旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 怒りその1 | トップページ | 怒りその3 »

怒りその2

日曜の観劇は、帝国劇場『レ・ミゼラブル』。
大好きなミュージカルだし、楽しみにしていました。

でも正直がっかりしました。全体的にお稽古不足?
客席にいるとそのパワーで圧倒されそうなぐらいの迫力を感じられない。

今日の主要キャストの半分以上が、ギリギリまで別の舞台に立っていた為なのか。
もう少し東宝さんもスケジュールの組み方、考えて欲しい。
それでもエピローグは感動したけれどね。

まぁお稽古不足はスケジュールを見た時点で予想はされていたから、
早い時期に観劇した自分の自己責任でもある。
だが禅さんジャベールが早抜けしてしまうので、この日しかなかった訳で。
早抜け組が多いのも、納得がいかない。

何でこんな無理矢理な時期に公演するのだろう???
ファンをがっかりさせて、減らしたいのか?東宝は?
(あ、楽天みたいじゃないか)

『レ・ミゼラブル』
2009年10月11日(日)ソワレ 帝国劇場 1階前方センター

バルジャン:別所哲也
ジャベール:石川禅
エポニーヌ:知念里奈
ファンティーヌ:シルビア・グラフ
コゼット:神田沙也加
マリウス:小西遼生
テナルディエ:三谷六九
テナルディエの妻:阿知波悟美
アンジョルラス:坂元健児

今回ヒットだったのが、サカケン・アンジョルラス。
2005年から見ているけれど、初めて格好良いと思った。
知念さんも、キムは大好きでしたが、エポニーヌは苦手でしたが、今回は良かった!
また知念エポ見るので楽しみです。

小西くん、役の作り方や演技はとても好みのマリウスです。
歌はもう少し頑張って欲しいけれど、バルジャンファンとしては、下水道の担がれ方がいまいちなのが不満。
エピローグのキリっと、バルジャンの視線を受け止める姿は素敵です。

沙也加コゼットは、ちょっと苦手かも。
ローラやウェンディは可憐で良かったけど、コゼットはいまひとつでした。
芝居がちょっと浮いているなあ。一生懸命なのは好印象だが。

べっしーはまだエンジンが掛かってないかな?
それでもエピローグはさすが。やはり感動した!

この日のリトル・エポニーヌの子役の子が、やけに上手かった。

一番がっかりしたのは、アンサンブルさんだ。
ほとんど入れ替わり無い筈なのに、何でこんなに薄いのだろう。
バリケード陥落で全然感動しなかったのは、自分でもショック。

『レ・ミゼラブル』は、アンサンブルが主役だと改めて思い知った。
自分が初めて観た初演も、何より印象に残っているは、学生達です。

次回観劇までには、チケット代に相当する舞台を見たいなぁ。
新感線リピートした方が良かったなんて、思わせないで欲しい。

東宝さん、もう少し『レ・ミゼラブル』という作品を大切に上演して下さい。お願いします。

« 怒りその1 | トップページ | 怒りその3 »

芝居・レ・ミゼラブル関連」カテゴリの記事

コメント

アンサンブルの熱さ、足りないですよね。
私もすごく感じました。自分の最期の記憶が、2007レミの千秋楽だったので、さすがにそれに比べたら劣るのは仕方ないのかなーとも思っていたのですが。

それでもやっぱり好きは好きで、最終的には泣いてしまうのですが。
でも、もっともっとよい作品のはず。慢心せず、お芝居を深めていって欲しいです。

いちいち同感だよ〜っ。
なーんか、迫力なくて薄かったよね。
幕あけたばかりとはいえ、凱旋公演なわけだし、
このぺなぺなさはなに?って感じでした。
そんな中で禅さんと知念ちゃんがよかった。

次は一番良席なので、とことん感動したい!!

こんばんは。

私も連休中に1回レミゼを観劇しましたが、最後の一行に全く同感です。

あの軽くスカスカなオケの音、おかしくなるペース、めちゃくちゃなマイクの音響バランス…
役者の力以前の問題でした。
私の大好きだったレミゼと、あれほど心震わされた舞台と同じものだとは信じられないような出来で、悲しくて悔しくて。
カーテンコールのスタンディングがいたたまれず、途中で出てきてしまいました…

十分に稽古期間が組めないのなら、せめて地方公演のように固定チームであれば、アンサンブルさんたちも
もう少しやりやすいのではないかと個人的には思いました。

☆MITさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

アンサンブルさん、本当にどうしちゃったのでしょうね。
博多座の時は、アンサンブルさんの熱い芝居に泣かされたのに…。
学生達が良くないと、作品の魅力が半減です。

でも次の観劇では、きっとド迫力になると信じてます!


☆うり子さん、こんばんは。コメントありがとう!

本当に薄かったですよね。何でだろう?
終演後も辛い麺を食べながら、愚痴モードになりましたね。

次の観劇も一緒の日かな?
感動でボロボロになりたい!


☆みずたましまうまさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

そうそう!何が酷いって、オケが一番ヒドかったと思います。
マイクバランスも「?」ですし。
カテコ途中で出ちゃったなんて、相当ですよね。

ASU、私は観劇パスしそうなので、blogでの感想UPを楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/31762466

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りその2:

« 怒りその1 | トップページ | 怒りその3 »