リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 福袋♪ | トップページ | AUN次回公演 »

劇団AUN 「マクベス」

劇団AUN 「マクベス」
2008年12月26日(金)19:00
恵比寿 エコー劇場

作:W.シェイクスピア 翻訳:小田島雄志 演出:吉田鋼太郎
吉田鋼太郎 安寿ミラ 松木良方 大塚明夫 星和利
中井出健 谷田歩 坂田周子 千賀由紀子 林蘭 他

感想UPがすっかり遅くなってしまいました。記憶も薄くなってきたので簡単に…。

すっかり人気劇団になったAUN。
恵比寿エコー劇場では、すでにキャパが狭すぎるようで、今回もあっという間にチケット完売していました。
とはいえ劇団HPで追加券を受け付けたり、当日券のアナウンスもあり、その辺りの対応の良さも、観客の多さに繋がっていると思います。

鋼太郎さんの演出って、暴力的というか、怖いというか。
「リチャード三世」の時の、ジェイソンみたいなマスクと金属バットはかなり怖かったですが、今回もホラー映画かよ!と突っ込みたくなるような演出満載。
冒頭の3人の魔女が、まずめちゃめちゃ怖い。途中もグロテスク。怖かったよ~。

その怖い魔女はじめ、マクベスの様子が何と動画で楽しめます。

http://homepage2.nifty.com/aun-company/2008mac/macbeth.html

その一方でマクベス夫妻の心理等は、きっちりと描く。
安寿ミラさんのマクベス夫人が、出世欲の塊の猛女というより、強い女性なのだけど、夫を非常に愛していて、夫婦愛を感じられる2人だった。

鋼太郎さんのやりすぎともいえる演出の手法は、正直苦手ですが、シェイクスピアの物語を判りやすく観客に伝えるという点に、いつも感心する。

谷田さんはロス役でしたが、過去の観劇の記憶を振り返っても、ロスってどんな人が演じていたっけ?となるのですが、今回はさすがにくっきりとした印象を受けました。
男前だからというのも大きいですが、声や台詞回しがやはり劇団の方達の中ではずば抜けているなぁ…。

どうでも良いが、劇中で男性陣が黒のタンクトップになる場面があるのですが、皆さん鍛えた良い体で、見惚れてしまいました。

照明が今回は凝ってるなぁ、と思ったら、原田保さんでした。

記憶薄くなってるといいつつ、色々書いてしまった…。

« 福袋♪ | トップページ | AUN次回公演 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

花梨さん、お久し振りです!
雑事に取り紛れて全くチェックできていませんでした。
無念です…。
鋼太郎さんは、狂気と怒りと笑いを同時に観客へと投げかけ
られる役者さんなんですよね。
次回作のお知らせ、拝見しました!
今度は見逃さないようにしたいと思います。
(ちからこぶ)

とっても遅まきですが、(小声)今年もよろしくお願いします!

midoriさん、こちらこそお久し振りです!
コメントありがとうございます。そして私もこっそりあけましておめでとうございます。

AUN良いですよ~。ただ恵比寿エコー劇場はキャパが小さくて、チケットが取りにくく、大変でした。

次回作はサンシャイン劇場なので、苦労しないで済みそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/26880344

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団AUN 「マクベス」:

« 福袋♪ | トップページ | AUN次回公演 »