旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 古田新太さん関連 | トップページ | レ・ミゼラブル@宮城 »

RENT 11/12ソワレ その1

Rent_1112 『RENT』
2008年11月12日(水)19:00
シアタークリエ  最前列センター(エンジェルシート当選!)

森山未來、K、Jennifer Perri
米倉利紀、田中ロウマ、Shiho、望月英莉加、白川侑二朗 

安崎 求、Eliana、Junear、彼方リキト、中村桃花
戸室政勝、YOKO、高良舞子、田村雄一

この日昼間自由劇場に行っていたので、運試しにクリエ有楽町へ。
ロジャーをもう一人のKさんで見たかったし。

昨年まで抽選に外れに外れて連敗中だった私。
とはいえGWに行ったBWで見事当選。今年の運は全て使い果たしたかと思ってました。

窓口の方に整理券を貰い、名前と電話番号を知らせてる。
クリエの劇場の人は、いつもてきぱきしてて、気持ちが良い。

6時からいよいよ抽選開始。この日は55人。
クリエ一階のホワイエに整理番号順に並び、抽選。
当選した人に拍手してください、との前フリもあり、おもしろかったー。

奇跡的に番号が呼ばれる!嬉しかった!当選者はチケット購入の際、自分の名前が確認出来るものが必要。クレジットカードでも、本人確認はOKでした。(支払いは現金のみ。)

よく考えたら2008年は2戦2勝!今年の運は全て使い切った!
(以下ネタバレ有り)

 

前回観劇時に、キャストのことは余り書かなかったのだが、正直言うと薄いRENTだな、と。
演出ショックで頭がパニックで、そこまで意識がいかなかったのもアリ。
個々のキャラクターとしては、何とか成立してても、役同士の関係性が薄いし、何よりも苦悩や焦燥感(特に二幕以降)といったものが、伝わって来なかった。

二回目の観劇は最前列だったこともあり、また若いキャストが多いからか、(えらそうですが)成長してる。非常に好印象。
まだまだな部分も多いけど、とにかく必死で、こんなに魂込めて演じていたら、二ヶ月持つの?というくらいの迫力。
特に前回全く友情を感じられなかったマークとロジャーは、二人のシーンが非常に良かった。

ただロジャーは二人とも線が細いかな。何故ミミを愛することに躊躇するのかが、もっと伝わると良いのだけど。

コリンズは芝居部分は目を瞑ることにした(笑)
でも好きだなぁ、米倉コリンズ。めちゃめちゃ伝わってくるものがある。

エンジェルはもっと踊れる人をキャスティングして欲しかった。
机に飛び乗って、ジャンプしない「Today 4 U」なんて…。
それでもロウマエンジェルも好きなんだなぁ。もう少したおやかなエンジェルが、私は好みなのだが、これは人それぞれ。

今回最前列で見たから、舞台の後ろや暗がりにいるときもよく見えたのだけど、ほんっっっと二人ラブラブ。可愛いー。
しかもキスが半端じゃなく、激しい!「La Vie Boheme」の時だったかな?凄まじいディープキスに、見てて照れました。

それでも演出で大分損してる。コートを買う場面も全然目立たないし、そのコートが二幕以降もずっと生きてくるのに、コートはどこへ?だし。
エンジェルの衣装も、生足で気の毒。せめてカラータイツを。パンツも可愛くないぞ。

エンジェルはめちゃめちゃ人気あるキャラクターだから、ハードル高いけど頑張れ!

一方ジョアンヌとモリーン。こちらは二人の間の空気がいまひとつ。
話はそれるが、「Seasons Of Love」のソロは、何でアンサンブルさんじゃないのだろう???Shihoさんの声質に合わない。

ベニーの白川さんが、前回より存在感があって、良かった。

全体的にはやはり芝居経験のある人を、もう一人くらい主要キャストに入れた方が良かったかも。
それでも音楽の持っている力で魅せてしまうのが、さすが「RENT」。

そして肝心の森山マーク。
うーーーーーーーーーーーん、上手いし、工夫もしているし、申し分無いのだけど、私はあの役の創り方が苦手。
あれは私の見たかったマークでは無い。

「RENT」という作品の中で、例え演出等で変更点が出たとしても、絶対に変えるべきでは無い部分というのがあると思う。
今回の新演出は、私の感じる「変えるべきでは無い」部分を、悉く変更している。
そのひとつがマークのキャラクター。

世間のRENT好きの方々に比べたら、私の見たRENTの数は全然少ないのですが、マークのキャラクターは、絶対にプレることは無かった。
マークは全体のナレーターでもあり、仲間を繋ぐ役。そして作者本人が投影されていた役の筈。
マークのキャラクターを変えてしまったら、作品のバランスが崩れると思う。
他の登場人物なら多少キャラクターが違ってもOKだけど、マークだけは駄目。
幾ら「新たしいRENT」でも、私はこれはどうしても受け入れられない。

今回の東宝版RENTは、森山くんのマークが前提の企画なのかな。想像に過ぎないけど。だとしたら、企画した人に意図を聞きたい。もちろん森山くん個人は、良い役者さんだと思いますよ。

しかし他に踊れる人がいないのか、マークばっかり目立つ所で踊ってるのも、どうにも違和感…。

演出については、また別途。二回目の観劇でもっと書きたいことが増えてしまった…。(どれだけ演出に不満なんだ、自分。)

« 古田新太さん関連 | トップページ | レ・ミゼラブル@宮城 »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/25339346

この記事へのトラックバック一覧です: RENT 11/12ソワレ その1:

« 古田新太さん関連 | トップページ | レ・ミゼラブル@宮城 »