リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の27件の記事

ピランデッロのヘンリー四世

「ピランデッロのヘンリー四世」
2008年2月27日(木)19:00開演
シアタートラム

作:ルイージ・ピランデッロ
英新訳:トム・ストッパード
翻訳:小宮山智津子
上演台本・演出・出演・ベルクレディ:白井晃
美術:松井るみ
衣装:太田雅公
照明:齋藤茂男

出演:ヘンリー四世・串田和美/マティルダ・秋山菜津子/医者・千葉哲也/フリーダ・長谷部瞳/ディ・ノッリ・中山夢歩/ランドルフ・櫻井章喜/ベルトルド・反田孝幸/オルダルフ・大林洋平/ハロルド・佐藤卓/ジョバンニ・池田六之助

串田+白井コラボ企画第三弾。一度見てみたかったし、今回は千葉さんが参加♪
まず最初にタイトルを聞いた時、当然シェイクスピアが書いたイギリスのヘンリー四世を思い浮かべました。
でもこの芝居は神聖ローマ帝国のドイツ人皇帝のヘンリー四世。

感心したのは、最初にその点をきっちり観客に説明していたこと。
それも芝居の中で全く不自然なく。これは元の戯曲通りなのかな?確認してみたい。
事前に簡単な説明の紙も配布されていたので、すんなりと物語に入っていかれた。

以下、ネタバレ有り。

続きを読む "ピランデッロのヘンリー四世" »

快挙!

日本、複合団体で金 14年ぶり 世界ノルディック←asahi.comです

そろそろ寝ようと思ってたら、こんなニュースが!
選手、関係者の方々、素晴らしいです。おめでとうございます。

で、BSで録画だけど放送されてるし。
スポーツ中継大好きなミーハーな私は、当然見てます。
今日は久々の芝居で、かなりお疲れなのですが、どこまで見られるか?

あー、ちゃんとスポーツニュース取り上げてね。WBCだけじゃなくて!

→クロカン見てます。おもしろいぃぃぃぃ。

「オペラ・ド・マランドロ」詳細日程発表!

やっとダンカンのHPに日程発表~!日程みじかっ!
すでにRENTのチケットを、複数回確保済だったので、重ならなくて良かった!
とはいえ地方公演の日程がまだ明らかでは無い。気になるところだ…。

「オペラ・ド・マランドロ」

東京芸術劇場 中ホール
S席:前売 7500円/A席:前売 6000円

【日程】
7月25日(土) 18:00
7月26日(日) 13:00/18:00
7月27日(月) 19:00
7月28日(火) 14:00/19:00
7月29日(水) 14:00
7月30日(木) 14:00/19:00
7月31日(金) 14:00
8月 1日(土) 13:00/18:00
8月 2日(日) 13:00

詳細はアトリエ・ダンカンHP

またしてもマクドナルド

090224_17030001 今日はまた昼をマックにしてみた。川崎をゲット♪

6:00くらいから「試合はまだかー!」とウルサイ私。どんだけ野球に飢えてるんだ。
昨日も楽天の練習試合も、前回WBCの決勝の再放送も見てるのだけどね。

今日の豪戦、ダルビッシュ→岩隈のリレーって本当かしら。
強化試合とはいえ、めちゃめちゃ楽しみだわ。

→そんな呑気なこと言ってる場合じゃない。ダル大丈夫かっっっ!

ところで今日の玲奈ちゃん@スタジオパーク。
古田さんの話題も出たぞ!

「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」公演中止だと!

先ほど新妻聖子さんのBLOGを覗いたら、衝撃のニュースが!
今年再演が予定されていた「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」が公演中止となったそうです。

正式なお知らせ→G2さんのHP

理由は不明ですが、良い作品だっただけに非常に残念。
うーーーーん、ミュージカルはどの公演も苦戦続きの印象。

結局有名で手堅い再演ものしか、今は入らないのかなぁ。
これから益々新作が望めないのかも。
日本のミュージカル界、先行き暗いなぁ…。

とはいえ本日はNHK「スタジオパークからこんにちは」に、笹本玲奈ちゃん出演だ!

参考までに、私の「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」の感想です。

「おくりびと」が外国語映画賞を受賞

滝田洋二郎監督、おめでとうございます。
でも演劇ファン、新感線ファンとしては、「阿修羅城の瞳」をメチャメチャな映画にして頂いた恨みは忘れないぞ!

