リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 劇団☆新感線『蛮幽鬼』2回目 | トップページ | ショックで更新できません »

劇団☆新感線『蛮幽鬼』3回目 とりあえず

最前列で芝居を堪能した。どんどん深くなっている。

かずきさんの脚本って、登場人物の心理とか、やや掻き込み不足なところもあるけれど、逆にそれが役者さんの演じるパワーによって、想像の余地を観客に与えてくれて面白い。
アテガキとはいえ、役者さんの魅力を引きだす、脚本と演出力は凄い。

美古都の赤い衣装が、ヤマトタケルの衣装を連想させて好き。
架空の設定の舞台だけど、タケルの時代よりもう少し後かな。

二幕じゅんさんの連行シーン。
「ノムんの胴上げが見たかった」
「城島の阪神が見たかった」
もの凄いウケました!

この芝居、やはり好きだ!

取り急ぎ簡易感想です。

« 劇団☆新感線『蛮幽鬼』2回目 | トップページ | ショックで更新できません »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

最前列うらやましいです!

私、1回しか観劇しないはずだったのに、
どうしてもどうしてももう一度観ないと気がすまなくなり、
無理やりあと1回行くことにしちゃいました。

花梨さん言っている通り、
自分も一人一人の心情の書き込みが足りない気がしたんですが、
なんとなく2回目見たら、そんなこと全く気にならずはまりそうな予感で楽しみです。

MITさん、こんばんは!再観劇おめでとうございます。

後で感想に書こうと思ったのですが、一番ハッとしたのは、最後の土門とサジの戦いの場面の蔵人です。
美古都を庇いながら、瀕死の重傷を負って戦うかつての友を、何と言っていいのか判らないくらい、凄い表情で見ているのですよ。
目の前だったので、あの顔を見たらもう泣けて泣けて…。

美古都の腕の中で、ようやく妄執から開放される土門に、涙腺決壊しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/31881494

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団☆新感線『蛮幽鬼』3回目 とりあえず:

« 劇団☆新感線『蛮幽鬼』2回目 | トップページ | ショックで更新できません »