リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の20件の記事

『泣かないで』音楽座ミュージカル

『泣かないで』音楽座ミュージカル
東京芸術劇場 中ホール

以前から評判の良かった『泣かないで』。
今回藤岡くんが出演ということで、張り切って見に行きました。

原作は、遠藤周作「わたしが・棄てた・女」
素朴な疑問なのですが、最初にこの物語をミュージカル化しようとした方に、どういう動機だったのか聞いてみたいです。(良い意味で)
だってミュージカルとは程遠い題材…。それをしっかりした作品にして、何度も再演しているのだから凄いです。

続きを読む "『泣かないで』音楽座ミュージカル" »

観劇おさめ

明日TPTを当日券で見に行こうと思ってましたが、年賀状の作成もまだだし、何かと取り込んでいるので、年始に延期。
年が明けると早速歌舞伎三昧になるので、上手く時間を使わなくては!

結局今年の観劇おさめは音楽座の『泣かないで』です。
感想は後ほどUPします。

さて今夜は明日の『コースト・オブ・ユートピア』に備え、HDDの徹底整理です。
とりあえずHDDの容量をかなり占めている芝居関係を移さないと…。
スポーツ関係も凄いことになっているが、こちらは後回し。
明日の「すぽると!大賞」(フジテレビ)は、旧ビデオデッキに頑張って貰おう。

あ、HDDがここまで残量が無くなったのは、WBCのせいだわ。
べっしーナレーションのDVDも買ったというのに、試合のハイライトや数々のスポーツニュースが消せません。
2006年のWBCもHDDに録画したままだった…。

ああもうどうしたらよいの。面倒だー!

楽天関係の番組多すぎ

昨日深夜ぶっ通しのテレ朝の野球番組もまだ全部見てないというのに
29日はまた楽天選手の出演が相次ぎ、HDDは録画が溜まる一方。

この状態のHDDで『コースト・オブ・ユートピア』をどうやって録画しろと…。

12/29の番組表
12:00 「笑っていいとも!」(フジテレビ)  
18:00 「超一流アスリート対芸能人 SMAP中居正広のスポーツ7番勝負」(日本テレビ)
21:00 「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)

BS日テレの番組もあるのだが、年明けに再放送があるようなのでスルー。
年始一番の楽しみは、とんねるずのスポーツ王。
“リアル野球盤”が楽しみすぎる。

芝居の感想が滞ってるなぁ…。

『コースト・オブ・ユートピア 』放送

早くもbshiで放送です。
年末年始はスポーツ系の番組のチェックが忙しくて、見逃すところでした。
あとは当日、録画を忘れないようにしないと!

『コースト・オブ・ユートピア 』
12月30日(水) 午後1:00~10:00 

<放送予定>
午後1:00~  <解説1>
午後1:20.05~ 舞台「コースト・オブ・ユートピア」1部
午後4:03.35~ <解説2>
午後4:13.05~ 舞台「コースト・オブ・ユートピア」2部
午後6:59.15~ <解説3>
午後7:06.50~ 舞台「コースト・オブ・ユートピア」3部

十二月大歌舞伎 夜の部

当初観劇予定は無かったのですが、ふとチケットWeb松竹を覗いたら、三階最前列のチケットを発見。
ついついポチっとした次第です。
久し振りの歌舞伎座。行って良かったー!

時間の都合で「引窓」はパスし、「雪傾城」から。
「雪傾城」はまぁ孫がたくさん出て良かったね、という点以外に特に書くこともなし。

そして「野田版 鼠小僧」。
前回は2003年8月の上演で良いのかな?演舞場では阿修羅城の瞳が上演され、鼠小僧ネタがあったのを思い出す。
千秋楽は客席に向かって、鼠小僧はそこにいる!(もちろんご本人が観劇していた)で笑ったー。

やはりこの芝居は冬に上演すべきでしょう。季節感って大事。
前回は初日開けてすぐに見たので、全体的に纏まっていないというか、大道具の転換もかなりバタバタしていて、マイナス要素が多かったが、その辺りが払拭。
全体的にすっきりした印象。かなりカットした?
もう少ししつこくても良いかもと、贅沢なことも考える。

研辰の上演から時間もたっていなくて、廻り舞台の使い方など似たような手法が目に付き、二番煎じとマイナスな視点で見たのもよろしく無い。
先入観なしに芝居を見ないといけないです。

野田さんの脚本、凄いです。
それまで賞賛を送っていた人が、一転してしまう辺り、よく出来た脚本だと思う。
特に三津五郎の大岡忠相に、人間の裏表、嫌らしさを思い知らされた。
今年は「ザ・ダイバー」も見たけれど、ただ見ているだけでも、辛くて堪らなくなる芝居だった。

唯一の残念は子役さん。前回が上手すぎました。

あ、もうひとつ残念。背後のお嬢さんが超音波の大きな笑い声で、耳が痛かった。
私の横のお客さんもちょっと困っていた風。
お喋りだったら「静かにして頂けますか」とも言えるけど、笑い声はどうしたらいいのやら。

7Days Judgement-死神の精度-

忘れるところだった!
私が今年見た芝居の中でも、かなり上位に入る素晴らしいさ!
BS2にて放送!

