旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「情熱大陸」に古田さん | トップページ | 古田新太@情熱大陸 »

『レ・ミゼラブル』10月27日ソワレ

『レ・ミゼラブル』
2009年10月27日(火)ソワレ 帝国劇場

バルジャン:別所哲也
ジャベール:岡幸二郎
エポニーヌ:新妻聖子
ファンティーヌ:シルビア・グラフ
コゼット:神田沙也加
マリウス:藤岡正明
テナルディエ:安崎求
テナルディエの妻:森公美子
アンジョルラス:原田優一

今期二回目。初回よりは全然良かったけど、まだ「やっつけレミ」だなぁ。
本当に何でこんな無理矢理なスケジュールで上演したのか。

相変わらず音響とオケが酷い。
途中からは何とか気にならなくなったが、冒頭は音響にイライラしてしまい、全然舞台に集中出来なかった。

テナ夫妻もいまひとつ。芝居の流れを壊してしまう。

そんなストレスたまる中でも、全く軸がぶれないのが、岡さんと新妻さん。
二人はめちゃめちゃ良かった。

残念なのは藤岡くん。一番好きだったマリウス。
もちろん歌は抜群に上手い。でも受け入れられない何かがある。
藤岡くんのマリウスの、好きだった部分が消えている。
自然体な芝居とか、弟っぽいところとか。
ちょっと頑張りすぎなのかな?芝居でもカテコでも転びそうになってたし。

沙也加コゼットも、どうも不自然な芝居。
絶対コゼット役ハマると思ってたのになぁ。何が受け付けないのだろう。

でもバリケードの藤岡くんは好き。下水道での担がれ方も上手い。
原田アンジョルラスも、凛として良かった。

ただ藤岡くんを見ると、どうしても横に東山くんのアンジョルラスを思い浮かべてしまう。
原田くんには本当に申し訳ないのだけど。
この場面はこうだったなとか、ああだったなとか。
今日、つくづく東山アンジョルラスが好きだったと思い知った。

そして別所バルジャン。
冒頭はオケと合わないように見え、またテナ夫妻との間合いも悪く、所々現実に引き戻されたが、
シルビアファンティーヌとの絡み、岡ジャベールとの対決などは、本当に素晴らしかった。
何といってもバリケードのバルジャンは最強。
マリウスとの合わない視線が切ない。
「Bring Him Home」も、余計な動きをそぎ落としたような歌で好き。

バリケードの学生達も良かった。(特にコンブフェールの近藤さん。)
バリケードで感動出来ると、満足度が俄然上がる。

それでもチケットは増えないなぁ。
今期の『レ・ミゼラブル』は、ファンとしては色々悲しい…。

あ、今回席が下手の前方だったので、「One Day More」のジャベールが隊列に加わるところ、今期から変更になったのを初めてちゃんと見ました。いつも上手のバルジャンに夢中で、下手まで見てないのだ。
今までの入り方の方が好きかな。

『レ・ミゼラブル』、あとは11月に2回のみです。

« 「情熱大陸」に古田さん | トップページ | 古田新太@情熱大陸 »

芝居・レ・ミゼラブル関連」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
結局、10月中に一度もレミに行けてない私です。
11月4日!も目論んでいましたが、見事に仕事。
11月前半は別口のお芝居の巡業公演のため、平日オフ取ったり
カズさんのライブもあと2本あるし、17日と19日だけに
なりそうかな~という、前期、有楽町まで定期券を購入した私とは
思えない、ヘタレっぷりですが、レミが私にとって大事で大切な
作品であることには変わりありません。
25日の幸二郎さんのトークセミナーで、
今年から音響さんも変わり、残響がなくなったと言ってました。
たとえば、冒頭の「ダダーん!!」とかも「ダダっ!」って感じ?
(この表現で分かるでしょうか?)
また、オケも人数少なくなった分、キーボードで音を作るので
そのオリジナルの楽器で出す音より、音が短く聞こえるのではないかと?
幸二郎さんも、オケ早くなった?と感じたそうですが、塩田さんに
よると、名古屋よりは遅いと言われたそう。
でも、参加者から、「20分終演早くなってますよ」とも声もあがり
全体的にあっさりになっているのでしょうか?
早く、この目で確かめたいです。

yayaさん、こんばんは。
今期は劇場で全然お会いできなくて、残念です。

音響はもう会場で聞いて確かめて下さい。
自分はそんなに耳が良い方では無いですが、それでもまず「酷い」って感じましたから。
オケだけでなく、マイクも絞ってあって、前方で見ていても、音が全然迫って来ない。
そして何故か沙也加コゼットのボリュームだけ上げているから、不自然で仕方が無いという…。

次回は一番の良席なので、ストレス無く観劇したいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/31979862

この記事へのトラックバック一覧です: 『レ・ミゼラブル』10月27日ソワレ:

« 「情熱大陸」に古田さん | トップページ | 古田新太@情熱大陸 »