnisさんが声帯の炎症で休演。
10月26日(火)~11月9日(火)に藤岡正明くんがロジャーで急遽出演とのこと。

携帯の画面の文字を読みながら「えええええ」と叫びそうでした。
Anisさんが不調らしいのは知ってましたが、これはドクターストップでしょうかね。

それにしても藤岡くんとは。

私、以前から藤岡くんの声で「One Song Glory」がは聞きたいと思ってましたが、まさかこんな形で叶うとは。
Anisさんを楽しみにしていた方には申し訳ないが、これは見に行かなくては!!!!!

藤岡くんのBLOG、凄く真摯なコメントです。心の底から頑張れ!
もう一人のロジヤー役、Ryoheiさんも、頑張れ!

鋼鉄番長公演中止

本日は『じゃじゃ馬馴らし』を見に行っていたのですが(面白かったー)、
終演後ニュースを聞いてびっくり!

「鋼鉄番長」10月20日(水)、21日(木)3公演、じゅんさんの体調不良で上演中止
池田成志さん右アキレス腱断裂により降板

yahooのトップにまでなっているよ…。

「鋼鉄番長」を見た人は判ると思いますが、じゅんさん無茶苦茶体鍛えてこの舞台に挑んでます。
古田さんもとてもスリムになってました。
体力の限界に挑んでるであろう、過酷な舞台と思われます。
それだけに本当に面白くて、楽しめる舞台です。

何か、こういう肉体系の新感線の舞台は、もう限界なのかもなぁ。

チケット取ってる人の為にも、早く舞台を再開して欲しいと思う一方、
とにかく体ボロボロにならないようにして欲しいとも思う。

そして成志さん、あああ、やっぱり降板か。

丁度怪我されたと思われる舞台を見ていたのですが、
一度目のカーテンコールで、舞台中央の階段から降りて来ず、下手から登場。
二度目のカーテンコールからは舞台に姿を現さずで、
終演後もお客さんたちが「成志さん、足痛めた?」とざわざわ。

じゅんさん、成志さんの回復をお祈りします。

ロッテ、日本シリーズへ

戦前の予想を覆すロッテの勢いと執念恐るべし。
野球は所詮投手だから、西武、SBに比べて、投手力で劣るだろうロッテが不利だと思ったら。
まさかホークスの誇る鉄壁のリリーフが崩れるとは。

試合終了の時の西岡の姿は印象的。
しかもゲームセットのボールが、西岡の所に飛ぶなんて、ドラマチックすぎ。
9回2アウトの時、今江もテギュンも目が潤んでて、でもベンチの今岡がめちゃ笑顔だったのもおかしかった。
何といっても的場!SBを戦力外になって、一年後にこんな舞台が来るとは。
人間の運命なんて、本当に判らないものです。

それにしてもホークスは呪われている…。

スケバン刑事

『鋼鉄番長』の坂井真紀が、余りにもツボに嵌ったので、youtubeの旅に出た。
ナンノが美しいーーーーーーー。
表情の作り方や、首の角度、決めポーズ、ほんっっっとそっくりに演じてるのね。

以下、『鋼鉄番長』のネタバレになるかも?あ、元ネタ知らない人は予習になるかな?

続きを読む "スケバン刑事" »

パ・リーグのCS熱すぎる!

パ・リーグのCSファイナルステージ、ロッテが土壇場で2連勝。
ついに最終戦にもつれ込んだーーー。

明日の仕事の準備があったのに、そっちのけでテレビで中継に釘付け。
しかも明日は10.19(近鉄VSロッテ伝説のダブルヘッダーの日)ではないか!
両チームの首脳陣に、あの10.19の当事者がいるぞ。

ところで本日はラジオに楽天の山崎選手がゲストということで、
テレビの音声オフ、画面だけで、音はラジオという変則的なテレビ観戦をしました。

地デジ、おそっっっ!

音と画面がずれる、ずれる…。
こんなにもラジオより遅いなんて驚きました。

どのくらい遅いかというと、
ラジオがストライクとコールしている時、画面ではピッチャーがようやく投げるという…。

それでも明日もラジオとテレビの二元中継の予定。
山崎選手の解説、面白いのだもの。
声も聞き易いし、言葉がハッキリしている。
日本シリーズでも、ぜひゲストでお願いしたい。

池袋の大型家電では

本日2度目の『鋼鉄番長』
凄い面白かったーーーー。
ただ成志さんが心配。足でも痛めた?
2度目以降のカテコに現れず。

帰りに池袋駅近くの大型家電店へ行ったら、お客さんが野球に夢中で大型テレビに集ってました。

丁度ロッテが9回裏で、ドキドキの展開で辛うじて勝利。
どちらを応援しているというのは無いのですが、明日も試合が見たいのと、
サブマリンの俊介投手好きなので、ロッテが勝って良かった。

セ・リーグも終わりましたね。
大型テレビ前のお客さん、巨人と阪神に分かれて歓声や溜息が。

日本人は野球好きだね。

『鋼鉄番長』の感想は後程。

ホントに10月?

