旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の30件の記事

小森生活向上クラブ

忘れちゃいけない古田新太さん初主演映画。
『小森生活向上クラブ』
いよいよ11/8より公開です!

しまった、今日渋谷にいたのに、劇場窓口でチケット買うの忘れたよ。

渋谷シネ・アミューズ
11:45/14:10/16:35/19:00~20:50

古田ファンの皆様、映画館へ行きましょう!

RENT@丸ビルライブ

東京駅近くの丸ビルで行われた、11/7開幕の日本版「RENT」のライブに行って来ました。
吹き抜けのスペースで、2、3、4階と人人人…。私は三階から見ました。
披露した曲は以下の通り。

・seasons of loveのインスパイヤ曲(Kさん)
・RENT
・I’ll Cover You (Reprise)
・Tango Maureen
・Seasons Of Love

ううう…、出演者云々以前に、イベントして少々お粗末だったなぁ。
チケットはそこそこ売れているようなので、ターゲットとしては、様子見のRENTファン、ミュージカルファン、演劇ファンに向けるべきだと思うけど、出演者のファンの人だけが楽しい内容になってしまい残念。

ちょっと興味のある人がイベントを見に来て、果たしてこの舞台を見たい!と思わせることが出来たのか?
(以下、辛口ですので、要注意で。)

 

続きを読む "RENT@丸ビルライブ" »

WBC原監督

良かった…星野さんじゃなくて…。本当に良かったです。

野球に興味ない人は、何で世間がこんなに星野監督就任に反対しているのかと疑問だと思う。
単純に北京で惨敗したから、バッシングされているのでは無いのです。
私が嫌なのは、最近の星野さんは、素人のファンより日本の試合見てないと思われるし、結局のところ野球を愛してないとしか思えないからです。
勝負ですから負けることもある。全力を尽くしての敗北ならここまで叩かれないのよ。
その挙句に選手壊して、球団に返されたら、そりゃ怒るって。楽天は被害が少なくて良かったけど。

結局読売主導の監督人事っぽいけど、それでもこんな大変な状況の中での原監督、応援するぞー!
北京の壮行試合で、星野JAPANを容赦なく叩き潰したのは原監督だ!あのセ・選抜チームは良かったなぁ。(パももう少しね、生で見てただけに。塩川頑張ってたので、まぁ楽しかったけど。)

アジア予選突破もかなり厳しい今回の大会だけど、私は楽しみ!アジア予選、見に行きたいー!

ミス・サイゴン感謝LIVE 『Oh!TAM!』

ミス・サイゴン感謝LIVE 『Oh!TAM!』
2008年10月26日(日)14:30~
LIVE HOUSE 「MOSAiC」下北沢

出演:横田裕市 神田恭兵
ピアノ:知野根倫子
ギター:真辺雄一郎
パーカッション:河野俊二
スペシャルゲスト:藤岡正明 シルビア・グラブ

サイゴンをまだ引きずったままだったので、面影を求めてライブに行ってきました!
トゥイで大注目だった神田くん、どんな歌を聞かせてくれるのかなという興味で。
豪華ゲストに大興奮でした!(ちらしが入ってたので、開演前に判っちゃったけど。)
特にアンコールのRENTがーーーーーーーーっ!RENTファンは発狂ものです。

 

続きを読む "ミス・サイゴン感謝LIVE 『Oh!TAM!』" »

レ・ミゼラブル@中日

サイゴンが終わり抜け殻状態…。
また午前中はMLB、夜はセのCSとTVで野球ばかり見てます。
セのCSおもしろいなー。パのCSが序盤に点差がつく試合が多くていまひとつだったのに比べ、凌ぎ合ってて面白い。

下記の演目が観劇済みなのですが、サイゴン惚けで感想は書けないかも。

「仮名手本忠臣蔵」Bプロ 平成中村座
「サド侯爵夫人」 東京グローブ座

あ、サイゴンの感想、途中だったので追記しました。

ミス・サイゴン 10/22 ソワレ 
ミス・サイゴン 10/21 マチネ

ところで私、別所ファンにあるまじき、とんでも無いことを思ってます。
サイゴンで藤岡くんの歌声を聴きながら、藤岡くんウォルターいけるかも?と。
ダメかなー。いや、再演が叶った時は、ぜひ別所ウォルターでお願いしたいのですが。

