リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の20件の記事

水木英昭プロデュース『虹色唱歌~眠れぬ夜のオールドメロディー~』

水木英昭プロデュース『虹色唱歌~眠れぬ夜のオールドメロディー~』
2009年9月24日(木)19:00  紀伊国屋ホール

作・演出:水木英昭 
演出補:佐藤浩之 
音楽:高木茂治
出演:宮本大誠、水木英昭、土居裕子、入絵加奈子、曾我泰久、山本崇史(Pani Crew)、他

初の水木英昭プロデュース!
土居さん出演ということで、とても楽しみでした。

面白かったです。
私好みのノスタルジックな、笑えて、ほんのり心が暖かなる筋立て。
役者さんもみな達者!
土居さんの二役や、三姉妹の軽妙なやり取りとか、おかしかった!

でも全体的にちょっと物足りないのだよな…。
町興しの戦隊ヒーロー「ニジレレンジャー」とか、楽しかったけれど。

脚本がやや薄いのかなとも思ったり。
歌える役者さんがいたのに、歌が少なくて、それが物足りなさの原因かも。
土居さん、曾我さんの歌が聞きたいという目的の、お客さんがこの舞台は多いと思うのだが。
それと無駄に増やした?というような役が目についた。

とはいえ土居さんと曾我さんの歌は素敵だった!
ああ、もっと聞きたかった。

土居さんのコンサート、またやらないかなぁ…。

幸せ♪

一体何が起こった?

26日(土) 西武 6 - 10 楽天
27日(日) 西武 4 - 11 楽天

敗戦の三回連続「三連戦を二勝一敗、何故かその一敗だけ現地観戦」の法則が発動。
唯一の敗戦25日だけ観に行った私は負け組。
出掛ける予定もキャンセルして、自宅で応援。途中からビール片手に祝杯モード。
休日の昼間から何やってるんだ。ダメ大人だな、自分。

25日は片岡の守備にやられた印象があったが、その片岡が致命的なエラーとか。
ホント野球は何が起こるか判りません。

火曜からも連戦だけど、頑張れ楽天!
改めて前回の記事、ホント柄が悪いなぁ、自分。

ストレスたまりまくり

西武ドームより帰還。
あああ、もうストレスたまりまくりでしたよ!

私さぁ、GG佐藤ってどうもキライなんだよね。
パ・リーグで、余り嫌いな選手はいないのだが。
北京は選手を責めたくないのだけど、済まんがGGだけはね…。
なのでGGに打たれたので、ほんっとムカついたのです。

しかも隣の西武ファンのお兄ちゃんがマナー悪くて閉口。(当然ビジター席です)
何で最近の若い男の子って、椅子に浅く腰掛けて、足投げ出すの?
トイレから戻ったら、私の席の方まで足投げ出されたので、キッチリ注意しました。
そうしたら途端に大人しくなったのが笑えたが、女性と思って甘く見てたのだろうな。
すぐ近くの席では、当たったの何のとくだらん喧嘩してるし、ホント最悪すぎる環境でしたわ。
でも帰りの電車で話した、西武ファンのおっちゃん(年季の入ったユニ着てた)は良い人でした。

何はともあれ、明日は頑張って!楽天ゴールデンイーグルス!

『SIDE SHOW』

ネットを巡っていたら、こんな新作情報を発見。

『サイド・ショウ SIDE SHOW』

【出演】貴城けい 樹里咲穂 下村尊則 大澄賢也 伊礼彼方 岡幸二郎 ほか
日 程  2010.4/7(水)~4/18(日)
会 場  東京芸術劇場 中ホール 

http://www.fujitv.co.jp/events/stage/sideshow/index.html

このミュージカル、どこかで粗筋と感想を読んだ覚えがあって、かなり重そうだけど、おもしろそうだな、と思っていた記憶が…。
改めて粗筋を読みましたが、テーマも重いし、演技力も要求されそう。

男性出演者の並びが濃すぎでウケました。

野球で忙しいのよ

『コースト・オブ・ユートピア』の感想も滞っています。
毎日野球見てるので忙しいのですよ。
シルバーウィークは仙台行こうかなと思ってたのですが、別に旅行の予定が入り断念…。

