旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ラ・カージュ オ・フォール 再観劇 | トップページ | 映画版@阿修羅城の瞳 »

ラ・カージュ オ・フォール 前楽

『ラ・カージュ オ・フォール~籠の中の道化たち~』
12月27日(土)17:30開演 日生劇場 2F

作詞・作曲:ジェリー・ハーマン
脚本:ハーベイ・ファイアスティン
演出:山田和也
振付:真島茂樹
出演:鹿賀丈史、市村正親、島谷ひとみ、山崎育三郎、香寿たつき、今井清隆、森公美子、新納慎也、真島茂樹、林アキラ 他

千秋楽の前の日。私にとっては最後のラ・カージュ。
日生劇場は開演前から人がロビーに溢れ、開演はやや遅れた。

今回は二階だったので、オケの中の様子もよく見えた。
市村さんのリアクションにもよく反応。凄く良い雰囲気。

そんなオケのリーダー、指揮の井村さんの手が上がり、音楽がはじまる。
それだけで劇場全体がワクワクする。

ホント素敵な空間。

二階からだと、更にカルジュさん達の動き、凄さが目に入る。
でも今日は何と言っても主役をじっくり堪能。

ザザ、可愛いなぁ。
夫を愛することも、家事も、子育ても、何でも一生懸命。
ザザのことを、みなが大好きなのもよく判る。

今突然思った。それってエンジェルじゃない。
エンジェルの原型って、ザザだったのかしら。そんなことまで想像。

ザザだって、きっと若い頃は色々あったのだろう。
辛いことだった、きっとたくさんあったに違いない。
それらを全て乗り越えて、ひっくるめて、今の素敵なアルマンがいる。
市村さんのザザには、そこまで感じさせるものがあった。

もちろん他のキャストもみな素晴らしかったけど、やはり今回は市村ザザに大喝采。
それでもキャストの方々、皆さんこの作品を愛しているのが、強く伝わってきた。

カルジュさん、二回目で大分覚えた。
うーん、もっと何回も見たら、全員覚えられるのに。
カーテンコールで鬘と衣装を取る姿も、素敵です。

良い作品だったなぁ。
ミュージカルを見たこと無い人にも、安心して薦められる。
そんな作品、絶対に必要。

« ラ・カージュ オ・フォール 再観劇 | トップページ | 映画版@阿修羅城の瞳 »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。以前、興奮してカキコしたラ・カージュ狂のおばさんです。又今日も嬉しくて思わず携帯から足跡残してます〜。実は私もあの日あの時あの場所にいたんですよ。しかも初演を一緒に観て感動して「何があってもラ・カージュだけは必ず二人で観に行こうね」と約束した友人と何年ぶりかで会って観劇してたんです。素敵なブログを書く方だなと思ってた方と同じ時間を共有してただなんて又々興奮して(笑)ます!観客も出演者も適度にノリが良くていい時間でしたね。私も最後の観劇でしたので手が赤く腫れるくらい拍手しましたよぉ。又何時会えるかわからない大好きなラ・カージュを満喫してきました。楽しかったですね。終わって又次観れる日を待ってしまいます。
それにしてもごめんなさいね、いつも興奮してて(笑)。嬉しい偶然に感謝です。

ラ・カージュ狂おばさま!コメントありがとうございます。

同じ日の観劇だったのですね。開演前から凄く良い雰囲気でしたよね。
それにしても、そんな風にお友達と再会して観劇なんて、素敵だわ~。

ラ・カージュは、出演者、スタッフさん、オケの方々などの、作品に対する愛情が伝わってくるのが、大好きなポイントです。
そういう作品がおもしろくない訳が無い!観客として幸せです。

いつかまた、この作品と素敵な再会がしたいですね。

花梨さま、年末年始の忙殺とその後の風邪のダウンを経て、ようやく拙ブログに記事アップできましたのでTBもさせていただきましたm(_ _)m
「ラ・カージュ・オ・フォール」は前回の1999年名古屋公演で一回、今回が一回と本当に観劇回数も少ないのですが、大好きな作品です。鹿賀ジョルジュはちょっとハラハラしましたが、市村ザザのラストのお相手にはこれほどふさわしい人は他にいないって感じでしたね。しっかりと記憶に焼き付けました。
今年もよろしくお願い申し上げま~す(^O^)/

ぴかちゅうさま

こんばんは。コメントありがとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します!

鹿賀さん、ちょっとハラハラしましたね。
でも素敵でした。ホント、今年の日本のミュージカルの中では、ピカいちだったと思います。
市村さん、これで最後は残念です。

こっそり呟かせて頂きますと、私は別所&岡コンビでいつか見たいなぁと思ってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/26626289

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・カージュ オ・フォール 前楽:

» 08/12/28 「ラ・カージュ・オ・フォール」日生劇場千穐楽 [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
{/hiyo_uru/} 「ラ・カージュ・オ・フォール」は1999年の名古屋公演を観ている。妹1の家に遊びに行ってそこから中日劇場に出かけて観たのだが、千穐楽だったかもしれない。カテコで岡田真澄が「この作品は本当に素晴らしいのでまた上演したい、いかがですか?皆さん?」というような挨拶をして客席一杯が賛同の拍手で包まれたことを思い出す。 それから9年、岡田さんは亡くなり、市村ザザは今回がラストの公演となった。鹿賀丈史をジョルジュに迎えてのファイナル公演、東京の千穐楽一回だけにしたが本当に観てよかった!... [続きを読む]

« ラ・カージュ オ・フォール 再観劇 | トップページ | 映画版@阿修羅城の瞳 »