旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 忘れちゃいけない『焼肉ドラゴン』 | トップページ | DVD「'09 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 V2への軌跡」 »

桜姫

Bunkamura20周年記念企画『桜姫』
6月13日(土)14:00 シアターコクーン 一階後方

原 作 四世 鶴屋南北
脚 本 長塚圭史
演 出 串田和美
出 演 秋山菜津子、大竹しのぶ、笹野高史、白井晃、中村勘三郎、古田新太 他

自分は普通の席でしたが、可動式の客席ってナニ?CATSみたいなもの?と疑問を抱きつつ劇場へ。
舞台は三方を囲む形。問題の可動式客席は、中村座の桜席のような、上手と下手の高い位置にある。
この客席が冒頭の場面のあと動き、舞台後方へ移動。四方囲みという形状に変化する。
なるほど、と思った次第。

今回6月が現代版、7月が歌舞伎版だが、上演は逆の方が良かったかも。
長塚さん苦手な私にしては、楽しく観劇出来ましたが。

とはいえ現代版の方が、歌舞伎より判りにくい印象。
話のはじまりの、セルゲイの心中が弱いので、休憩時間に歌舞伎版の心中の件を同行者に話してたら、逆側の隣の席のお客さんも耳を傾けてたよ。
歌舞伎だと通用するぶっ飛んだ部分が、現代版だとご都合主義に見えてしまう。難しいなぁ。

マリアがゴンザレスが忘れられないまま、結婚をしようとしたり。
したたかに見える割には、逢引場面を見られても、反論もせず受け入れてしまったりと、かなり無茶苦茶。
それでも大竹しのぶさんの演技力で、魅せてしまう力技。
一幕はかなりおもしろかった。

ただ二幕になると失速している。
現代版へのアレンジに、脚本が迷っているように感じられた。二人の男の表裏一体の対比はおもしろかったが、もう少し練って欲しかった。
歌舞伎板はよく出来ているわ…。
今回は白井さんの芝居が凄かった。勘三郎さんはいまひとつ。
古田さんはめちゃめちゃ良かったー!新感線での消化不良を払拭しました。

『桜姫』、歌舞伎版が見たいです。

« 忘れちゃいけない『焼肉ドラゴン』 | トップページ | DVD「'09 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 V2への軌跡」 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/30113073

この記事へのトラックバック一覧です: 桜姫:

« 忘れちゃいけない『焼肉ドラゴン』 | トップページ | DVD「'09 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 V2への軌跡」 »