旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« SAMURAI 7 | トップページ | 鴨川の旅 »

江戸宵闇妖鉤爪

「江戸宵闇妖鉤爪」― 明智小五郎と人間豹 -
2008年11月17日(月) 11:30 
国立劇場大劇場 2階上手より

作:江戸川乱歩「人間豹」より
脚色:岩豪友樹子   
演出:九代琴松

出演:松本幸四郎・市川高麗蔵・市川春猿・市川染五郎・澤村鐵之助・松本錦吾 ほか

江戸川乱歩の作品が歌舞伎になったのは、初めてとのこと。少々意外だった。
染五郎さんのアイデアとか。まずはその着眼点が素晴らしい。

脚本・演出とも、突っ込み所はあれども、そんな野暮を言いたくなくなる勢いのある芝居。
作り手側の意欲が伝わってくる。
私はこういう芝居が大好き!昔の猿之助さんのお芝居がこうだった。

 

欲を言えば、上演時間が短いので、原作の「ココも入れて欲しかった!」という部分があること。
原作の最初の火事の件り(恩田が執拗に神谷を憎む理由)がある方が、話が判りやすいかも。ただその部分をじっくり描いてしまうと、冗長になるかな?とも思うが。

それともっと人数が欲しかった!今月も歌舞伎はあちこちの劇場で上演されているから、難しいとは思うが、最後の捕り物など、もっと三階さんがいたら盛り上がったのになぁ、と実にもったいない。

でもホント良かった。おもしろかった。

原作の書き換えも実に上手い。レビューの女優が、お蘭という役者になっているのが、素晴らしいアイデア。
踊りで舞台も華やかになるし、染五郎さんの鼓も堪能出来るし、歌舞伎の舞台で上演される意味が大いにある。
廻り舞台を使って、支度小屋から舞台へ変わるのも効果的。

舞台美術がとても良い。
冒頭の不忍池の蓮、第二幕の菊。日本の舞台は美しい。
(菊人形は何かびっくりの仕掛けがあるかと思ったら、肩透かしだったが。)

見世物小屋のあたりがやや物足りないのだが、最後の宙乗りの盛り上がりで、全て払拭。
二階から見たからか、雪の舞う中の人間豹の宙乗りが、実に美しかった。

今回三役の春猿さん、持っている味が120%生かされていた。この芝居の雰囲気にぴったり。

こういう芝居を観劇出来るのは、観客としてとても幸せ。大好評も頷ける。
第二弾も楽しみ!

【追記】
大切なことを書き忘れた。
音楽が秀逸でした。「歌舞伎」と銘打った舞台で、洋楽が多用されるのにどうにも違和感を感じるので、今回の音楽の使い方は、素晴らしかった。
専門的なことは判らないけれど、新内、そして太鼓の音がとても効果的だった。

« SAMURAI 7 | トップページ | 鴨川の旅 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

花梨さま
ほんとにおもしろかったですね!
観客を楽しませようという幸四郎さんや染五郎さんの工夫が
随所に活かされていて、それは猿之助さんの精神にも通じていて、
とても楽しむことができました。ツッコミどころがあるのも
ご愛嬌で、次回作への宿題です(笑)。
2階であの宙乗りをご覧になれたのはほんとにうらやましいです。
私もできることならもう一度観たいなぁ。

スキップさま
こんばんは!スキップさんの熱烈レポ、何度も読み返しましたよ~!
ツッコミ所すら愛しい芝居です。
「人間豹」も読みましたが、上手くアレンジして舞台にしていると思います。
今から第二弾が楽しみです。

ラストでのフライング。
2階で観れたのは本当に羨ましい!
大凧から染様が登場する瞬間とか、
私の席からは全く見えませんでした。(残念)

>原作の最初の火事の件り(恩田が執拗に神谷を憎む理由)
あー!これこれ!!
この理由って今回の芝居では全く触れてませんよね。
原作も何も知らない私にとっては、最大の疑問でした。
これは原作読んでみたくなりました!

麗さん、こんばんは。
楽見られたなんて、羨ましい!ぜっっっっっったい麗さんは気に入ると思ってましたよ。

セットや舞台美術も凄く綺麗だったので、二階席で堪能しました。

原作は観劇後に読みました。明智シリーズ、小学生の時以来なので、今続けて読んでます。

はじめまして!ちょくちょく覗かせていただいていたのですが、初めてコメント入れさせていただきます。(皆様からお噂はよく伺っておりました♪)
『江戸宵闇妖鉤爪』めっちゃよかったですよね~♪近ければもう一度行きたかったです。やっぱり原作は・・・読んだ方がよさそうですね!
また、お邪魔させていただきます!どうぞよろしくお願いします!

かずりんさん!はじめまして!コメントありがとうございます。
私もかずりんさんのBLOG、ちょくちょく覗いてましたよ~。

原作おもしろいですよ。この場面が歌舞伎ではこう書き換えてたのか!というのも判って、より一層楽しめます。
第二弾はどんな作品になるのか、期待・大です。

私も近いうちに、BLOGに遊びに行きますね!こちらこそよろしくお願い致します。

感想書けたので、再びコメントを。

原作は読んでないのですが、、、
途中休憩の時にイヤホンガイドで原作のストーリーを、
紹介してくれてたので、そこで勉強しました。(笑)
ほんと原作を上手く活かして、よく歌舞伎に仕立てたなぁ~っと、
感心しましたよぉ。

私も菊人形に何か仕掛けがあるのかと思って、
マークしてたんですが、、、何も無かったですね。(笑)
見世物小屋のシーンも、花梨さん同様、
物足りなく感じてました。
ってか、あまりにも陳腐だなぁっと。
あのヌイグルミがー!(笑)

自分の感想がめちゃくちゃ長くなってしまったのですが、
お時間のある時にでも覗きに来てくださいませ♪

麗さん、こんばんは!
もの凄い力作の感想を書かれたと!のこと。後ほど楽しく読ませて頂きます。

見世物小屋はちょっとおどろおどろしさが足りなかったような。明るい見世物なのですよ。
それこそ「身毒丸」のような、「見てはいけない世界」といったような危なさが欲しかったかなぁ。

でもでもほんっとおもしろかったですよね。
楽に行かれた麗さんが羨ましい…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/25599963

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸宵闇妖鉤爪:

» 『江戸宵闇妖鉤爪』@国立劇場 [ARAIA -クローゼットより愛をこめて-]
急遽譲って貰ったチケットを握り締め、、、(笑) 行ってきました、千秋楽公演!! 「江戸宵闇妖鉤爪(えどのやみあやしのかぎづめ)」 ... [続きを読む]

« SAMURAI 7 | トップページ | 鴨川の旅 »