旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 『ブラッド・ブラザーズ』東京は? | トップページ | 新生『宝塚 BOYS』! »

血は立ったまま眠っている

『血は立ったまま眠っている』
シアターコクーン
作:寺山修司
演出: 蜷川幸雄
出演:森田剛、窪塚洋介、遠藤ミチロウ、金守珍、大石継太、柄本佑、冨岡弘、丸山智己、三谷昇、六平直政、寺島しのぶ 他

私が演劇に興味を持ち始めた頃、亡くなってしまったのが寺山修司。
当時図書館で戯曲を読み耽っていました。
その中でも惹かれたのが、この『血は立ったまま眠っている』。
まだ子供で、将来も何もみえない自分だから、ひどく物語に感情移入したのかもしれない。
しかし何年もたってしまった今では、戯曲の内容もすっかり記憶の彼方に…。

注目したのは森田剛くん。『IZO』が素晴らしかったので。
何度も何度もこのブログで『IZO』の良さは力説してますが、中島かずき脚本がややマンネリしている中、外部に脚本を依頼したのは大ヒットだったと思う。2005年以降の新感線の中で、私はこの作品が一番好きです。

森田くん、観客に突き刺さるような、痛みを伝えられるところが、『IZO』では良かった。
その彼の舞台が、とても楽しみだった。

オープニングに背景が開く。渋谷の町が見える。
この演出に弱い私。

猥雑でエネルギーを持て余している床屋たちが良い。
こういう世界が描ける蜷川さんは、やはり若い。

一方の若きテロリスト良(森田剛)と灰男(窪塚洋介)。
それぞれは良いと思うけど、何となく私が戯曲を読んだ時の印象と関係性が違うような…。
私の記憶がごちゃごちゃになっているのかもしれないけれど、もっと濃密なヤバい関係を想像していた。
今回の舞台を否定しているのでは無い。単に私の受け取り方の問題。

でも面白かったなぁ。蜷川さんは、どんどん危ない舞台を上演して欲しい。
そして遠藤ミチロウさんの歌は、心を突き刺した。

« 『ブラッド・ブラザーズ』東京は? | トップページ | 新生『宝塚 BOYS』! »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/33356226

この記事へのトラックバック一覧です: 血は立ったまま眠っている:

« 『ブラッド・ブラザーズ』東京は? | トップページ | 新生『宝塚 BOYS』! »