リンク

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 空ソラの定義 | トップページ | ちひろ美術館 »

あれから

KERA・MAP#005『あれから』
2008年 12月18日(木) 14:00 世田谷パブリックシアター   一階後方

作・演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:
余貴美子 高橋ひとみ 萩原聖人 岩佐真悠子 柄本佑 金井勇太
赤堀雅秋(THE SHAMPOO HAT) 村上大樹(拙者ムニエル)
三上真史(D-BOYS) 植木夏十(ナイロン100℃)
山西惇 渡辺いっけい 高橋克実

家庭の話といえば、こちらの作品も。
高校時代に仲の良かった女性二人。現在の家庭とすれ違い、過去の話と家庭のずれが少しづつ元に戻る話。

脚本も演出も良かったし、役者もみな良かった。
でも『空ソラの定義』とは対照的に、こちらはどうにも私には「合わなかった」。

何でだろう?凄く生々しい部分もあるのに、私には凄く遠い世界に思えたのは。
セットや演出とか、良かったのになぁ。

以下、ネタバレ有り。

一組目の夫婦はお互い不倫をしているのだが、しかも中途半端に。
別に決定的なすれ違いもある訳では無いのに、家庭大事にしろよとか、思ってしまう私。
何か理由が凄く表面的というか、夫は自分の写真を理解してくる若い女性に恋をして出て行くのだけど、妻の痛みやリスクを全く判ってないうえに、結局モトサヤ。
愛人もなんだかなぁだし、妻だって不倫してるしで、もう見てて登場人物の行動が不愉快で仕方無い。

二組目の夫婦は金銭的にも恵まれているけれど、決定的な不幸の要素があり…。

何だかなぁ、結婚してて、とりあえず仕事もあって、平和なんだから、もういいじゃないと思ってしまうのだ。
ケラさんの芝居は何度か見たことかあるが、昔から「悪くないけど、私には合わない」だった。
だからかも。芝居そのものは、とてもよく出来ていると思いますよ。

« 空ソラの定義 | トップページ | ちひろ美術館 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/26443111

この記事へのトラックバック一覧です: あれから:

« 空ソラの定義 | トップページ | ちひろ美術館 »