旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 明日は頑張れ!楽天 | トップページ | 今更ですが『新・三国志』の思い出 »

『赤い城 黒い砂』2回目

『赤い城 黒い砂』 2回目
4月25日(土)17:00 日生劇場 一階K列上手

原作 「二人の貴公子」ウィリアム・シェイクスピア・ジョン・フレッチャー
脚本 蓬菜竜太
演出 栗山民也

出演 
黒の国の騎士ジンク:片岡愛之助
黒の国の騎士カタリ:中村獅童
赤の国の王女ナジャ:黒木メイサ
牢番の娘ココ:南沢奈央
赤の国の王クジャ:中山仁
クジャの側室の子カイナ:馬淵英俚可
武器商人モト:中嶋しゅう

最近見た大劇場での新作では、脚本・演出がピカ一であり、非常に意欲的な芝居と感じた。
なので二回目を観劇。初日近辺一回目を見てたら、もう一回くらい見ていたろう。
これだけ良い作品なのだから、もっとたくさんの人に見て欲しかったし、ぜひ再演もして欲しい。
色々ともったいない…。

原作を大胆にアレンジした脚本が素晴らしい。
国と国の対立。近代兵器によるあっという間の決着。争いを繰り返し、増えすぎる人間に襲い掛かる呪い。
どちらかというと、アニメ等でありそうな世界観。(私はナウシカ?とか思ってました。)
それがきちんと生の舞台で成立している。

まぁココの呪いの部分は、もう少し何とかならなかったと思うけど。
(盲目の死神等のアイデアは凄く好き)
それと主役三人の愛憎が、もっと描かれていればなぁ。
ジンクとナジャ、カタリとナジャ。それぞれの関係が薄いのが残念。
(ジンクとカタリは濃かった。この二人の愛憎はおもしろい)

この辺りは主役三人の力量もやや物足りなかった。
武器商人の中嶋しゅうさんや、ナジャの異母姉馬淵英俚可さんが、少ない出番で多くのことを、その演技で語っていたのと対照的。

それでも三人とも格好良かったし、一回目より全然良かった!
獅童くんは前半のお遊びが、楽前ということで、やや過剰だったのが残念。でもこの役は合っているし、凄い好き。
一回目で実は物足りなかった愛之助くん。二回目は後半の狂気と野心の部分が増してて良かった!
メイサさんは、女が見ても萌えるぞ。

男二人の、信頼し合った仲が、裏切りと野心で立場が変わっていくというストーリーは、本当におもしろい。
何度も引き合いに出して申し訳無いが、「蜉蝣峠」が、楽しみだった古田・堤の男二人対立が、何だかなぁで終わってしまったので、ジンクを堤さん、カタリを古田さんだったらなぁ、と思ってしまった。
「赤い城 黒い砂」くらいのおもしろい脚本をお願いしますよ!新感線!チケット代は、新感線の方が高いのだから。

演出は大満足。
国と国の対立なので、衣装や旗を色分けしてるのが、判りやすく視覚効果も抜群。
これは猿之助さんの「新・三国志」の手法かな?
特にオープニングは猿之助演出好きには嬉しいです。

それと舞台美術との調和が良い。迷路のような階段の砦と、反対側が光もささぬ地下牢。
エッシャーの絵がヒントとパンフに書いてあり、とても納得。
結果全てを支配する「青」の布が緞帳になっていたり、セット転換の間の幕前芝居を、洗濯もののように吊るした白布で行い、町の場面の背景になっていたりと、アイデアも秀逸。

何といっても一幕ラスト!ココに導かれ地下牢を抜け出すカタリ。中央の砦のセットが左右にわかれ、照明がさす!
地下牢にいた二人には、残酷な太陽の光。
もう舞台美術、照明、この場面にはこれしか無いと思える演出の格好良さに鳥肌がたった!

衣装も無国籍風で素敵。特に馬淵英俚可さんの、髪型とドレスは良かった。
惜しむらくは愛之助くんの赤の国での衣装。スタイルの悪さを強調してしまって、気の毒だった。

演出でもうひとつの大ヒットは、パーカション。
舞台下手にパーカションの方がいて、効果的に音を入れてくる。
これが芝居の世界観に絶妙に合っていた。ナイスアイデア!

結局殺し合うしか無い、かつての親友。
この二人の関係、感情については、意味深な台詞が多く、あれこれ解釈出来るのがまたおもしろい。

この芝居に、もし贔屓の役者が出ていたら、通い倒して大変なことになってしまったでしょう。とにかく再演をぜひぜひお願いしたい。

« 明日は頑張れ!楽天 | トップページ | 今更ですが『新・三国志』の思い出 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

花梨さん、こんにちは~♪

花梨さんの感想読んで、あの舞台の素晴らしさが甦ってきました。

“ジンク(堤くん)・カタリ(古田くん)で観たい!!”

まさしく私もそう思ったのよlovely
同じ気持ちで嬉しいです(*゚ー゚*)

真あささん、こんばんは。
先日はニアミスでしたね。お会い出来ずに残念です。

『赤い城 黒い砂』、脚本が凄く良かったので、別の役者さんでも見たいなぁ、と思いました。
もちろん愛之助&獅童コンビも良かったですが、カタリに北村有起哉くんとか、色々想像が膨らみました。

花梨さん!
2回目観に行かれたんですね。(笑)

>それと主役三人の愛憎が、もっと描かれていればなぁ。
あぁ~もう同感です!
私的にはジンクとカタリの関係性も、もっと深く掘り下げて欲しかったと、
思ってました。
そこにナジャも絡んでくるから、余計に薄く感じちゃったんですが・・・。

でもこの作品、面白かったです。
他のキャストで観てみたいというのも賛成!!
カタリに染様っていうのは、いかが?(笑)

麗さんこんばんは。
ハマりましたよ、『赤い城 黒い砂』。

染様はジンクで見たいと思ってました。
男二人の対立がメインですから、あの役者さん、この役者さんと、妄想が膨らみますね。

やはり練り直して、再演をぜひぜひお願いしたい作品です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/29329819

この記事へのトラックバック一覧です: 『赤い城 黒い砂』2回目:

« 明日は頑張れ!楽天 | トップページ | 今更ですが『新・三国志』の思い出 »