いや~ホントにショックだったなぁ、あの映画…。

ホレスタ!ついに全国区?

わはは、思わず爆笑しちゃったよ。何だこのドラマっっっ!

「~いいんだぜ!~イケ麺そば屋探偵」

日テレ 4月4日(土)スタート!
毎週土曜日深夜0時55分~1時25分

出演:藤木直人、生瀬勝久、古田新太、堀内敬子 他

そば屋なのに名探偵!…伝説のゆるドラが帰ってきた。
「ホレゆけ!スタア☆大作戦」のレギュラー陣が再集結。

…とのこと。
古田さんはそば店の常連で芸能プロのおかま社長。ホレスタそのまま!

WBC28人が決定

なかなか体力が回復せず、週末というのに相変わらず引き篭もってます。
そろそろ観劇生活復帰するぞー!

そんな訳で自宅で楽天のキャンプ情報やWBC情報ばかり見ていますが、
WBC28人が決定とのこと。大阪での対オーストラアの強化試合みたいなぁ。

しかし和田さん落選は驚いた。
確かに去年の成績はいまいちだけど。特に楽天戦では散々打たせて頂いたけど。
ああ、貴重な日本のイケメン枠が…(違)

和田さんのBLOGの昨日の記事が切ないなぁ。

読売新聞朝刊の蜷川×野田対談

今朝、21日のの読売新聞朝刊に載っていました。
フェスティバル/トーキョー FESTIVAL/TOKYO の絡みのようです。

演劇祭、不況と演劇等の興味深い内容が幾つか。
数年前に比べて各劇場の苦戦を見ていると、不況なんだろうな。
(その一方でWBCフィーバーを見ていると、何なんだろうと思う。自分もスポーツニュース欠かさず見ているけど)

演劇祭、なかなか日本には根付かないですよね。

フェスティバル/トーキョーのHP

ひとつ、ふたつは興味のある演目も有り。

そういえばこんな演劇祭もありました。

第6回杉並演劇祭

HPが見難い!ちらし持っているからいいけれど。

3月かぁ。他に見たい芝居も多いし、WBCも見たいし、なかなか多忙。

今日のお昼はマック

090220_14480001_2 昨日から「昼はマクドナルド」と決めていました。

本日よりマクドナルドの特定店舗で、対象のセットを買うと、「WBC 日本代表応援ファイル」がもらえるとのこと。
全8種類あり、前回のWBCの写真が使用されているので、残念ながら岩隈やマー君、ダルビッシュ等は無し。
一応柄を選べないとのことですが、阪神ファンのウチの家人は強引に藤川をゲットして来ました。
私は無難に全員の入ったバージョン。写真は文字の入った側です。

ちょっとマスコミの過剰報道が気になりますが、やはり野球好きとしてはワクワクします!
J-SPORTSで前回大会の再放送をしているので、見ているとテンションが益々上がる!
そんな決勝戦の再放送。もう何回も見ているのだけど、忘れずにまた見るぞ。

02月23日 (月) 17:00 - 21:50  決勝 キューバ vs. 日本   Jsports 1

スーザンを探して

スーザンを探して
2008年2月11日(水)18:30開演
シアタークリエ 18列センター

音楽・作詞:ブロンディ  
原案・原作:ピーター・マイケル・マリーノ
翻訳・演出・訳詞:G2
出演:保坂知寿/香寿たつき/杜けあき/
   加藤久仁彦/吉野圭吾/コング桑田/藤林美沙/馬場徹/山路和弘/他

悪くなかったです。出演者も安定してるし、セットが格好良いー!
ただ「おもしろかった!オススメ!」という程でも無いし、正直12000円は払えない。
ええ、又しても割引チケットで観劇しましたよ。

クリエのラインナップって、なかなか面白そうな作品が揃っているのだけど、贔屓の役者が出てない限りは、ちょっと12000円は払えないという作品揃い。
これからの作品のチケット状況を見ても、苦戦しているようです。

続きを読む "スーザンを探して" »

アッキー舞台だ!

本日発表!
佐藤賢一さんの小説「女信長」の舞台化。主役信長を黒木メイサさん。
明智光秀役は中川晃教さん。
6月5~21日 青山劇場、26~28日 大阪シアターBRAVA!

スポニチサイトに格好良い写真!

「スーパーモンキー」の公演中止ショックがあったばかりなので、これは明るいニュースです。
記事を幾つか検索したけど、演出家さんの名前がまだ不明。

べっしーが連続ドラマに出るそうだ

公式サイトでようやく発表~♪

TBSドラマ「ゴッドハンド輝」
毎週土曜日よる7:56から
2009年4月11日(土)19:56からスタート

中日劇場の登板が少ないのも、髪が長いままなのも、ドラマの為か~。
そんな訳で、北見柊一という役を検索してみる。

えっと、とりあえず原作ファンの方、ごめんなさいって気分になった。

あの長髪のビューティーなお医者さま役だよねっっっ。あ、背が高いという設定はクリアーだ♪

【追記】第一話も読めます。
http://www.shonenmagazine.com/works/teru/

WBCメンバー集合!

テレビのスポーツニュースを追い駆けるのが忙しい…。

TBSのJスポーツで桑田×松坂対談をやっていたが、そのレストランが素敵だった。
シャトーレストラン ベル・エポック

何かもう合宿も練習試合も楽しみすぎる。
夜はケーブルで楽天キャンプ情報とWBCキャンプ情報で多忙だ。
でもケーブルのWBC番組、酷い。ギャオス内藤が酷すぎる。
楽天キャンプの解説陣は、素晴らしいのに。

忘れそうなので、強化試合の日程を書いておく。

2月24日 強化試合vs.オーストラリア代表・京セラドーム大阪 試合開始19:00
2月25日 WBC全チーム最終登録メンバー28名発表
      強化試合vs.オーストラリア代表・京セラドーム大阪 試合開始18:00
2月28日 強化試合vs.埼玉西武戦・東京ドーム 試合開始19:00
3月 1日 強化試合vs.巨人戦・東京ドーム 試合開始19:00

ちっちゃなエイヨルフ

ちっちゃなエイヨルフ
2008年2月11日(水)13:00
あうるすぽっと

作:ヘンリック・イプセン
演出タニノクロウ(庭劇団ペニノ)
美術:朝倉摂
上演台本・プロデューサー:笹部博司
出演:勝村政信、とよた真帆、野間口徹、馬渕英俚可、マメ山田 他
主催:メジャーリーグ

あらすじ(公式HPより)
ノルウェーの片田舎。この町の有力者の娘リタ(とよた)と学校の教員でもあり、作家でもあるアルメルス(勝村)には、足がビッコの9歳の息子エイヨルフがいる。2人は、息子の家庭教師を、アルメルスの腹違いの妹アスタに頼んでいる。また、このアスタの事を好きな近所の土木技師ボルクハイムは、アスタに会うため、よくこの家に顔を出す。

ある日、鼠ばあさんなる、ネズミ駆除を請け負う老婆が、「厄介ものはいないか、厄介ものは、あたしが駆除してさしあげよう。」と、この一家を訪れる。一家は気味悪がるが、エイヨルフは、まるでハーメルンの笛吹きのように、この老婆について行き、海でおぼれ死んでしまう。

かくして、このドラマは、ベールがはがされ、一気にそれぞれの内面が露出していく。

いやー、イプセンという人は、ほんっとにいやらしい戯曲を書くなぁ。
登場人物それぞれに抱える、澱のような心が、見ていて痛い。

中心になっているリタとアルメルスの夫婦。
歪んだ夫婦関係だ。女王様のような妻とまるでヒモのような夫。
そんな夫婦の、エイヨルフ。足が悪いが、とても純粋で頭の良い子供。

筋を全然知らなかったのですが、あっという間にその子供が事故死してしまうので、驚いた。
その死を切っ掛けに、危ういパランスで成り立っていた夫婦の関係は、一気に亀裂が走ってしまうのだけど…。

妹アスタを演じた馬渕英俚可さんが、凛とした存在感で素敵。
兄と妹にも、一線を越えかねない危うい関係がそこにある。

勝村さんは妻に対する時、愛する子供に対する時、そして唯一心を許せる妹に対する時。
それぞれ素晴らしい。

もつれにもつれて、ぶつかり合う姿が、悲しく迫ってきた。

各幕ごとに少しづつ変化するセットも良かったし、役者さんの演技力にも大満足。
とはいえ2時間ノンストップ、結構集中力を持たせるのが大変だった。私が病み上がりというのも大きいけど。

今回は私は割引チケットで観劇したが、祭日ということもあり、お客の入りもなかなか。
だがとにかく途中入場が多すぎる!30分以上遅れている人も数人いた。静かな芝居だから、その度に集中力が削がれる。
しかも前方にでかい鼾をたててる人が…。客席最悪だった。

良い芝居だと思うけど、そういった環境での観劇だったからか、いまひとつ心が沸き立たず。残念。

アオドクロですか!

見た芝居の感想が滞ってますが、何故かアオドクロの話題。

NHKで放送している「土曜時代劇 浪花の華~緒方洪庵事件帳~」が、おもしろい。
原作者の築山桂さんのHPを見たら、興味深い記事が。
池内博之さんが出演していますが、原作者の方、池内さんの舞台のDVDを取り寄せたとのこと。

タイトルは書いてないけど、時代物とのことなので、どう考えても『アオドクロ』
いやー見たらぜひ感想をUPして欲しいです。

池内さん、アオで見た時は、所作も殺陣もいまいち(まぁ染五郎さんと一緒だと、余計に厳しいよね)と思いましたが、今は本当に素敵だわー。二刀流も格好良い!

しかし栗山千明さんの左近は、女の私から見ても、萌えるわ。

心は博多へ

大変な強風ですが、飛ばされたりしてませんか?
我が家は庭に置いておいたじょうろが、行方不明です。

本日14日、私の大好きな別所哲也さんが、博多での「ミス・サイゴン」千秋楽を向かえます。
今回自分がまだ療養中の為、芝居を見ることは出来ませんが、心は博多に飛んでます。

友人たちは博多にいます。
ありがたいことに、お留守番組の私に、レポを送ってくれます(感涙)

あとひとつ、べっしー、がんばれーーー!

招待券の良し悪し

割引チケットで池袋の劇場へ
招待券で六本木の劇場へ

たまたまご縁があり、出掛けました。
(芝居の感想は、また別途。書かないかもしれませんが。)

客席環境・最悪

途中入場(しかも開演30分くらいたってから)は当たり前。
寝ている客はまぁおいておき、劇場に響き渡るくらいの鼾のお客が両劇場ともいたよ!
集中力そがれまくり。

寝るにしても、鼾ってナニ?
近くの席の人、注意してくれよーーー。

もちろんそのお客さんは、私と違って定価を支払った方かもしれません。
でもタダ券が出ていることが、単なる一般観客の私の耳にも入るような芝居は、鼾は置いておいたとしても、客席の集中力が低下していると思う。

以前ガラガラの客席に座って、招待券でも何でもいいから、客席埋めろよと思ったが、今は良し悪しと思ってます。
例え1000円でも、対価を支払っているお客は、「見たい」という意識がある筈。
当日券でも良いから、演劇好きな人が安価に芝居のチケットを買える環境があれば、作り手も客もハッピーではないのだろうか。
無料の招待券をバラまいても、客席で鼾かくような人を増やすだけだと思う。

とはいえ正規のチケット代を支払っても、タチの悪い客は、タチが悪いのだけど…。
以前「レ・ミゼラブル」の完売日を4列目で見た時、隣りの客が風邪ひいてんだか、何だか、ふがふが言いながらずーーーーっと寝ててね!
しかも私がハンカチをそっと手に取ったら、いきなり起きてぎろっと睨まれた。(鞄からごそごそ出したのではないよ)
何だんだった?あの客?

酒解禁!

090212_17220001 病院に行ったら、あっさりと「もう飲んで大丈夫ですよ」と言われた。
やったーーー!禁酒解禁!さよなら、スウィーツ!
でも量は控えます。

楽天キャンプの紅白戦の模様、今日のわしづかみで放送するかな。
クマVSマーの先発なんて!
個人的には、3.鉄平、4.草野、5.中島の中軸がツボ。
久米島に行きたい~。わしづかみ見ながら、ビールかな。

劇団鹿殺し第19回公演『ベルゼブブ兄弟』

劇団鹿殺し第19回公演『ベルゼブブ兄弟』
2008年2月10日(火)19:30
赤坂RED THEATER →詳細はこちら

脚本:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
出演: オレノグラフィティ、菜月チョビ、丸尾丸一郎、山岸門人、橘輝、円山チカ、坂本こ美、傳田うに、高橋戦車、菅野家獏、木村セキュ(以上、劇団鹿殺し)
今奈良孝行(エッヘ)、小林健一(動物電気)、森下亮(クロムモリブデン)

強く推薦する方が身近にいたので、試しに行ってみる。
久々のRED THEATER。RED THEATERさんは好きな劇場です。
RED THEATERの目の前のパプでビールが飲みたくなるが、禁酒中につき我慢我慢…。

それにしても病後復活第一発目がこの芝居って、刺激が強すぎるぞ。
ある意味チャレンジャーな自分。

開演前からずっとXのカバーが流れているので、どういう意味かと思ったら、本編にちゃんと絡んでた。なるほど。
そういった仕掛けを含め、細かい所まで凄く凝っている。
喪服を借りて着るという場面があるのだが、ちゃんと喪服のサイズが合ってないのに感心

はじめて観た劇団だが、非常におもしろかった。
内容は暴力あり、血あり、残虐描写あり、なのだが、不思議と不快感が無いのは何故?
古田さん辛みの、某芝居とか、某芝居とかは、グロくてかなり苦手だったのに。
その辺りが菜月チョビさんの演出の魅力なのだろうか。
音楽もツボだった。
役者さんも上手い。安心して見てられる。

自分たちの創っている芝居に、愛情と自信を感じる。良い劇団だわ。
役名等の書かれたペーパーも、ちゃんと配布。
休憩なしだったので、さすがに体力不足の自分は、終演後結構ふらふらでした。

蜉蝣峠、当日券情報

蜉蝣峠の公式サイトを見たら、すでに当日券情報がUPされていた。
まだ初日まで一ヶ月近くあるというのに、チケットの売れ行きが良いのでしょうね。
当日券の販売方法は、抽選の模様。詳しくは『蜉蝣峠』公式ブログ。

あ、最前列はC列みたいですね。
一応東京分は3公演確保済ですが、どんなものでしょう。
3月はムサシもあるけど、こちらはうっかり早い時期にチケット取ってしまいましたが、大丈夫なのだろうか…。

何て貴重な

テレビ朝日の「Qさま!!」
プレッシャーSTUDYのすっかり常連の亀治郎さんですが、今日の放送で何と現在公演中の松竹座の映像まで流れた!
化粧したままの、楽屋にもカメラ潜入。
テレビ朝日、どんだけ亀ちゃんが好きなんだよ!

TVばかり見ている日々…。まぁ暇だし。DVDとか借りてこようかな。

2月に見たい芝居

そろそろお酒が飲みたいーーー!
いつまで禁酒すれば良いんだーーー!

毎日少しづつ歩いて、体力回復中。
近場の劇場くらいから、観劇生活解禁しようかな。

そんな訳で、今月は全然芝居のチケットを確保して無いのですが、「これは見たいぞ」と思うものを挙げておきます。
果たして何本見られるか?

「スーザンを探して」 ~3/15 2月中には観劇したい
「ピランデッロのヘンリー四世」 2/12~3/1 千葉さん出演。これは絶対見る予定
「ALTAR BOYZ 」 2/10~2/22 あれ?明日プレビューか。評判待ち
「ベルゼブブ」劇団鹿殺し  2/4-15 知り合いのご推薦
「ビロクシー・ブルース」 2/2-2/22 ニール・サイモン×鐘下辰男で気になってるが、パスしそうな予感

3月はガジラもグリングもアッカーマンもあるし、新感線もレミゼもある。
早く体力を取り戻して、観劇生活復帰だ!
あ、3月はWBCもあるわーーーーーー。(毎日楽天のキャンプ見てます。久米島行きたいー)

亀ちゃん、オンステージ

「必殺仕事人2009」見ましたよ。
仕事人達がちょっと色気不足で、今までながら見状態だったのですが、今日は真面目に見ましたよ。

亀治郎、オンステージですか???