今週末の西武球場、3日間行きたいが、さすがに1日だけかなぁ。
何気に生観戦の勝率が悪いのだ。三連戦、二勝一敗なのに、二度もその一敗の日に当たった。
そういや勝った試合では、いつも青山くん好投してたな。

毎日楽天の試合を見つつ、他球場の結果を気にしつつ、ああ、胃が痛い日々…。

『静かじゃない大地』

G2プロデュース『静かじゃない大地』
2009年9月12日(土)19:00  本多劇場

作:演出 G2
佐藤アツヒロ 田中美里 久ヶ沢徹 福田転球 辻修 内田慈 浜田信也 諏訪雅 池谷のぶえ 久保酎吉

オオヌサの実験栽培、PTSD等、かなり重いテーマであるにも関わらず、笑いを交えつつ、さらっと進んでいく。
その軽さが持ち味だが、もう少し掘り下げて欲しいという意見もありそう。

オオヌサ栽培の為に集まった人たちは、それぞれ心に葛藤や傷を持っている。
それが一気に噴出し、全てが"無"となる。

ひと部屋の中だけで舞台は進んでいくけれど、窓の外には広い畑と太陽が存在するのが見えるようだった。
軽妙な会話と個性的な登場人物がおもしろい。

しかしあの広告代理店…。無茶苦茶イヤな奴だった。記者の人も。
現実にああいう人種と接しているのでしょうね、G2さん。

佐藤アツヒロくん演じる坂崎の心のトラウマは、予想出来るものではあるけれど、これは私の想像なのだが、妹の危険すぎる愛情に、応えてしまいそうな自分が、恐怖だったのかなとも思った。
だから恋人の存在も自分の記憶から抹消したのかな、とか。

ラストの皮肉すぎるどんでん返しは、かなり好きかも。
結局恋人・美潮の一人勝ち?

アツヒロくん、また新感線出ないかな。
私の夢キャスト、アツヒロくんの邪空が見たいのだ。
(当然出門は染五郎さん、古田さんは清明でお願いします。)

そば打ち

090918_12330001_2 連休なので、温泉付きリゾートへ行って来ました。
温泉は疲れが取れますなぁ…。

そば打ち体験もしてみましたが、難しい!
太さがそばではなくて、きしめんに…。

『コースト・オブ・ユートピア』 三部

『コースト・オブ・ユートピア』 三部

ようやくラスト~!
自由、革命、そしてユートピア。
三部は切なかった。

老いて、疲れていったり、変わっていく人の中で、ツルゲーネフは相変わらず。
そういえば、他の登場人物を思い浮かべると、怒りや絶望の顔を思い出すが、べっしーは笑顔の印象だな。
老け演技はさすが。
三部も池内くんとの絡みが面白い。ここは池内くんがあの役に変わるからこそだ。

カーテンコールでは客席にも拍手。
3日間、脳をフル回転しての観劇。楽しかったです。
別所さん、勝村さんのお腹をポンポンしてました。

次はぶっ通しで見ます!

『コースト・オブ・ユートピア』第二部

『コースト・オブ・ユートピア』第二部

昨日に引き続きコクーンへ。
別所さん演じるツルゲーネフは、二部はめちゃめちゃ出番多し。
二部一幕はほぼ出ずっぱりです。

別所さんの出番が多いということもあるけれど、二部おもしろいです。
阿部寛さんのゲルツェンが中心ですが、ゲルツェンの家族、取り巻く人々が、それぞれ印象的。
特に女性陣がみな魅力的。

一部の四姉妹はお人形さんみたいで、まぁそういう意図の役の作り方なのかな?とも思うけど。
おもしろいのは、四姉妹の女優さんを全然知らないで観劇した方二人が、「顔も似てて、遠くで見ると区別がつかない」と言ったこと。

ツルゲーネフは一歩引いて、仲間を見ているところもあるけれど、池内さん演じるべリンスキーには、強い感情を表すのがおもしろい。
あの甲高い声での笑い方。役作りなのですね。妙にツボです。

別所さんもっとストレートプレイに出ないかなぁ…。

さあ、あとラスト一日!

『コースト・オブ・ユートピア』第一部

『コースト・オブ・ユートピア』第一部

今日から3日間、コクーンに通います。
べっしーに萌えた!

人の名前を覚えるのが、確かにややこしかったけど、本編はそんなに難解とは思わなかったし、二部に向けて、興味を引かれる内容だった。

一部は何といっても池内くんが圧巻。

しかし一部だけでも、集中力を高めていると結構疲れる。
通しで見る予定も、もちろんありますが、体力・気力が持つか…。

明日もあるので、本日はここまでで。

ブラッド・ブラザーズ 3

『ブラッド・ブラザーズ』
2009年9月12日(土)12:30  シアタークリエ
18列目センター

脚本・音楽・歌詞:ウィリー・ラッセル
演出:グレン・ウォルホード
翻訳:伊藤美代子
訳詞:小林香

出演:藤岡正明 田代万里生 鈴木亜美 金志賢 久世星佳 金澤博 伊藤明賢 下村尊則 他

ようやくヤングチーム観劇。武田・岡田組に負けず劣らず頑張ってます!
座席は後方だったが、一番音のバランスが良かった。
舞台全体もよくみられたし、照明の美しさも堪能出来た。

続きを読む "ブラッド・ブラザーズ 3" »

ネットカフェ

日比谷でマチネ観劇後、ソワレの芝居までの間、かなり時間があったので、ネットカフェに飛び込む。
ホント時間が空いた時の、ネットカフェの存在は有難い。
でも計算したら、帰宅した方が安かった・・・。

で、ネットカフェで野球見てました!
何やってるんだ、自分。

マチネでようやく藤岡ミッキーを見ました。
いやー良かったわぁぁぁ。

日比谷街角でharumichinさんと遭遇。
お互い観劇な土曜日ですね。

トリツカレ男

音楽劇「トリツカレ男」
銀河劇場 一階後方

原作:いしいしんじ(新潮社刊)
脚本:倉持裕
演出:土田英生
振付:小野寺修二
音楽:青柳拓次・原田郁子

出演:坂元健児、原田郁子、浦嶋りんこ、尾藤イサオ

派手さないけれど、ほんのりと気持ちが暖かくなる良い作品だった。
まったり、ほのぼの。たまにはこういう芝居も良いかも。
とはいえ客席が寂しい限り。アクセス最悪の銀河劇場だからか?
この芝居の内容だと、銀河劇場だとキャパが大きすぎると思う。

続きを読む "トリツカレ男" »

ザ・ダイバー/THE DIVER

『ザ・ダイバー/THE DIVER』
2009年9月1日(火)  東京芸術劇場

作・演出 野田秀樹
出 演 大竹しのぶ、渡辺いっけい、北村有起哉、野田秀樹
スタッフ 美術/堀尾幸男 照明/小川幾雄 作調/田中傳左衛門 音響/高都幸男

重い芝居だった。
この舞台のモデルになった事件について、ネットで確認したら、もっともっと嫌な気分になった。
そんなに野田さんの舞台を見ている訳では無いけど、アプローチの仕方が直接的になっている気がする。
妻のあの台詞が、現実に発せられたものと知り、ちょっと、いやかなり気分が悪くなった。

この芝居も補助席がたくさん出ていた。
よくチケットを確保出来たものだ。

続きを読む "ザ・ダイバー/THE DIVER" »

怪談 牡丹燈籠

『怪談 牡丹燈籠』
2009年8月26日(水) 6:30pm シアターコクーン 1階後方

作:大西信行 演出:いのうえひでのり
出演:段田安則・伊藤蘭・秋山菜津子・千葉哲也・柴本幸・瑛太
   梅沢昌代・大河内浩・松澤一之・市川しんペー・西尾まり・保坂エマ・粕谷吉洋・森本健介

感想のUPがすっかり遅くなりました。
うーん…面白くなかったわけでは無いけれど、何となくいまひとつ。
いのうえさんの演出に期待しすぎたかなぁ。
その後に見た舞台に、すっかり上書きされてしまった。

続きを読む "怪談 牡丹燈籠" »

2009年9月の観劇予定

Asa04 遅まきながら、9月の観劇予定です。
今月はかなり控えめです。

「ザ・ダイバー/THE DIVER」 東京芸術劇場
すでに観劇済。いやー見応え十分でした。すぐ側の席にいのうえさんが。

「トリツカレ男」 銀河劇場
サカケンを久し振りに見てみたくなりました。

「ブラッド ブラザーズ」 シアタークリエ
藤岡くんのミッキーが楽しみ!リピートするかも。

「コースト・オブ・ユートピア」 シアターコクーン
今月はまず一回目の観劇。

「天変斯止嵐后晴(てんぺすとあらしのちはれ)」 国立小劇場
チケット無事確保♪シェイクスピア+文楽を見てきます!

他に「中国の不思議な役人」「ジェーン・エア」と歌舞伎座昼を検討中です。

RENT@韓国は諦めました。仕事と体力の兼ね合い&よく考えたらパスポートが3月で切れていたので。
mieさまが色々情報を提供して下さったのに、申し訳ないです!

野球は多分西武ドームに一回だけ。仙台行きたかったけどこちらも無理そう。

写真はまたしても朝顔。これは8月中に撮影したもの。

東京ドーム

楽天の試合が余りにも情けなくて、さすがに最後まで見てられず。
福岡のサヨナラ勝ちを見たあと、何となく東京ドームの中継へ。
野球がたくさん見られる、ケーブルTV万歳!

Asa05 その東京ドームの巨人-ヤクルト戦、とんでもない展開に延長12回まで全部みちゃったよー。
試合終了と思ったら、ドームの天井に打球が当たってヒットになるし。
頭部死球(怖かった!)で、巨人の捕手がいなくなるし。

その挙句の「木村拓が10年ぶりに捕手 無失点でしのぐ」

いやー、生まれて初めてジャイアンツを応援したかも。
楽天ボロ負けですさんだ心を癒してくれたわー。

明日はいよいよ青山くん先発か…。
仕事になってしまったので見られないのだが、先日の夢が逆夢になりますように!

朝顔の写真、もうひとつUP。
中途半端な時期に購入した苗なので、全然蔓が伸びなかった。
でもこれはこれでカワイイです。

「コーストオブユートピア」お稽古映像

Asa03_29月です。でもまだ朝顔は元気です。ひまわりも満開でしたが、先日の台風でかなり折れてしまいました。
8月後半は、観劇&旅行と飛ばしすぎたので、ちょっと今はバテてます。

ようやくNHKスタジオパーク見ました。
「コーストオブユートピア」お稽古映像に萌え萌え!
べっしーはちょっとだけの映像でしたが、衣装をつけての姿がホント格好良くて素敵です。
阿部さん曰く「別所さんは台詞が多くて大変」だそうです。

9月に一度、10月にもう一度見る予定♪

もうすぐ「コーストオブユートピア」

9/1のNHKスタジオパークのゲストに阿部寛さんが出演。
「コーストオブユートピア」のお稽古映像も映ったらしい。
まだ録画見ていないので、内容詳細は未確認ですが、いよいよ!という感じで期待が高まります。
べっしー、楽しみ!

えっとさっさと録画を見返せないのは、野球に夢中な為です。
9回の裏、ベンチでアイシングもしてない岩隈投手(延長になったら投げるつもりだったろう)の気迫が凄い!

RENT 千秋楽

RENT The Broadway Tour 千秋楽
2009年8月30日(日) 赤坂ACTシアター G列センター

この日のチケットを確保したのが、忘れもしない1月30日!長かった…。
待ちに待ったBW版RENTの千秋楽。当日券に1000人近い人が並んだとのこと。
この年で徹夜なんて無理だし、早めにチケット確保しておいて本当に良かったです。

それにしても開演前から客席の「見るぞ!」という熱気が凄い。
私の前の席には、新納くんがいました。

続きを読む "RENT 千秋楽" »

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »