旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« K-20 怪人二十面相・伝 | トップページ | AKURO 悪路 »

こまつ座「太鼓たたいて笛ふいて」

こまつ座「太鼓たたいて笛ふいて」
2008年12月10日(水)18:30  紀伊国屋サザンシアター

作:井上ひさし
演出:栗山民也
出演:大竹しのぶ(林芙美子)、木場勝己(三木孝)、梅沢昌代(林キク)、山崎一(加賀四郎)、阿南健治(土沢時男)、神野三鈴(島崎こま子)
ピアノ演奏・朴勝哲

凄く評判の良い作品なので、楽しみにしていた。
なんたって大竹しのぶだ。誰もが認める凄い女優だ。

観劇してみて、満足度の高い芝居だった。役者もみな上手いし、破綻が無い。
でもどうにも自分の気持ちが入り込まなかったのは何故?

 

多分自分自身の問題だと思う。
風邪は治ったのだが、ここの所何故か疲れやすい。8時間寝ても眠い。
昨夜もビール飲みながら、楽天の試合の再放送を見ているうちにうたたね。目が覚めたら、ピッチャーがドミンゴになっててびっくり。(先発は岩隈投手。山崎選手のHRは覚えてるのだが…。)

私はかの有名な森光子主演の「放浪記」は一度しか見ていないのだが、案外記憶に刻み込まれていたみたいで。
何かイメージと違うという思いから、一幕は逃れられず…。
休憩でリセット出来たのか、二幕からの方がおもしろかった。
脚本もおもしろかったのだけど、ちょっと自分が疲労しているのかなぁ?

それでも惹かれたのは、林芙美子より、林芙美子の母、林キクと、島崎こま子。
精神的に凄く自由な母、キク。梅沢昌代さんが上手い!幕が進む度に、どんどん体が小さくなっていき、どんどんおばあちゃんになっていく!
神野三鈴さんのこま子も良かった!色々なことに翻弄されながらも、最後はしっかりと地に足をつけて生きている。素敵な女性だった。

私は少し古い時代(明治~昭和)の芝居が、無条件で好きなのだが、その理由のひとつが衣装。
着物と洋服が交じっているのが好き。
今回も芙美子の着物が、どれも素敵だった。

緩慢な自殺という言葉が、ひどく印象的。

« K-20 怪人二十面相・伝 | トップページ | AKURO 悪路 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/26095001

この記事へのトラックバック一覧です: こまつ座「太鼓たたいて笛ふいて」:

« K-20 怪人二十面相・伝 | トップページ | AKURO 悪路 »