ミッドナイトステージ館 劇場中継 
石井光三オフィスプロデュース『7Days Judgement-死神の精度-』   
BS2   12月26日(土) 午前0:45~3:00(25日深夜)

観劇当時の感想です。

TBS『カリスマ白書II』

TBS『カリスマ白書II』

楽天が取り上げられるからと、録画してだらだら見る。
正直ノムさん特集より、イム・チャンヨンの特集の方が全然面白かった。

2009年WBC決勝韓国戦。
延長10回、投手・イム・チャンヨン、打者・イチロー。

韓国内でもこの番組に対する意見は色々あるようだけど、イム・チャンヨン(とあの時の捕手)の口から、「敬遠の指示は出ていなかった」と聞けて、本当に良かった。

あれだけファールで粘っていたのだから、敬遠するつもりだったら、タイムを掛けるタイミングはあったと思うし。
私のような素人野球ファンでも、あの場面の韓国ベンチの姿と試合後のコメントのズレを感じる。

イム以上のピッチャーはいないから、全てを託した、それでいいじゃないかと思うのは、私が日本人だからかな。

フロスト/ニクソン

『フロスト/ニクソン』
2009年12月1日(水)マチネ 天王洲・銀河劇場 2列下手
2009年12月18日(木)マチネ 仙台・イズミティ21 6列センター

作 ピーター・モーガン
演出・上演台本 鈴木勝秀
出演 北大路欣也、仲村トオル、佐藤アツヒロ
中山祐一朗、谷田歩、中村まこと、安原義人

東京で二回見る予定が、一回に減ってしまったので、悔しくて仙台まで行きました。
一回だけの観劇だと、色々ともったいない舞台でしたし、銀河で見た時は席が二列目でしたが下手側で。
ええ、見た方はお判りと思いますが、谷田さんが遠いっっっ!

舞台の立ち居地が、ニクソン側はほぼ上手、フロスト側はほぼ下手。
銀河ではトオルさんが近くて、余りの格好良さにクラクラ。
仙台ではセンターでしたので、照明等、銀河では気が付かなかった点も見られて良かったです。

芝居の内容ももちろん素晴らしいのですが、何と言っても男だらけの萌え所満載の芝居。
スーツ姿の壮年の男達は、めちゃめちゃ格好良かったです。
女性客のツボ突きまくりです。

キャストのバランスが絶妙。
北大路さんの圧倒的な存在感。抜け目無いリザールと、硬派でひたからニクソンを護ろうとするブレナン。
仲村トオルさんのフロストチームが良い。金銭的にも状況的にも、どんどん不利な状況に追い込まれ、その中でも何としても自分達の仕事をやり遂げるという気概というか、男たちの仕事っふりが、実に素敵でした。

バランスも演技力もしっかしたキャストが揃っていれば、シンプルなセットとそれを引き立たせる照明だけでも、舞台は多種多様な色を出してくれます。
G2版『Nine The Musical』のセットや衣装もシンプルなのですが、所詮「ショボい…」としか思えなかったのと対照的。

何といってもインタビューはあと一日しか無く、自分の仕事に絶望するフロストの場面が最高でした。
そして敗者を哀れんだのか、何の気まぐれか、掛かってくるニクソンからの電話。
翌日の鋭いインタビュー。
言葉だけの真剣勝負、凄い迫力でした。

全てが終わり、穏やかに靴を受け取る北大路さんのニクソンを見ていたら、何故だか涙が…。
見応えのある素晴らしい芝居でした。
そしてその芝居に谷田さんが出ていたことが、本当に嬉しい。
来年の活躍も今から楽しみです。

ウーマン・イン・ホワイト@エンプラ

仙台から帰ってからバタバタしてて、ようやく録画を見ました。

『エンプラ』
2009/12/19 26:18~26:48 TBS

最新エンタメ情報満載!!
ミュージカル「ウーマン・イン・ホワイト」
ブロードウェイ・ミュージカル「ファニー・ガール」

「ウーマン・イン・ホワイト」のニュースがあるとはいえ、所詮初演キャスト好きの私。
録画するのもすっかり忘れてたのですが、何故か1:45頃目が覚めたので、とりあえず録画予約して再び就寝。
翌日ゆっくりと録画を鑑賞して驚いた!

