旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ようやく『シラノ』みました | トップページ | 劇団四季『春のめざめ』(Spring Awakening) »

東京芸術劇場 小ホール2に行く

池袋の東京芸術劇場へ行く。中ホールは何度か行ったことがあるが、小ホールははじめて。
座ったのはE列。開演前から少し嫌な予感はしていた。
幕が開き、予感が当たったことを知る。

前列の人達の頭が邪魔で、舞台見切れまくり!

いや、本当ににまいりました。
舞台が不自然に高いのですが、前列の段差がほとんど無い事への対策でしょうか。
それでも舞台で座ったり、ましてや寝転んだりしたら、視界から役者が消えます。
そして舞台が高いので、首が痛くなるという…。

今時こんな酷い設計の劇場があるんだなー。
芸術監督が、野田さんになったのでしたっけ?
演目の充実の前に、劇場の作りを何とかして下さい。
(ロビーは綺麗♪やはり消毒液があった)

肝心の芝居は劇団岸野組『万(よろず)お仕事承ります』というもの。
もちろん初めての劇団。
時代劇で、ちょっと身内受けが鼻につくなぁ、なんて思っているうちに、舞台に座る場面が多くなり、視界を塞がれ集中力を欠いてしまい、睡魔に襲われてしまった。

劇場に対する不満で終わってしまった観劇でした。
何しに行ったのだろう…。

« ようやく『シラノ』みました | トップページ | 劇団四季『春のめざめ』(Spring Awakening) »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/29731725

この記事へのトラックバック一覧です: 東京芸術劇場 小ホール2に行く:

« ようやく『シラノ』みました | トップページ | 劇団四季『春のめざめ』(Spring Awakening) »