旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 神様、仏様、田中様 | トップページ | 中也が愛した女 »

ひかりごけ

劇団四季『ひかりごけ』
2008年4月5日(日)14:00開演
自由劇場 前方センター

原作:竹田泰淳 
演出:浅利慶太
キャスト:日下武史 中村匠 神保幸由 高橋征郎 他、声の出演者

今日は再び赤坂へ芝居観劇。これから連続観劇です。今日の感想の前に、4月初頭に見た『ひかりごけ』の感想。
大分記憶が薄くなってきてしまった。
初日に観劇。ロビーで浅利慶太さんにぶつかりそうになった。とても元気なお姿。

以前から見たかった演目。有名なひかりごけ事件が題材。
二幕もので、一幕は難破して追い詰められていく場面。二幕は船長一人のみの裁判。
上演時間が短くて驚いた。

正直、めちゃめちゃ期待していた割には、私の心はそれほど揺さぶられなかった。
良い芝居だとは思うのですが。特に二幕。(でも声を加工しすぎ)
あのシンプルな三方を囲んだ、白い壁のセット。不気味な仮面。
その中に一人立つ船長。応酬される台詞のやり取り。

罪とは、裁判とはと、考えさせられた。

ただ一幕がどうにも私の好みに合わなかった。
あのビニールを貼り付けたような衣装も、チープだし。

以前、THE・ガジラの鐘下辰男版『ひかりごけ』を見たが、原作と四季版を、非常にリスペクトしてる、素晴らしい芝居だったと再認識。
難破して、追い詰められている怖さは、ガジラ版の方が見ていて痛いくらい、伝わってきた。
まぁこれは劇場がスズナリだったというのも大きいけれど。

現在、原作を読み始めました。
芝居が蘇えってくる。

« 神様、仏様、田中様 | トップページ | 中也が愛した女 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

花梨様
ガジラ版とは全く異なるのですね。
なんだか四季らしい演出って感じですね。
原作、私も読みました。すさまじかったです。

かしまし娘 さま、こんばんは。
宝塚は門外漢なので、BLOGに遊びに行けず、申し訳ありません。

ガジラ版は、確か原作冒頭の、話を聞くため訪ねて行く場面が、結構長かった記憶があるのですが…。
四季版は戯曲部分のみなのかな?すでに記憶が曖昧です。間違ってたらごめんなさい。

それと大きな違いはガジラ版は、原作の指定の沿って、難破場面と裁判場面の船長の役者が変わっているのに対し、四季版は両方日下さんが演じています。
どちらが良いとは、いえないかなぁ…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/29137685

この記事へのトラックバック一覧です: ひかりごけ:

« 神様、仏様、田中様 | トップページ | 中也が愛した女 »