「ウーマン・イン・ホワイト」初演の映像てんこ盛り!
別所ハートライトも、さやかローラも、カナコアンも、上條フォスコも堪能!
(何故か禅さんは映らず)
録画してて良かったーーー!

「ウーマン・イン・ホワイト」は「ナイン」と違って演出は同じ方だし、キャストが違って、また別の魅力が出るかなと期待。

行き先は小雪舞う仙台

前の記事の写真は、仙台の光のページェントです。
一度見てみたかったのです、光のページェント。
とはいえ冬は楽天の試合も無く…。

ところが『フロスト/ニクソン』の仙台公演があるでは無いですか!
しかも大楽。という訳で、新幹線に乗って、1泊2日仙台へ。
待望の光のページェントを堪能。小雪ちらつく極寒の中でしたが、綺麗でした。

イルミネーションの後は、国分町の瑠璃座という海鮮の美味しいお店へ。
カキ、ホヤ、スズキ、そしてお勧めもうかサメの心臓のお刺身!
また仙台に行く機会があれば、絶対もう一度行きたいお店です。

091217_18290001_2  091217_18390001_2

翌日は芝居の開演前に、利休で牛タンのランチ。
何か食べてばかりの2日間でした。
あ、イーグルスショップで、グッズも買い込んだ!

もちろんメインイベントの『フロスト/ニクソン』は、素晴らしかった!
ミーハーな見方でも、男だらけの萌え萌え芝居で満喫。
谷田さん格好良いわ~。

今年は3度仙台へ。来年も行くぞー!

旅行中

旅行中
脱・東京してます。
小雪まじりの中、イルミネーション見ました。
ただ今牡蠣やホヤやスズキを食してます。おいしい!

Nine The Musical その2

ちょっと落ち着いて感想その2。

決して出来が最低最悪といった作品では無いと思う。
面白かったし、纏まっている小品ミュージカル。それはそれで良い。

ただ以下の点でどうしても辛口になってしまう。

・出演者も少なく、セットも簡素。なのにチケット代が高い。
・G2さんの良い時の作品と比べると、格段に落ちる。
・過去の「nine」に比べると、どうしても差がある。

良い時のG2さんの演出作品と比べると、全然テンションが違うのだもの。
それが大好きな作品だっただけに、ショックが大きい。
何度も書いてますが、「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」の上演中止で、穴埋めの為の企画だからでしょうね。
キャスティングにもそれが現れているし。

続きを読む "Nine The Musical その2" »

Nine The Musical その1

改めてきちんと感想。
ただ今年一番の辛口感想になるので、不快な方はスルーして下さい。

前提としてG2演出は比較的好きな方です。初期のMOTHERの公演はかかさず見てました。
最近はG2さんの演出作品が多くて半分くらいしか見てませんが…。

「nine」は作品として本当に面白いから、G2版でも十分良く纏まっているとは思いますが、その上で今回は演出が酷いと思います。

続きを読む "Nine The Musical その1" »

Nine The Musicalみた!

観ましたよ、G2版Nine The Musical
いやもうどこから突っ込んでよいのやら。
多少は期待していたけど、予想を遥かに下回る出来でした。
幕あけてすぐとはいえ、テンポが悪く、曲と曲の間がぶつ切れになる。

今朝ワイドショウで舞台の映像見た時から嫌な予感はしてたが、ナニあの安っぽいセット。
あれで12000円とか、ぼったくりでしょう。

出演者も事前にイメージ合わないなと思った人は、まんまその通りで。
演出が悪いのか、役者が悪いのか、全体的に芝居部分が伝わりにくい。
特にリリアンとクラウディアが下手でびっくりした。

リリアンに関しては、過去のキャストが上月さん、大浦さんとどうしてもハードルが高い。
クラウディアは純名さんが上手かったのだなと思い知った。

過去日本で上演されたバージョンを好きだった方は、見ない方が良いですわ。
それでも曲もストーリーも良いから、パイレート・クイーンよりは全然面白いけど。

あ、子役ちゃんはめちゃめちゃ上手かったです。

劇場のそばのスペイン風のバーが美味しかったのが救いかな。
Bar Terraです。こちらはお勧め!

何か無理してルヴォー色を消そうとした演出。
トミー・テューン版を参考にしてるみたいだけど、衣装もいまひとつ。
スパのマドンナとか、MIEの演じたクラウディアにビジュアルそっくりなんだもん。
クラウディアのコートとか、上月さんのリリアンそっくりの衣装だし。
83年の日生版を見てる人間には、どうにも違和感パリバリでした。
ルヴォー版は見てても、83年の日生版なんて見てる人いないと思ってるのかな。
演出については、本当に突っ込み所が多すぎて…。改めて書く予定。

CD聞いて、ほぼ日刊イトイ新聞が特集してくれた今年『ナイン』は大当たりする!を見返すとしよう…。

youtubeでこんな映像発見!

