旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 劇団四季『春のめざめ』(Spring Awakening) | トップページ | コースト・オブ・ユートピア-ユートピアの岸へ »

見始めたDVDは

こういう時に見たくなるのが、何故か『阿修羅城の瞳』
2000年版が見つからなかったので、2003年版にした。

何度も何度も書いている気がするが、邪空の「阿修羅とは何だ!」の台詞は、花道(2003年)より、センター(2000年)の方が好きだ。
それと2003年版の演出変更で、私的最大のがっかりは「花道のスッポンの階段」が無くなったことだ。
天守閣に向かう出門が、階段を鬼を串刺しにしながら、登ってくる場面が、鳥肌もののだったのに!

とはいえ何度見てもめちゃめちゃ格好良い舞台だ。
ああ、セット、照明、舞台の人の配置、涙ものの格好良さ。

密かな願望キャスト。
古田さんの清明。勘三郎さんの南北。アツヒロくんの邪空。もちろん出門は永遠に染ちゃん。

« 劇団四季『春のめざめ』(Spring Awakening) | トップページ | コースト・オブ・ユートピア-ユートピアの岸へ »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

花梨さま
「阿修羅城の瞳」本当にカッコイイ舞台でしたね。
私も2000年版の方が好きですが、染ちゃん出門は
2003年版の方がよりこなれてる感じかな。

>古田さんの清明。勘三郎さんの南北。アツヒロくんの邪空。もちろん出門は永遠に染ちゃん。
豪華キャストですね~。
私は邪空が古田さんがいいです。
とすると、清明は悩むなぁ。勝村さんあたり?(笑)

スキップさん
こんばんは。

>> 私は邪空が古田さんがいいです。
邪空は出来ればもう少し若い役者さんがいいなぁ、と思いアツヒロくんです。

染ちゃん出門については同意。2003年版の方が、こなれていると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/29732362

この記事へのトラックバック一覧です: 見始めたDVDは:

« 劇団四季『春のめざめ』(Spring Awakening) | トップページ | コースト・オブ・ユートピア-ユートピアの岸へ »