リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 西武ドームに来てます | トップページ | パ・リーグの一番長い日 »

から騒ぎ

彩の国シェイクスピア・シリーズ第20弾「から騒ぎ」

劇作・脚本:シェイクスピア
演出:蜷川幸雄
翻訳:松岡和子

配役:
ベネディック(貴族の若者) 小出恵介    
ビアトリス(レオナートの姪) 高橋一生       
クローディオ(貴族の若者) 長谷川博己
ヒアロー(レオナートの娘) 月川悠貴
ドン・ペテロ(アラゴンの領主) 吉田鋼太郎
レオナート(メッシナの知事) 瑳川哲郎 他。

蜷川シェイクスピアのオールメールシリーズ。
シェイクスピアの生きていた時代に戻り、男性のみで上演するシリーズ。

以前見た「恋の骨折り損」が、余りおもしろいと思えず、男性のみで上演する意義を自分の中で見出すことが出来なかった。
でも何となく見てみたくて、ギリギリでチケット確保。鋼太郎さんが見たかったのだ。

大当たり!おもしろかった!!!!!
そしてシェイクスピアはやはり偉大だ。

 

「冬物語」もあのラスト(死んだ人が実は生きていた)に突っ込みたくなるのですが、今回も突っ込みたくなりました。
今回のキャストだと、マーガレットをヒアローと見間違えるのは無理がありすぎるし、ドン・ジョンの言う事を鵜呑みにするのも単純。
でもその辺りの何故?という点を力技で押し切るのは凄い。
それに男性だけで演じていることで、リアリティが無くなり、御伽噺のような物語に不自然さが無くなる。
オールメールならでは。

セット、そしてオープニングの演出も良い。衣装もセットに映えている。
今回は一階後方だったので、客席通路を歩く役者さんもよく見えた。さい芸はこれがまた楽しい♪
(ネタバレ→ただラストの降ってくる花は、余り美しくなかった。普通に花びらの方が綺麗だったと思う。

若者4人が、みな頑張っていて、とても気持ちが良い。
彼らを支えるベテラン組もさすが。鋼太郎さん、コメディの方が好きかも。

予想以上に楽しい観劇だった。

« 西武ドームに来てます | トップページ | パ・リーグの一番長い日 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/24596440

この記事へのトラックバック一覧です: から騒ぎ:

« 西武ドームに来てます | トップページ | パ・リーグの一番長い日 »