未だ我が家の朝顔、咲きまくり。

Dsc05159  Dsc05153 

日本アサガオを大体25株くらい植えているのですが、
昨日と今日で50個以上花を咲かせてます。

さすがに形はちょっと悪くなってますが…。

Dsc05170  Dsc05167 Dsc05166  Dsc05155

一応全部違う種類の朝顔です。この他に西洋朝顔も咲きまくってます。

そろそろ駄目になっている株もありますが、種が出来ないので撤去出来ない~。
来年はもっと咲かすぞ!

ヘッダ・ガーブレル

『ヘッダ・ガーブレル』
作:ヘンリック・イプセン
翻訳:アンネ・ランデ・ペータス/長島 確(イプセン批評版による新訳)
演出:宮田慶子

ヘッダ・テスマン:大地真央
ヨルゲン・テスマン:益岡 徹
エルヴステッド夫人:七瀬なつみ
エイレント・レーヴボルグ:山口馬木也
ベルテ:青山眉子
ブラック判事:羽場裕一
ユリアーネ・テスマン:田島令子

また観劇から間があいてしまった。

日本の演劇がどのように西洋の演劇と出会い深化してきか。」をテーマに掲げた「JAPAN MEETS…」シリーズの第一弾とのこと。
以前別プロダクションで見て、戯曲の面白さに惹かれたのと、大地真央さんがどのようなヘッダを演じるか、興味があったのが観劇の理由。

続きを読む "ヘッダ・ガーブレル" »

劇団☆新感線『鋼鉄番長』

2010年劇団☆新感線30周年興行秋豊年漫作チャンピオンまつり
劇団☆新感線『鋼鉄番長』
サンシャイン劇場

めちゃめちゃ楽しみにしていた、久し振りの新感線のバカ芝居。
もう期待以上!すごーーーーーく面白かったっっっ!!!

そして古田さんがスリムになって、超絶格好良いぞ!

続きを読む "劇団☆新感線『鋼鉄番長』" »

ロッテ、CSファイナルステージに進出! 連日の逆転勝ち

西武ちょっとは頑張れよ。
明日の楽しみが無くなってしまったではないか。

1戦目は5-1からまさかの同点→延長で決勝点。
2戦目も9回に同点に追いつかれ→延長で決勝点。

それにしても西武の中継ぎは相変わらず。
奮闘してた先発の涌井、岸が気の毒すぎる。
とはいえ熱い試合で、二日間楽しかったです。
(一戦目は9回までしか見られなかったけど)

さて、CSファイナルステージは14日から!

去年はこの時期、めちゃめちゃ盛り上がってたなぁ…自分。

忘れるな!「ワンダフルタウン」特番

舞台「ワンダフルタウン」特番

10月9日(土) 26:55~27:25  テレビ朝日にて放送(関東地域のみ)
「ブロードウェイ・ミュージカル「ワンダフルタウン」開幕直前スペシャル!(仮)」

忘れるところだったーーー!
本日深夜に放送です。

今日は午後からクライマックスシリーズをテレビで見て、
そのあとは待望のとある芝居へお出掛けです。

今週のイーグルス

シーズンオフなのですが、話題が満載すぎる…。

岩隈久志投手のポスティングに関する球団コメント
http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/942.html

最終戦の挨拶の涙で「ホントにいっちゃうんだ…」と思ったけれど、
この球団のコメントはかなりインパクトありました。
「功労者」という言葉が何度も使われてて…。泣ける…。

楽天 藤井FA行使へ
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/10/04/15.html

何で一軍に上げなかったのだろう。
せめて9月に嶋が怪我した時は、一軍に上げて欲しかった。
岩隈の最後の登板試合は、藤井とのバッテリーで見たかったよぉぉぉ。

戦力外や引退のニュースも色々…。寂しい季節です。
しかし監督問題はどうなるんだ?

来年の夏はじゅんさんのフック船長にまた会えます!

沙也加ちゃんのblogで発表になっていました。
じゅんさん、ホント舞台の仕事が途切れない。凄すぎる…。

さすがに玲奈ちゃんは今年限定だったか。
充希ピーターも好きなので、楽しみです。
もちろんじゅんさんフック船長、沙也加ウェンディも。
演出は変わるそうだ。やはり夏はピーターパン♪

【公演】 2011年7月
【会場】 東京国際フォーラム ホールC
【キャスト】
ピーターパン:高畑充希
フック船長/ダーリング氏:橋本じゅん
ウェンディ:神田沙也加
ダーリング夫人:瀬戸カトリーヌ 

来年4月の新感線はじゅんさんで日本版「オセロ」

正確に言うと、劇団☆新感線プロデュースで、タイトルは「港町純情オセロ(仮題)」。
シェークスピアの「オセロ」がベース、終戦直後の日本を舞台だそうだ。

記事はこちら。

何とじゅんさんがオセロにあたる役だそうですよーーー。

検索したらすでに公式HPがありました。
http://www.junjo-othello.jp/

原作 :ウイリアム・シェイクスピア
翻訳:松岡和子(「オセロー」ちくま文庫より)
脚色:青木 豪
演出:いのうえひでのり

出演
橋本じゅん 石原さとみ 大東俊介
粟根まこと 松本まりか 伊礼彼方
田中哲司 他

2011/4/15~22 シアターBRABA
2011/4/30~5/15 赤坂ACTシアター

訳は松岡さん。自宅に本あるから読み返さなきゃ。
脚色は青木豪さんというのが、凄く楽しみです。
イヤーゴーはどなたが演じるのかな。

パソコン直った

再手術の結果、無事に復活。
復活したのは良いけれど、新しいPC買っちゃったよーーーっ!
現在ノートPCを2台並べております。何て不経済。

データやネット関係は、全部新しいWin7マシンに設定済なのだが、
何というか、慣れないからか、使い勝手がいまいち。
デスクトップがごちゃごちゃしているの嫌いなので、ガジェットとか要らんし。
とにかく何でこんなにOFFICEが変わってるのーーー。

仕事柄いずれは覚えなくてはいけないのですが、OFFICEは当分2003を使う予定。

OSが起動しなくなった筈のXPマシンは、現在元気にサクサク動いてます。
ここ数か月重くてストレスたまりまくりだったのは何だったのだ。
面倒くさがらずに、さっさと再セットアップしておけば良かったよ。

2010年10月の観劇予定

急に寒くなりました。
なのに休みの日はPCの修理に追われて、衣替えに手がつけられません。

Dsc05125 今月は珍しく事前にチケットを取っています。

「ヘッダ・ガーブレル」新国立劇場 小劇場

「ワンダフル・タウン」青山劇場

「鋼鉄番長」サンシャイン劇場

「ファンタスティックス」シアターコクーン

あれ?意外に少ないと思ったら、リピートもあるのだった。
久しぶりに別所さんの歌が聞けるのが嬉しい。

忘れちゃいけない、「猿之助歌舞伎の魅力」。
「滝の白糸」と「RENT」もどこかに押し込めるか?
「じゃじゃ馬馴らし」ももちろん見たいのだけど、これもチケットを確保してません。

しかし新しいPC慣れません。
XPマシンが懐かしい…。

写真は10月に入っても頑張ってるアサガオ。
西洋ミックスの種から誕生した青い花です。

私の頭の中の消しゴム

朗読劇 『私の頭の中の消しゴム』

別所哲也&紫吹淳
藤岡正明&岡本玲

すっかり観劇から間があいてしまった。

特に前知識なく見に行って、途中でようやく気が付いた。
永作博美主演のドラマが原作ということに。
ドラマ見てたけど、さすがに内容はもう覚えてませんでした。
確かドラマでは娘を出産したと思うけど…。

続きを読む "私の頭の中の消しゴム" »

最後の今週のイーグルス 

ひとあし早く終戦してしまったので、ストーブリーグの方がシーズン中より話題になっている悲しい事態に。

9/25/(土) ● 2-3 西武 先発を引きづりおろしたのに、その後のピッチャーにおさえられる。しかしここで岸を長く投げさせたのが、翌日の西武の敗戦に繋がったのだなぁ。
9/26/(日) ○ 8-3 ソフトバンク 永井10勝おめでとう試合だが、ソフトバンクの優勝ですっかり霞む。牧田大活躍。
9/28/(火) ● 2-7 ロッテ 川岸がああもう…。休ませてあげてくれ~。
9/29/(水) ● 1-4 西武 最終戦なのに酷かった。満塁で無策で点取れず。ある意味今年の試合を象徴しているのかも。

そしてブラウンさん解任ですか。解任は避けられないにしても、相変わらずフロントのビジョンが不明確。
去年無理矢理ノムさんやノム派のコーチ切って、この一年は本当に何だったのやら。

それにしても今年のパ・リーグは面白かった。
ソフトバンクの快進撃や、ロッテの執念は凄かった。西武の失速に楽天が関わってたのも、なかなか楽しかった。
西武が負けて、SBの優勝が決まった日ハム戦、岸はベンチ入りしてなかったのだよねぇ。前日の楽天戦でたくさん投げたから。

やはりセよりパの方が、見ていて面白い。
西武ドームのCS、チケット取れたら観戦したいです。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »