リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 酒解禁! | トップページ | 心は博多へ »

招待券の良し悪し

割引チケットで池袋の劇場へ
招待券で六本木の劇場へ

たまたまご縁があり、出掛けました。
(芝居の感想は、また別途。書かないかもしれませんが。)

客席環境・最悪

途中入場(しかも開演30分くらいたってから)は当たり前。
寝ている客はまぁおいておき、劇場に響き渡るくらいの鼾のお客が両劇場ともいたよ!
集中力そがれまくり。

寝るにしても、鼾ってナニ?
近くの席の人、注意してくれよーーー。

もちろんそのお客さんは、私と違って定価を支払った方かもしれません。
でもタダ券が出ていることが、単なる一般観客の私の耳にも入るような芝居は、鼾は置いておいたとしても、客席の集中力が低下していると思う。

以前ガラガラの客席に座って、招待券でも何でもいいから、客席埋めろよと思ったが、今は良し悪しと思ってます。
例え1000円でも、対価を支払っているお客は、「見たい」という意識がある筈。
当日券でも良いから、演劇好きな人が安価に芝居のチケットを買える環境があれば、作り手も客もハッピーではないのだろうか。
無料の招待券をバラまいても、客席で鼾かくような人を増やすだけだと思う。

とはいえ正規のチケット代を支払っても、タチの悪い客は、タチが悪いのだけど…。
以前「レ・ミゼラブル」の完売日を4列目で見た時、隣りの客が風邪ひいてんだか、何だか、ふがふが言いながらずーーーーっと寝ててね!
しかも私がハンカチをそっと手に取ったら、いきなり起きてぎろっと睨まれた。(鞄からごそごそ出したのではないよ)
何だんだった?あの客?

« 酒解禁! | トップページ | 心は博多へ »

芝居・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/28057129

この記事へのトラックバック一覧です: 招待券の良し悪し:

« 酒解禁! | トップページ | 心は博多へ »