旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« RENT発表 | トップページ | せつない »

四谷怪談忠臣蔵

『陽春花形歌舞伎通し狂言 四谷怪談忠臣蔵仮名鑑双繪草紙』
新橋演舞場 一等前方センター

帰国して最初の観劇。
まだ時差が残っていたが、全く眠くならず。最初から最後までじっくり観劇。
平成15年の上演を、所々思い出した。

やはりこの芝居、一番面白いのは二幕「三角屋敷」。
お袖の悲壮な最期を見ると、どうしても私は袈裟御前を思い出す。
以前も笑也のお袖は素晴らしいと思ったが、今回も本当に良かった。

ただやはり4時間以内にしなければならないからか、他の部分が駆け足で。
どうにも印象が薄くなるのが残念。
それでも平成15年に見た時は、猿之助さんが出ていたからか、もう少し「たっぷり」していた気がするのだが…。
いっそ昼夜で上演しても良いのに。

それと今回の配役で『四谷怪談』が見たくなった。
前回も笑三郎、猿弥(宅悦は絶品)は良かったが、段治郎の伊右衛門は、今回の方がより一層酷薄な部分が出ていた。

怪我が気になる段治郎だが、正座や立ち廻りがかなり辛そう。(短くなってる?)
猿弥は元気そうで、本当に良かった。

4:30から9時過ぎまで、非常に楽しかった芝居でした。

« RENT発表 | トップページ | せつない »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

花梨様
私も「四谷怪談」が観たくなりました。
笑三郎のお岩様で♪

この作品はお初でしたが、「サラっと感」が強くて
記憶に残らないかも…。残念。

花梨様
すみません。
今「か」って名前で送信したかも…
「かしまし娘」でしたぁ。

かしまし娘さま、こんばんは。
コメントありがとうございます。

何か昔見た時はもっと「こってり」していた感があったのですが…。
猿之助さんが出ていないからなのかどうなのか。

「四谷怪談」見たいですよね。
私は猿弥さんの宅悦がお気に入り♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/34421110

この記事へのトラックバック一覧です: 四谷怪談忠臣蔵:

» 四谷怪談忠臣蔵 [アッパレじゃ!]
とにかく超特急!!とにかくマッハGOGOGO! 2010年4月7日(水) 新橋演舞場 ソワレ 3階1列センター  陽春花形歌舞伎通し狂言 四谷怪談忠臣蔵仮名鑑双繪草紙(かなでほんにまいえぞうし)市川右近宙乗り相勤め申し候 オープニングから『四谷怪談』と『忠臣蔵』が合体!ってムード満点♪ 顔世御前にチョッカイだしてる高師直(猿弥)が東海道の四谷宿にいるんだもん♪ 『仮名手本忠臣蔵』の「鮒じゃぁ鮒じゃぁ」がアっという間に終わり切腹場面も無くって、あれよあれよと話が進むよぉぉお。 口上で右近が... [続きを読む]

« RENT発表 | トップページ | せつない »