旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2010年3月の観劇予定 | トップページ | 本日の読売夕刊に新感線の記事あり »

上海バンスキング

100308_235901 『上海バンスキング』
2010年3月7日(日) シアターコクーン 一階後方

作 斎藤憐
演 出 串田和美

出 演
吉田日出子、串田和美、笹野高史、さつき里香、
大森博史、真那胡敬二、小日向文世、
服部吉次(黒テント)、小西康久、酒向芳、
内田紳一郎、三松明人、片岡正二郎 他

まさか…まさかもう一度『上海バンスキング』が見られるなんて!
絶対二度と見られないかと思っていました。
日本の演劇史に輝く名作中の名作。

シアターコクーンの時代からですが、私も何度か見た芝居です。
自宅を探したら、当時のパンフが出てきましたので、画像をUP。

もう余計な感想は書いても仕方無い。
とにかく伝説なんだから、見に行くべき。立ち見で何でも。

何年たっても色褪せないストーリー。
吉田日出子さんのまどかが、甘ったるい声で歌い始めた途端、涙腺決壊した。
どんなに年齢を重ねてたとしても、永遠のマドンナ。

ああ、もう何もかもが嬉しすぎる。
終演後にロビーにダッシュするのもお約束すぎて、懐かしい。
かなり早くダッシュしたけど4列目くらい。昔は同じタイミングで出ても、2列目くらいだったのに。
(しかもフラッシュ禁止なだけで撮影はOK。youtubeに動画が!)

冒頭のオヤジたちの演奏会と、舞台の隅に時々現れるあの日のまどか等は、今回の新演出?
冒頭の演奏会、楽しかった!
そして本編に入ったら、髪の毛が増えている人達が(笑)。大爆笑しました。

笹野さんのバクマツ、大好き!更にパワーアップしてないか?
コクーン歌舞伎の時より、全然生き生きしている気が。

若い頃は嫌なヤツとしか思えなかった弘田。
私が小日向さんをはじめて知ったのも自由劇場の舞台だ。

改めて見ると切なさ倍増の白井中尉。
もうあんなダメ男の四郎見捨てて、白井中尉とくっついちゃえよ!
と結末まで知っているのに、心の中で呟く。

観劇後、ああいうダメ男には、良い女が何故かくっ付くのよねと盛り上がる。

開演前、ただ懐古するだけになったら、いや明らかにキャストの年齢に無理があるし等々、余計な心配をしていたのが、全て杞憂に終わりました。
本当に素晴らしかった。

時代に翻弄され、まどかの周囲の人は、どんどんいなくなっていき、悲劇的なラストなのだけど、見た後に残るのは、まどかの甘い歌声。
やはり永遠の名作です。

ところで何故今になって再演したのだろうという疑問が。
もしかしたら、新キャストでリニューアルで上演という話でもあるのかなと邪推。
その前にオリジナルを上演とか…。
吉田日出子さん以外のマドンナは、絶対見たら文句言うと思うけど、埋もれさせるには惜しい作品なんだよなぁ…。
自由劇場の作品だったら、「クスコ」も見たい。

シアターコクーンはチケット完売、立ち見も出る大盛況。
先月の『血は立ったまま眠っている』も盛況。この不況の時代にコクーン、素晴らしい!
不入りを嘆く演劇関係者は、コクーンの企画力を見習った方が良いと思う。

« 2010年3月の観劇予定 | トップページ | 本日の読売夕刊に新感線の記事あり »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

本当に素晴らしい舞台でした。
私はこの作品、初めて観れたのですが、、、
伝説と化している通り、素晴らしかったです!

髪の毛、、、増えてましたねぇ(笑)
見た瞬間、笑ってしまいました。
終演後のダッシュは定番だったんですね。
周りの人が、キャストを追いかけるように、
出て行ったのを不思議に思いながらのんびりロビーに向かったら、、、
あんな素敵なイベントが待っていたとは!
知ってたら私もダッシュしたのにっと、
ちょっぴり悔しい思いをしてました。(笑)

もしや、同時観劇でしたか?
伝説の舞台の再来!!なにをおいても観たい舞台でした。
日出子さんのあのゆるふわの口調、甘くけだるい歌声を聴いた瞬間、四半世紀前にワープ。
実は私も時の流れの残酷さを心配していたひとりですがsweat01
素晴らしかった!!感動ですheart01
名作は、永遠に名作ですねshine

久々にTBさせていただきました。

本当に色あせない素敵なお芝居でした。
髪の毛の、皆思うんですね。
終了後のろのろ歩く人たちが、本当にいらだたしく・・・
  (知らないのかな?)
正面はすでに会場外まで埋め尽くされていたのですが、通路すぐ横に陣取れました。
カメラ持って行けばよかった~~~

コメント、ありがとうございます!

麗さん、こんばんは!
blogにお邪魔して書くべきなのですが、こしょうそば、メチャ食べたいてす。

ホント今回はじめて見る方でも、絶対惹きつける素晴らしい作品!
終演後のダッシュはお約束です。
かなり早く退場している方もいますが、私はモッタイナイので、皆さんがステージを降りかけたらダッシュしてます。

マドンナを間近で見られて至福でした。


秋生さん、ご無沙汰です!
おおお、同じ日に観劇していましたね。

ホント観客が「時の流れ」を心配したことが、全くの杞憂に終わった素晴らしい舞台!
秋生さんのBLOGの以下の言葉、引用させてください。

>「上海バンスキング」はこのメンバーで演じることに意義があるのだと思います。

もうもうその通り!
永遠の名作です。


hanamama29さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

皆が席をたつ前にダッシュ!通路際では無いと、ちょっと厳しいかもしれませんが。
私は携帯のカメラで1枚だけマドンナを撮影しました。
なんか写真撮るより、自分の目に焼き付けたいって感じで。

時間がたつのが凄くもったいなかったです。
もう一回見たい…。

花梨さま
「上海バンスキング」私も以前に観たことはあるのですが
大人になってから観るこの舞台は、16年ぶりの再演という
郷愁を差し引いても格別でした。
このキセキのような再演の場に居合わせることができた
幸せに感謝!

スキップさん、こんばんは。
コメント返しが遅くなってごめんなさい。

本当に奇跡のような再演。
まさかもう一度この舞台を見ることが出来るとは!
改めて見ると、ひとつひとつの台詞が心に響きます。

本当に素敵な舞台でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/33692616

この記事へのトラックバック一覧です: 上海バンスキング:

» 『上海バンスキング』 3/7 (日) マチネ [秋生のEtude]
あまりにも懐かしすぎる舞台が、帰ってきました!! 16年ぶりの奇跡のような公演ですが・・・私自身はたぶん1984年あたりが最後に観た公演だったと記憶しています(それ以降は、子育て専念期間でした{/ase/}) つまり、この舞台『上海バンスキング』は25?6?年ぶり(?)ということに{/cat_5/} 『上海バンスキング』 2010.3.7(日) 13:30開演 シアターコクーン 正岡まどか(マドンナ)・・・・・・・・・・・吉田日出子 波多野四郎・・・・・・・・・・・・・・・・ 串田和美〔クラリ... [続きを読む]

« 2010年3月の観劇予定 | トップページ | 本日の読売夕刊に新感線の記事あり »