多分別所ファンの友人たちには、絶対反発喰らいそう…。

頭を切り替えて中日のレミゼの日程でも考えようと思ったが…。

公演日昼夜バルジャンジャベールエポニーヌファンテーヌコゼットマリウステナルディエテナルディエの妻アンジョルラス
3/6(金) 別所哲也 阿部裕 坂本真綾 今井麻緒子 辛島小恵 山崎育三郎 駒田一 森公美子 松原剛志
3/7(土) 別所哲也 石川禅 新妻聖子 シルビア・グラブ 辛島小恵 山崎育三郎 駒田一 森公美子 松原剛志
3/13(金) 別所哲也 岡幸二郎 新妻聖子 今井麻緒子 神田沙也加 小西遼生 三谷六九 阿知波悟美 原田優一
3/14(土) 別所哲也 阿部裕 坂本真綾 シルビア・グラブ 辛島小恵 山崎育三郎 三谷六九 阿知波悟美 松原剛志
3/15(日) 別所哲也 石川禅 新妻聖子 今井麻緒子 辛島小恵 山崎育三郎 駒田一 森公美子 原田優一

選択肢が少ない(泣)

ミス・サイゴン 10/23 マチネ 千秋楽!

『ミス・サイゴン』
2008年10月23日(木)マチネ
帝国劇場 1階席後方より

筧利夫・知念里奈・藤岡正明
坂元健児・鈴木ほのか・泉見洋平・池谷祐子

081023_13120001  081023_15060001

本日千秋楽!
藤岡くんの挨拶で、「大きな事故も怪我もなく…」という言葉がありましたが、本当に無事に四ヶ月の公演が終わって何よりです。

 

続きを読む "ミス・サイゴン 10/23 マチネ 千秋楽!" »

ミス・サイゴン 10/22 ソワレ

『ミス・サイゴン』
2008年10月22日(水)ソワレ
帝国劇場 2階席前方より

別所哲也・笹本玲奈・原田優一
岡幸二郎・シルビア・グラブ・神田恭兵・菅谷真理恵

本日で別所エンジニアラストです。
ああああ、寂しいよぉぉぉぉぉ。ほんっと素敵なエンジニアでした。

 

続きを読む "ミス・サイゴン 10/22 ソワレ" »

ミス・サイゴン 10/21 マチネ

『ミス・サイゴン』
2008年10月21日(火)マチネ
帝国劇場 1階席前方下手より

別所哲也・知念里奈・藤岡正明
坂元健児・鈴木ほのか・神田恭兵・菅谷真理恵

もう今日で自分的千秋楽にしてもいいくらい、凄い良かったよ~。

 

続きを読む "ミス・サイゴン 10/21 マチネ" »

極付 森の石松

『極付 森の石松』
2008年10月21日(火)
北千住・シアター1010 一階後方より

岡本さとる:作・演出

出演:
森の石松:市川右近
都鳥梅吉:貴水博之
おさわ:尾上紫
小せん:市川笑也 他

この舞台は何を目指したかったのだろう???
申し訳ないですが、かなり辛口です。

 

続きを読む "極付 森の石松" »

そろそろRENTに移行

「ミス・サイゴン」に燃えた季節もそろそろ終わります。
私も旅行中観劇していなかった分、ラスト・スパートする予定です。

11月になるといよいよ「RENT」が開幕!
さすがに現段階では、どんな舞台になるか判らず、大してチケットも押さえてません。

エンジェルシートは、最前列の約10席で5000円。
BWの抽選方式(舞台で使ってるのと同じようなゴミ箱を使用)が、なかなか粋だったので、そのままやってくれないかな。
(ただBWは二列分座席が確保。しかも20$と非常にお得だった。)

開幕に先立って、無料ライブがある模様。

開催日時: 2008年10月28日(火)午後7時スタート(約50分) 
開催場所: 丸ビル1階マルキューブ

どのくらいスペースがあるんだ?サイゴン@渋谷のような、混雑にならないと良いのだけど。
見られなくても、音楽だけ聴きたいなぁ。

パ・リーグの一番長い日

あれから丁度20年…。
演劇BLOGなのに、又しても野球の話でごめん。でもパ・リーグファンには特別すぎる一日なのだ。せっかく20年目なので、BLOGでも振り返ってみます。

昨日西武球場に行ったけど、超満員でした。
西武はそれなりに当時も人は入っていたけど、東京ドームでがらがらだった日ハム、閑古鳥が鳴いてた川崎球場のロッテ。
メジャーリーグなんて遠すぎて、よく判らない世界だった。

