« 2008年12月の観劇予定 | トップページ | 『屋根の上のバイオリン弾き』 »

ジョナサン・ラーソン トリビュート・コンサート

081204_16090001_2ジョナサン・ラーソン トリビュート・コンサート
2008年12月4日(木)14:00  シアタークリエ

出演:
K 、米倉利紀、ジェニファー・ペリ、辛源、田中ロウマ、Shiho、Mizrock 、白川侑二朗、
安崎求、 Eliana 、 Junear 、彼方リキト、中村桃花、戸室政勝、 YOKO 、高良舞子、田村雄一
ダフネ・ルービン=ヴェガ
ウィルソン・ジャーメイン・ヘレディア

当初行く予定は無かったのですが、オリジナルキャストのエンジェル役、ウィルソンが来ることになり、急遽チケット確保!

いやもうもうウィルソンはモチロンですが、ダフネも、他の出演者もめちゃめちゃ良かったー!
何度も客席に投げキスしてくれたウィルソン、アンコールで涙ぐんでたダフネ。客席の異常といってもいい熱狂。
本当に行って良かったです。今思い出しても、胸の奥が暖かくなる、素敵な時間でした。
客席後方には森山くんの姿も。

 

今回の功労賞は田村さん。素敵な声で、コンサートの進行役。女性は高良さんかな?
ウィルソンとダフネを交えたトークでは、「袖でスタッフがそろそろ時間と言ってますが、もっとお二人に聞きたいから、このまま続けます。」と。結局予定の90分を大幅に超過。約二時間のコンサートでした。

Seasons of Love Bで開始。ジョナサンの過去の曲を何曲か。
男性キャストだけの歌とか、とても良かった。フィルムに残ってる、子供番組の歌も素敵。
そしてステージにKさんと米倉さん。コリンズの「エンジェル・ドゥモット・シュナルド!」で、ウィルソン登場!

ウィルソンの「Today4 U」ですよ!CDで散々聞き、映画で散々みたエンジェルが、目の前にーーーー!発狂。
白のシャツと黒のパンツという服装でしたが、そこには紛れも無いエンジェルが!客席のテンション異常。
曲が終わるとコリンズの手を取って、袖にハケて行きました。

次に舞台上のドアがバーーーーーーンと開き、ミミ=ダフネ登場。曲はもちろん「Out Tonight」!
ああああCDでこちらも散々聞き倒した声が!豹柄のドレスでセクシーに踊ってくれました。

何かもうこれだけで大満足。涙もの。

その後にトークのコーナー。お二人と田村・Jennifer・辛源。
開演前ロビーに質問の用紙が置いてありました。
質問を読む時、会場にいる質問主を呼んでくれて、そちらに手を振ってくれるお二人、素敵。
個人的にツボったのは、Jenniferが質問を読み上げる時、名前が読めなくて、ごめんなさいと言いながら田村さんに助けを求めていたこと。Jennifer可愛いなぁ。日本語も初日よりかなり上手くなったし、努力家なのだろうな。

トークはそのうちblogに正確な内容がupされるでしょう(すまん…覚えてないのだ)

ダフネがジョナサンも好きだったクリスマスソング、ウィルソンが「tick,tick・・・BOOM!」から一曲。
そして米倉さん登場で「I'll Cover You!」。ちゃんと手を取り合ってぐるぐる回ったり、コリンズが後ろから抱きしめたり、キスしたり…。
米倉さん英語で歌ってたけど、途中で日本語も交じったのはご愛嬌。
その後は「Another Day」。もちろんKさんとダフネ。ロジャーパートは日本語でしたが、出来れば英語で聞きたかったな。

全員で「Love Heals」~「Finale B」
アンコールはもちろん「Seasons of Love」

何度も客席に手を振ったり、投げキスしたりするお二人でした。最後ウィルソンは彼方リキトさんとふざけてました。

セットリスト等無かったが残念。せめてロビーに貼ってほしかった。
とはいえ構成も良かったし、ミミとエンジェル呼んでくれて、東宝さん本当にありがとう!

« 2008年12月の観劇予定 | トップページ | 『屋根の上のバイオリン弾き』 »

芝居以外・ライブ関連」カテゴリの記事

コメント

花梨さん初めまして。いつも『うん、うん!』と頷きながら楽しく読ませていただいてます!

やっぱり無理してでも行けばよかったです、コレ。(二日は行けたのに散々悩んだ挙げ句行かなかったので…)
しかし森山さん客席にいらしたとは!…なぜ出演しなかったんでしょうかね?

私もあのセットを思い出して自粛してましたが、やっぱりもう一回観よう!と、先ほどチケット追加しちゃいました(笑)
やっぱり千秋楽も行きたかったです…。
またお邪魔させていただきますので今後ともよろしくお願い致します。

genaさま、はじめまして!
いつも読んで頂けているなんて、感激です。

森山くんは他の仕事でも入っているのかな?と思ってたのですが、開演ギリギリにクリエの方に案内されて、上手側の後方の席に座ってました。

それにしても、日本にいて、オリジナルのミミ&エンジェルを見ることが出来るなんて、本当に貴重な体験でした。
お二人も、出演者も、とても楽しそうでしたし、もちろん客席も盛り上がりまくり!
この企画を考えてくれた、東宝さん、本当にありがとう!です。

また好き勝手なことを書いていきますが、よろしくお願い致します。

花梨さん、こんにちわ。

あぁ、やはり行けばよかった・・・
悔しいです!
えんじぇる・・・、みみ・・・・(涙)

先日、4回目の観劇に行ってきました。
キャストは成長してますね。
森山くんはホントいろいろ考えてますね。
あ、今回は「シコシコバンザイ!」でした。
この前行ったときは
「Mucho masturbation!」だったのに。
そのときによって変えてるのかも知れませんね。

さんたさん、いつもありがとうございます。
ナマでダフネとウィルソンを見るなんて、もう二度とないだろうから、思い切って行ってきました。
最後涙ぐんだダフネは、めちゃめちゃキュートでした。

森山くんは色々工夫してますね。私はあと一回の予定ですが、どんなRENTになっているのか、とても楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョナサン・ラーソン トリビュート・コンサート:

« 2008年12月の観劇予定 | トップページ | 『屋根の上のバイオリン弾き』 »

リンク

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30