余りの大活躍にびっくり。
私、仕事人のヒガシは結構好きなのですが、並ぶとやはり着物の着方が全然違う…。

それに歌舞伎ファンへのサービスも有り。
芝居小屋からヒガシが涙ぐみながら出てきて、看板に「すし屋」と出てた時から笑っちゃってのですが、「お里は澤瀉屋だね」(だっけ?)にはもう大ウケ!
石倉さんも正しい悪役で良かったわぁ。

そんな訳でTVばかり見ています。
明日楽しみなのは、「テレビ朝日が伝えた伝説のスポーツ名勝負 ~いま明かされる舞台裏の真実~」2009年2月7日(土)19:00~です。

あ、明日から観劇生活早期復活の為、軽いウォーキングをして、体力回復大作戦です!(BLOGに書かないとサボりそうなので、自分に宣言)

「ラ・ボエーム」公開

RENTファンにお馴染みのプッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』
スクリーンに登場です。

私はオペラは全くの門外漢ですが、現代最高のドリーム・カップルと呼ばれる方々の主演だとか。
2月14日(土)から、新宿駅の「テアトル・タイムズ・スクエア」にて上映。
他にも全国各地で上映です。

公式HP

テアトルタイムズスクエア <上映時間>
10:30/13:15/16:00/18:45

どうでも良いが4日に試写会が行われ、石田純一が息子壱成の不祥事について語ったとか。

何でこんな話題を取り上げたかというと、療養中で暇だったもので、昼間のドラマの再放送とかよく見ていたのですよ。
先週まで「ひとつ屋根の下 2」が放送されていました。
それを見ると、ホント壱成くん、良い役者でもったいないなぁ…と。兄弟みな出世してるのに。
いや、私も某「大江戸ロケット」中止騒動で、わざわざ大阪公演のチケット取ってたので(しかも最前列だった)、当時中止被害にあった一人なんですけどね。

第16回読売演劇大賞

今朝読売新聞を開いたら、でかでかと「第16回読売演劇大賞」の記事。
ネット検索したら、昨日には発表されていたようですね。

何故かasahi.comに記事あり。

大賞はやはり「焼肉ドラゴン」です。今年はこの作品がぶっちぎりですね。
それだけの価値のある、素晴らしい作品でした。私は特にお父さん役の俳優さんがお気に入り。

それに大納得の宮沢りえさん。ノラの演技は文句の付けようが無かったし、千葉さん、段田さんと脇を固める役者さんも凄かった。
堤さんは正直、りえちゃんに押されていた感が…。

他の受賞者は以下のとおり。

大賞・最優秀作品賞 新国立劇場「焼肉ドラゴン」
最優秀男優賞 平幹二朗(「リア王」「山の巨人たち」)
最優秀女優賞 宮沢りえ(「人形の家」)
最優秀演出家賞 サイモン・マクバーニー(「春琴」)
最優秀スタッフ賞 謝珠栄(「AKURO」の振り付け)
杉村春子賞 中村勘太郎(「仮名手本忠臣蔵」の演技)
芸術栄誉賞 TPT
選考委員特別賞 中村吉右衛門(「逆櫓」「大老」の演技)

夏のRENT、早くも優先予約開始中

久々のまともな更新。コメント返し等、大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
ようやくPC復帰しましたが、現在療養生活を送ってまして、体調の問題で多分2月の中旬くらいまでは観劇自粛です。
うーん、ここまで体力落ちるとは、予想外だったなぁ。

1/24(土)より本日まで禁酒継続中。飲みたいとも思わない。人生初だ。
ラーメンとか、餃子とか、しつこい食べ物も大好きだったのに。
あ、コーヒージャンキーでもあったのに、コーヒーも飲めない!
その代わりケーキとか、プリンとかを好んでる。こんなの私じゃないわ!

そんな私がダウンしている間にも、容赦無く優先予約はやってくる。
RENTの来日公演の優先がもうはじまってた!

多分一番早かったのが、1/30からの赤坂ACTシアターの有料会員優先。
1/31からは赤坂ACTのメール会員、e+、キョードー東京などなど、優先が開始されてます。
まだチケットあるみたいですので、トライする価値有りです。

私は役立たずだったので、友人にチケット確保をお願いしてましたが(うりちゃん、ありがとーーー!)、なかなか良席が確保出来て満足。

公式サイトもOPEN  http://www.rent2009.jp/

youtubeにメッセージ、舞台の映像もUPされてるわーーーーー!
http://jp.youtube.com/RENTinJAPAN2009

これを見て、早く元気になろうと、誓う私でありました。
2月後半は見たい芝居が、色々あるのよぉぉぉ。

そんな訳で観劇も出来ず、PCに向かう時間も限られ(疲れちゃうので)、色々不義理してしまうと思います。スミマセン…。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »