旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 今月の新橋演舞場 | トップページ | ウーマン・イン・ホワイト その1 »

初春花形歌舞伎・昼

「初春花形歌舞伎 昼の部」 新橋演舞場

今月の演舞場は超満員だった。
猿之助歌舞伎+海老蔵という組み合わせが、お客の購買意欲を掴んでいる。
企画した方々、実現に努力した方々、素晴らしいです!

一、寿曽我対面

正月らしく、曽我もので華やかな幕開け。
どこが悪いということはないが、全体的に無難な印象。
比べるのは酷だけど、やはり若手が演じると薄くなってしまうのだ。
例えば三番叟等なら、躍りの上手い若手が演じたら、非常に魅力的になるのだが。
「寿曽我対面」、難しい演目と思い知った。
そして次の「黒塚」に出演している方々は、大変だろうなとか、芝居に関係ないことをつらつら考えてしまった。

二、猿翁十種の内 黒塚
     老女岩手実は安達原鬼女  右 近
           強力太郎吾  猿 弥
           山伏大和坊  猿三郎
           山伏讃岐坊  弘太郎
           阿闍梨祐慶  門之助

昼の部、最大の見所。
昔、ろくに躍りも見た事も無い状態で、はじめて「黒塚」を見て、訳もわからず感動した。

右近さん、前半はいまいちですが、後半からどんどん良くなっていた。
強力も難しい役だなと、改めて感じる。
薄と月の舞台は、何度見ても美しい。日本人で良かった。

私が好きなのは、何と言っても老女岩手の悲しみが伝わるところ。
願わくばもう一度猿之助さんで見たい…。

右近さんが何処まで頑張るか、千秋楽までに再観劇出来るかどうか。

昼の最後は海老蔵さんの「春興鏡獅子」
大変申し訳ないが「黒塚」に大集中していたので、気が抜けたらしく、完全に集中を欠いてしまった。

「黒塚」って、本当に凄い演目だなぁ…。

« 今月の新橋演舞場 | トップページ | ウーマン・イン・ホワイト その1 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/32979158

この記事へのトラックバック一覧です: 初春花形歌舞伎・昼:

« 今月の新橋演舞場 | トップページ | ウーマン・イン・ホワイト その1 »