リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« WBCの余韻に浸る | トップページ | 8月、とんでもなく多忙すぎ »

廃人脱出で試写会三昧

WBC廃人と化しておりました。霧のキューバ戦、録画してなかった!ショック!
そんな訳で今月は芝居にあまり行かれなかった分、試写会に2本当たりました。

『レッドクリフ Part 2』
『GOEMON』

公開前なので、詳細な感想は控えます。簡単な感想…。

『レッドクリフ Part 2』は、お金もかかっているし、しっかりした出来。
三国志を読んでなくても、ちゃんと楽しめる作り。
でも戦争の前では、前線の兵隊の命なんて、簡単に失われるのだなというのが、実は一番強く思ったこと。

『GOEMON』

何かもう、色々ツボに入りました。
新感線っぽいというか、山田風太郎というか、それを実写にするとああなるのか、という感想。
「阿修羅城の瞳」も、こういうテイストで創れば良かったのに。
大沢たかお萌え映画。何故か女優さんより、男優陣の方が遥かに美しい。

以下、激しくネタバレ

後半の展開がいまひとつだが、前半はどこのBL時代劇かと(笑)
五右衛門と才蔵の青年時代が可愛い。そして大人になると変にエロい。
才蔵ゴーモン場面はあるは、何を狙ってるのかこの映画。
チープなCG等ツッコミ所満載だが、男優に萌えたい人には超オススメ。
ゲームみたいな、トンデモ時代劇が苦手な人は、見たら怒るでしょう。

奥田瑛二が怪演。中村橋之助が信長なのだが、「敦盛」を舞う場面はさすがでした。(仕方が無いとはいえ、普通の俳優さんだと、ここで一気にがっかりだからなぁ。)

「蜉蝣峠」含め、芝居の感想はぼちぼち書きます。
ところで子役の出演時間って、変わったの?もう楽過ぎているから書きますが、9時過ぎても、舞台に出演している芝居を見たのだが…。

« WBCの余韻に浸る | トップページ | 8月、とんでもなく多忙すぎ »

芝居以外・感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/28871612

この記事へのトラックバック一覧です: 廃人脱出で試写会三昧:

« WBCの余韻に浸る | トップページ | 8月、とんでもなく多忙すぎ »