NINE

先日朝テレビをつけたら、いきなり映画版「NINE」が!
日本の公開は来年の3月くらいらしいです。

映画版公式サイト&予告編

G2版「Nine The Musical」も本日開幕か…。
良い作品になっているといいなぁ。
早々に見に行く予定です。

聖子ちゃんBLOGによると、
1幕が1時間20分
休憩20分
2幕が50分の予定だそうです。

おしゃべりなレストラン

行って来ました!
高泉淳子さんの「おしゃべりなレストラン
~ア・ラ・カルト リニューアルオープン 準備中~」

長年続けていた白井晃さん、陰山泰さんが出られないとのこと。
今年はどういう形になるのか想像もつかなかった。

でもやっぱり高泉さんは素敵で、ア・ラ・カルトはおもしろくて。
一晩の夢の空間を堪能しました。

私はオープニングとエンディングの、パーティーの日付を間違えた料理好きの女性の話が好きでした。
鞄から出てくるマイエプロンやタッパが、妙に生活感あっておかしい。

円形の舞台に簡素なセットなのだけど、出てくるワインやお料理が実に美味しそう。
見ていてお腹がすく困った芝居です。
衣装もいちいち可愛い!

この日のゲストは石井一孝さん。
久々に見たカズさんは、やはり濃かった!でも面白かった。
ゲストが違うとと、どういう風に変わるのか、見てみたいものです。

ゲストと共に演じられる、途中の友達以上、恋人未満の二人のお話。
メニューに台本が書いてある様子ですが、どこまで覚えてて、どこまで覚えてないのかな?
客席で見ていても、ちょっとドキドキする。

唯一の不満は休憩が短いこと。
ワインを赤と白、合計二杯は飲みたいけど無理!

この日の客席には(多分)陰山さんが来ていた。

『おしゃべりなレストラン』
2009年12月9日(水)ソワレ 青山円形劇場

出演:高泉淳子 山本光洋 本多愛也
vl. 中西俊博
bs. クリス・シルバースタイン
gt. 竹中俊二
pf. 林正樹

赤星引退

阪神の赤星選手が33歳という若さで引退。
他球団ファンの自分も、このニュースは凄くショックでした。
首の怪我。半身不随、下手したら命にも関わると。

今年の交流戦で阪神-楽天を見に仙台へ行った時、
観光バスの中は阪神ファンだらけで
「赤星は打てなくなっちゃったな~」なんて話してた。

本当にこういう形での引退は悲しすぎる…。

リゾートの写真UP!

相変わらずPCの前で寝てしまう日々です。
リゾートから帰ってきました。
温泉と美味しい食事で、癒されました。

Dsc03571   Dsc03567

外国のような入り口。吹き抜けのロビーには大きな素敵なクリスマスツリー。

夜はイタリアンでしたが、朝は純和風です。
島にはイルカやアシカがいます。

Dsc03569  091206_15020002 

帰京してからは早速観劇の日々!

リゾート中

リゾート中
「フロスト/ニクソン」「ヘドウィグ〜」の感想も書かぬまま、海に浮かぶ島のリゾートに来てます。
お天気が良いから、富士山が綺麗〜。
疲れた足・腰を温泉とマッサージで癒やし、極楽♪
これからイタリアンの夕食です。

「フロスト/ニクソン」も「ヘドウィグ〜」も凄く良かった!
「フロスト/ニクソン」は特にお勧め。
東京は終わりましたが、地方はこれから。お近くの方はぜひぜひ!

09年12月の観劇予定

師走です。
身辺が慌しく、チケット未確保の演目も幾つか。
でも「絶対見に行く!」と思っていないと、つい疲れに負けそう。
いや、そんなにムキになって観劇しなくても、なのだが。

Vio 「フロスト/ニクソン」 銀河劇場
11月の観劇が駄目になり、チケットを取り直しました。
評判も良いみたいで楽しみ♪

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」 Zepp Tokyo
前回公演で山本&ソムン・タクの歌声にノックアウトさせられたので、
今回も行きます!

「おしゃべりなレストラン」 青山円形劇場
アラカルトがリニューアル?ゲストが楽しみ。

「NINE the musical」 ル テアトル銀座
大好きなミュージカル。でも色々と不安が。とにかく観てから!

「泣かないで」東京芸術劇場 中ホール
音楽座とはいまいち相性が悪いのですが、藤岡くんを見たい!

「田園に死す」「TPT73 キレイじゃなきゃいけないワケ」などを他に検討中。
1月になると歌舞伎三昧で多忙になるので、見たい芝居は12月中になるべく見ます。

写真はビオラ。庭は今はパンジーとビオラ、キンギョソウだらけです。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »