リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 『Sweet Rain 死神の精度』映画放送予定 | トップページ | 雨天中止 »

『ブラッド・ブラザーズ』2回目&トークショウ

『ブラッド・ブラザーズ』2回目&トークショウ
2009年8月28日(金)  シアタークリエ BOX席

090829_14280002BOX席のキャンペーンで観劇。
下手のジョンストン家の辺りが見切れてしまうのは痛いので、初見の方には多少辛いかも。
(一幕の七歳の二人は、この位置での芝居が多いし)
でもリピート観劇には十分です。座席はゆったりしてるし、劇場の係りの方は至れり尽くせり。
ドリンク券にお土産(写真参照)までつく。これで二人で15000円はお得すぎ。
全体が見られて良かったが、ややオケの音が大きく聞こえるのが気になった。

芝居本編、やはり良かったです。
トークショウを聞いていると、本当に武田真治さんが、魂込めてこの役を演じているのがよく判る。
もちろんそれは他の役者さんもだけど、多分役者生涯でベスト3に入るくらいの当たり役になっている気がする。
武田さんのファンには、もしかしたら怒られそうな意見かも?
そういう役にめぐり合えて、演じている役者さんを見られるのは幸せなことだ。

武田ミッキーが凄いのは、前回も散々書いたけど、岡田エディは大人になってからが特に良い。
ミッキーは「お前は子供のまま」とエディを突き放すけれと、あの時がエディの子供時代の終わりだったのかも。
大人になって、リンダにすがられた時の、岡田エディの優しさが切ない。

初見の時は、ミッキーが狂気に走るあたりから、圧倒されてしまったのだが、台詞のひとつひとつを今回はじっくりと聞いた。
ミッキーが客席の何処から登場するのかも、よく判った。
最後のミッキーがエディに投げかける台詞が良いなぁ。

トークショーは、司会が下村尊則さん。武田真治さん・岡田浩暉さん・伊藤明賢さん出演。
客電落ちて、ミラーボールがくるくるし始めたから何事かと。
下村さんのナレーション。
「二人の熱い男の話は聞いた?ひとりはTo Be Continued、ひとりはジュノンボーイ…」
いきなりセルフパロディ。爆笑でした。
そうそう「カンパニーを救った男」の紹介も有り。

それぞれの良い所、止めてほしい所などを話してくれました。
伊藤さんをラオウみたいと言って、喜ぶ浩暉さんの天然っぷりがツボでした。

武田&岡田コンビを見るのは、私はこれで最後。素敵な双子のお芝居に出会えて幸せでした。
来月の若手コンビの双子も、もちろん見ます!

« 『Sweet Rain 死神の精度』映画放送予定 | トップページ | 雨天中止 »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/31159530

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブラッド・ブラザーズ』2回目&トークショウ:

« 『Sweet Rain 死神の精度』映画放送予定 | トップページ | 雨天中止 »