旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 東京芸術劇場 小ホール2に行く | トップページ | 見始めたDVDは »

劇団四季『春のめざめ』(Spring Awakening)

今週は不満な観劇が続いた。
『春のめざめ』なら、何たってトニー賞も取った作品だしと、期待して自由劇場へ。

ダメだ、めちゃめちゃ消化不良…。

客席も7割強。幾ら不況とはいえ、「WICKED」開幕の頃と比べると寂しい限り。
そもそも何でこの作品を四季が上演しようとしたのだろう。
無理矢理ロックしてます的な舞台だし、何かもう違和感というか、いたたまれないというか。
別のプロダクションでの上演を見たかったなぁ。

四季ファンの人は怒るかもしれないけど、出演俳優さんの顔面偏差値が低すぎる。
それだけで萎えるわ。案内係の女の子の方が遥かに可愛いんだもん。
私ら一般人と違って、俳優さんって容姿も商品でしょう。

改めて東宝版の『RENT』は健闘していたのだなと。
ああいうノリで上演して欲しかったわ。

そして常時新作でヒットを飛ばす劇団☆新感線は(色々不満も書いているが)、大したものだと思った今週の観劇でした。
昨夜は口直しに深夜放送していた『覇王別姫』(辛い映画ではあるが)を見たが、今夜は新感線のDVDでも見ようかな。

【追記】
作品そのものに対しては、色々と感じることがあった。
ステージに観客をあげたり、その中にアンサンブルが混じっていたり。
公開××ショーのような、二人の例の場面など。意図を深読みしたくなる。

ネットで海外の映像を見たりすると、やはり別のプロダクションで、改めてこの作品が見たいと思う。

« 東京芸術劇場 小ホール2に行く | トップページ | 見始めたDVDは »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/29732191

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季『春のめざめ』(Spring Awakening):

« 東京芸術劇場 小ホール2に行く | トップページ | 見始めたDVDは »