旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« RENT 11/8ソワレ その1 | トップページ | 今更だけど日本シリーズ »

RENT 11/8ソワレ その2

『RENT』続きです。Rent1108_2

先日友人と観劇の楽しみ方について、話していたのだが、演出に拘る私は少数派なのかもしれない。
RENTは何と言っても曲が素晴らしいから、演出に拘りが無ければ、きっと今回の公演も無条件に楽しいのだろうな…。

オリジナルに拘る必要は無いと思う。今回の演出で好きな部分もあったし。
ただエリカ・シュミットさんの演出の方向性が、決定的に私の好みに合わなかったというだけ。
象徴的なのがマークのキャラクター作り。眼鏡もお馴染みのマフラーも無くても良いけど、どうにも私には違和感が。

前方の席で再観劇したら、考え方がかわるかなぁ。
大好きなミュージカルである『ナイン』は、演出違いで3パターンみて、いずれも良かったのだけど。

クリエはロックミュージカルには向かない。音響が悪すぎる。
「Christmas Bells」とか、誰が何歌ってるのか、さっぱり判らない。
クリエは舞台が狭くて、大きなセット組めないのは致命的だなー。
『デュエット』のような、少人数の作品には向いている劇場だけど。
キャパが大きくなってしまうけど、赤坂ACTシアターは音響良いし、高さも十分すぎる程使えるし、来日公演の劇場としては良い選択。
ロビーの最悪さは、クリエ以下だが。(ACTは観客としての居心地の悪さはトップレベルです。)

 

以下、演出面でのネタバレ有り。

この二点だけは演出家に意図を聞きたい。
・「I’ll Cover You (Reprise)」の後ろの、青い人たちを出した効果。
・「What You Own」で突然スタンドマイクで熱唱するロジャー。

違和感を感じたのは私だけだろうか…。
その他思ったことを、つらつらと。

■セット
中央やや上手よりに、回転するマークとロジャーのお部屋のセット。
このアイデアは結構好き。鍵の受け渡し等、屋外とのやり取りが判りやすい。
ただこのセットが舞台を占めたことによって、舞台面を広く使えないという弊害も。
背景の階段も、もう二段くらい組めないのか。

上手と下手に組み立てられたパイプ。
横幅が無い劇場だから、狭そう。

■ダンス
ダンスの振り付けはほぼ変更。残念。ダンス部分は全体的に迫力不足。
「Out Tonight」のミミの振り付けが、個人的に大好きなので、変更は激しくショックだった。
でもミミ役のJenniferさんの歌はとても好き。

■コリンズとエンジェル
めちゃめちゃ良かった。歌も演技も。可愛いカップル。
田中ロウマさん、裏声がやや厳しいのが残念だけど、エンジェル良かったよー。
米倉さんのコリンズは、インテリっぽくて素敵。包容力に溢れた素敵なコリンズでした。
エンジェルがサンタコスでは無いのはちょっとショックでしたが。
あとセットの都合か、「Today 4 You」の登場場面で、すでにお客から見える位置でスタンバイしてるのは、興醒め。
(細かい所で申し訳ないが、こういう些細なお客の視覚効果を考えない演出が、いちいち私は気になってしまう。)
「La Vie Boheme」のエンジェルの衣装は、もっと可愛いのにしてくれー。(ミミとモリーンの衣装はセクシーで可愛いのに。)

■アンサンブルさん
これはめちゃめちゃ上手かったです。皆さん。
アレクシーは中村さん?拍手起こってた!

■Over The Moon
ここの演出変更は、判り易さ、盛り上げを重視しててOK。
モーリーンの望月英莉加さん、頑張ってた!ただ森山くんと並んで、歌詞が聞き取れない。
 
■La Vie Boheme
机は無しだが、結構この演出変更は好きです。
ただダンスがいまひとつで、盛り上がりに欠けてしまった。(全体的にピンとこない。)

これはRENTに限った話では無いけれど、日本のミュージカルでは歌を重視すると、ダンスや演技部分はおざなりになるよなぁ。
森山くんくらい踊れるなら、むしろマークよりエンジェルで見たいのだが。

■アクシデント
些細なことだが、「Today 4 You」の前、コリンズがマークとロジャーに、タバコやあれこれ投げる場面で、ひとつがセットから舞台に落ちた。
次が「Today 4 You」だから、誰か早く気が付いて拾ってくれーとドキドキした。
なかなか誰も気が付かなかったが、ようやく森山くんが気付いてくれた。ホッ。
舞台慣れしている役者さんが少ないから、森山くん頑張ってくれー。

■Good Bye Love
今回の舞台で一番感動した曲。
RENTは観る度に感動するポイントが違うのだけど、ミミ役のJennifeさんが凄く好きだったこともあり、「Good Bye Love」は胸に迫った。
Jennifeさんの出演日のチケット、増やしたい。

ざっと思い出した点はこれくらい。(二幕は「Without You」等、演出変更で判りにくくなりすぎだと思うが、二度目の観劇で再度確認したい。)
歌に関しては本当に問題なし。舞台慣れしてないキャストに対する不安も全くなし。
上演を重ねていくうちに、もっともっと良くなりそう。望むなら、もう少し各キャラクター同士の関係性を深めて欲しい。

12月までチケットを取っていないのですが、11月中にもう一度観たいなぁ。

« RENT 11/8ソワレ その1 | トップページ | 今更だけど日本シリーズ »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

>演出に拘る私は少数派なのかもしれない。

演出ネタばれ、興味深く読ませていただきました。
そういう楽しみ方、こだわりがあるというのは
花梨さんがたくさんの舞台をこれまでにご覧になっていて、身比べる醍醐味をよくご存じだからこそ…ですよね。


私もエリザベートを東宝版とウィーン版両方で見たとき、
同じ話、同じ曲であっても演出の違いで全く印象の違う舞台になるのだということを実感してとても驚きましたし、「演出」に着目して見比べる楽しみを知りました。


>「What You Own」で突然スタンドマイクで熱唱するロジャー。

オリジナルと映画しか知らないので(映画もこの曲はPVみたいな演出で?でしたが)お聞きしているだけで不思議な感じがします。
どういう場面設定なのでしょうね…?

みずたましまうまさま

こんばんは。ネタバレ満載のレポ、読んでしまったのですねー。
演出も気になる時と気にならない時がありますね。
今回のRENTは見事に私のイヤっと思う部分を刺激してしまったようです。
他にも細かい部分で気になったことも多々…。

「エリザベート」も演出が変わったらぜひ観たい演目です。
東宝版はかなり辛い…。

でもメゲずにRENTは再観劇しますよー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/25199169

この記事へのトラックバック一覧です: RENT 11/8ソワレ その2:

« RENT 11/8ソワレ その1 | トップページ | 今更だけど日本シリーズ »