旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 亀治郎の会 | トップページ | レ・ミゼラブル、キャストスケジュール発表 »

2010年版 宝塚BOYS 2回目

『宝塚BOYS』 
シアタークリエ 2010年8月31日(火)

1回目の観劇より、全然良かったです。
時間があったらもっともっと見たかった!
出来れば兵庫の大楽も見たかった!
早くも再々々演を希望します。

改めて初演のDVDを見ました。
初演~再演メンバーに比べると、やはり演技面は物足りない。
(今回1回目の観劇の、翌々日に『黙阿弥オペラ』を見たのですが、役者さんの上手さの差を痛感。)

それでも何故か、何回も見たくなるのは、この2010年版『宝塚BOYS』なのだ。
BOYSみなが、可愛くて、心の底から愛しくなってしまうのだ。
これはこの2010年版ならではの魅力だと思う。

1回目→2回目の観劇で、どんどん深みが増していたのもリピートしたかった大きな理由。
最後のレビューも、素晴らしく上達していた!(太陽くんの歌は相変わらずでしたが(汗))

星野の後半の泣きっぷりも、竹内の最後に池田に詰め寄る叫びも、えらいことになっていました。

1回目の感想にも書きましたが、出演者全員、全身全霊の芝居で、一日2回公演含む一ヵ月公演、体力・気力が持つのか心配してしまう程。
その青臭さが、また『宝塚BOYS』の世界に合っていて…。

本当に素晴らしい作品です。
反戦を全面打ち出している訳では無いだけに、当時の世相が素直に観客に伝わる脚本。
今後どうなるか判りませんが、キャストを変えても長く上演して欲しい作品です。

出来れば今回のメンバーでもう一度…。
あ、藤岡くんの歌、もう少したくさんあると、なお嬉しい。

« 亀治郎の会 | トップページ | レ・ミゼラブル、キャストスケジュール発表 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

花梨さま
新星「宝塚BOYS」 すばらしかったです。
花梨さんのおっしゃる通り、細かい演技力は多分初演、再演の
BOYSが優っているかと思いますが、それを補って余りある
若さの迸りとか、ひたむきさがあって惹きつけられました。

>BOYSみなが、可愛くて
山路さんも千秋楽のカーテンコールで、「こいつら、かわいい」と
おっしゃっていました。ほんとに、全員カワイかったですね。
藤岡くん、舞台で観るの初めてだったのですが、とても
歌がお上手ですね。バリトンになるのかな?いい声でした♪
私もできればこのメンバーでもう一度観てみたいです。

花梨さん、こんばんは!
新キャストの「宝塚BOYS」、とっても良かったですねv
まさに体当たりな舞台で、彼らの感情の揺れに、
私も思いっきり巻き込まれました。
キャストが変わると、きっと"彼ら"の関係も変わっていくのでしょうね。
キャストを変えて、長く上演して欲しい、と私も思います。
でも、その前に今回のキャストでまた上演してほしいなv

「黙阿弥オペラ」、チケットがとれず、観れなかったのです(涙)。
花梨さんの感想、楽しみにしておりますね!

☆スキップさん、こんばんは!

スキップさんの感想を読んで、やはり大楽遠征すれば良かった~とジタバタしています。
本当に一生懸命さが伝わる、可愛いいBOYSでした。

藤岡くん、ホントに美声ですよね。
ぜひぜひ彼のミュージカルも見てください。


☆恭穂さん、こんばんは!

体当たりの新生BOYSに、好感度・大の舞台でした。
再演を繰り返していけば、新しいBOYSが誕生するでしょうが、今回のひたむきな姿はぜひ受け継いで欲しいです。
本当に長く上演して欲しい作品ですが、

「黙阿弥オペラ」は時間が立ちすぎてしまったので、感想は書かない予定です。
済みません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/36625882

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年版 宝塚BOYS 2回目:

« 亀治郎の会 | トップページ | レ・ミゼラブル、キャストスケジュール発表 »