それがメジャーで活躍する選手続出。WBCは優勝。仰木さんや伊東さんが存命だったら…(涙)。
今日は岩村を応援している、金髪の子供がTVに映ってた。

20年前、パ・リーグなにそれと、巨人ファンに馬鹿にされていた時代。
10.19、近鉄とロッテのダブルヘッダー。絶対王者だった西武を、驚異的に追い上げた近鉄の最後の二試合。
ニュースステーションは緊急全国中継をし、ペナントのたった一試合の結果が、NHKで速報で流された。
翌日もニュースは近鉄で持ちきり、笑っていいともでタモリまでその話題。
そんな中、南海と阪急はこの年身売りした。(今日、元・阪急の中嶋がCSに出てたね。)

20年後、北海道・仙台・千葉・福岡で、パ・リーグが盛り上がるなんて、夢にも思わなかったなぁ。

から騒ぎ

彩の国シェイクスピア・シリーズ第20弾「から騒ぎ」

劇作・脚本:シェイクスピア
演出:蜷川幸雄
翻訳:松岡和子

配役:
ベネディック(貴族の若者) 小出恵介    
ビアトリス(レオナートの姪) 高橋一生       
クローディオ(貴族の若者) 長谷川博己
ヒアロー(レオナートの娘) 月川悠貴
ドン・ペテロ(アラゴンの領主) 吉田鋼太郎
レオナート(メッシナの知事) 瑳川哲郎 他。

蜷川シェイクスピアのオールメールシリーズ。
シェイクスピアの生きていた時代に戻り、男性のみで上演するシリーズ。

以前見た「恋の骨折り損」が、余りおもしろいと思えず、男性のみで上演する意義を自分の中で見出すことが出来なかった。
でも何となく見てみたくて、ギリギリでチケット確保。鋼太郎さんが見たかったのだ。

大当たり!おもしろかった!!!!!
そしてシェイクスピアはやはり偉大だ。

 

続きを読む "から騒ぎ" »

西武ドームに来てます

081018_16130001 CSシリーズ第二戦。ライオンズVSファイターズ

球場一面ブルーです。
しかしダルビッシュは鬼だわ。

帰宅後追記。
今日はバックネット裏でした♪見易かった。
ダルビッシュが凄すぎる…。一番本気モードだったのが、中島との対戦。昨日大当たりだった中島を3球三振って…。

大忙しの西武ブルペンに比べて、日ハムのブルペンがまったりしてて笑った。吉井コーチくつろぎすぎ!

あ、内野席にウエンツ瑛士くんが見に来てた。色白で綺麗な顔でした。始球式の高橋直樹さんも、多分近くの席で見ていたみたい。(ちょっと自信無い…)

石井一孝 4thCD発売ライブ

石井一孝 4thCD発売ライブ “同じ傘の下で”

10月12日(日) 14:00~ STB 139(スイートベイジル)081012_16270001_2
是方博邦(G)、渡辺剛(Key)、木村和夫(B)、鈴木達也(Dr)
ゲスト:今拓哉

Set List
01. Heartache, Heartache
02. 夢の通る軌跡
03. Mission
04. 月の水(今拓哉)
05. What you own (カズ+今 ミュージカル「RENT」より)
06. Meg's theme(「花嫁付添い人の秘密」より)
07. Sometimes(ミュージカル「BKLYN」より) 
08. Happy Birthday
09. No rain, No rainbows
10. HEART OF EARTH
11. Be myself !
Enc.
12. 同じ傘の下で
13. Life goes on !! (カズ+今)

感想が遅くなってしまったー。
カズさん、ソロライブ、とても幸せな時間でした。

 

続きを読む "石井一孝 4thCD発売ライブ" »

だから野球はおもしろい

081017_17570001 日本の野球が無くてつまらんので、ずーっとBSでMLBを見ている。
本日のリーグ優勝決定戦、後が無いレッドソックスvs王手のレイズ。
松坂は打たれるは、挙句にパペルボンは打たれるは、0-7で終戦と思った。

しかし怒涛の反撃!8-7で勝つとは!
オルティーズのHRが出た時は、鳥肌たったなぁ。

今年の5月にボストンに行ったということもあり、何となくレッドソックス応援なのだ。
レッドソックスのグッズもたくさん買ったしね。(写真はキャップ。デザインが気に入ってます。)

でもレイズのパーカー格好良いなぁ。レイズ、何となく楽天にかぶるし。どっちも好き。
ホントは楽天の選手がベンチで着ているパーカーが欲しいのだが、売ってないのかなぁ。

今日の夜からはパ・リーグのCS!
西武ドームのバックネット裏チケットが手に入ったので、週末行ってきます。

2006年のドラマは凄かったな…。どっちのファンでも無かったけど、涙止まらなくなった試合だった。

そういやもうすぐ10.19か。あれからもう20年。
会社で野球の話になった時、誰も10.19を知らなくてショックだった。

あ、今夜はスポーツ大陸もある!

ミス・サイゴン 10/15 マチネ

081015_14560001_2 ミス・サイゴン  
2008年10月15日(水)マチネ
帝国劇場 1階席後方より

別所哲也・知念里奈・照井裕隆
岸祐二・鈴木ほのか・神田恭兵・菅谷真理恵

約一ヶ月振りのサイゴン!オープニングからワクワクした!
そして久々の知念キム。母の愛に泣けた。

続きを読む "ミス・サイゴン 10/15 マチネ" »

べっしー@『ラヴ・レターズ』出演

別所さんのファンになって、自分の見られなかった過去の舞台に思いを馳せる時、『ラヴ・レターズ』のタイトルが必ず浮かびます。
過去の記録を見ても、繰り返し上演されていた別所さんと古村比呂さんのカップル。
何度も上演されたということは、きっととてもとても素晴らしかったのだろうと。
でも、もう見ることは叶わないのかな、と思ってしました。

『LOVE LETTERS』/別所哲也&古村比呂

日時: 2008/12/14(日)14時開演
会場: ル・テアトル銀座

2008年10月の観劇予定

先日中日劇場での『レ・ミゼラブル』のキャストスケジュールが発表されたが、べっしー登板日が少なくてがっかり。
しかも東山&藤岡とは一回も組まないし、べっー登板日には最悪ファンテ率が高いし。中日遠征に二の足を踏んでしまう…。

そろそろ旅行疲れも取れてきたので(写真の整理がまだ…)、観劇に本腰入れます!

「仮名手本忠臣蔵」Bプロ 平成中村座(10/9 観劇済)
久々に中村座行きました。楽しかったよ~。

「石井一孝 4thCD発売コンサート」 STB 139(10/12 観劇済)
カズさんの歌は幸せになります!

「ミス・サイゴン」 帝国劇場
ラストスパート!多分あと3回観劇予定。

「サド侯爵夫人」 東京グローブ座
今月実はこれが一番楽しみです。

「から騒ぎ」 さいたま芸術劇場
シェイクスピアものはなるべく外さないつもり。

私生活と石松はパスかなぁ?
そだ、千葉市美術館の「八犬伝の世界」が26日までだ。行かないと!

シリア・ヨルダン 旅日記8 最終回

ペトラの写真、もっと載せたかった…。たくさん撮影しました。
パルミナで写真が撮影出来なかったのが悔やまれます。

オマケで2枚。ペトラです。

0928_21  0928_22

ところでモロッコの時は、必ずホテルにあったハマム。
今回はプールやジャグジーはあるけど(もちろん泳いだ)、ハマムは無し。
だがペトラで散歩してたら、あったんですねー、ハマム。見つけたのが夜の10時だったので、諦めました。ハマム体験が出来ず残念。

翌日はモーゼ終焉の地といわれるネポ山マタバを観光し、お昼ご飯。
ネポ山からは死海も見えます。

0929_2  0929_1

その後アンマンの空港へ。ドバイ経由で日本に帰国。
ドバイでの乗り継ぎにかなり時間がかかり、さらに関西空港乗り継ぎでバテバテ。かなり疲れました。

ドバイー日本のエミレーツ航空は、いつも超満員。
この日は某お笑い芸人をビジネスクラスに発見。ドバイで休日?
ドバイは、観光でもビジネスでも日本から訪れる人が多いから、もう少し便が増えるといいのですが。

帰りの飛行機で別のツアーの方とお話しましたが、やはりお腹をこわす人続出だったとか。
harumichinさん説の、食器についてたサルモネラ菌が一番有力な気が。(そこに疲れと慣れない環境で悪化かな)
帰国しても治らなかったので、病院に行って、抗生物質貰ったらすぐ治ったし。(検査の結果は異常無しでした。)
抗生物質持ってたのに。飲めば良かったー。
中東へ行く方、整腸剤と抗生物質は必須です。

海外に行っても、いつもはポイントしかBLOGに載せないのですが(基本芝居BLOGだし)、今回はだらだらとシリア・ヨルダン旅行記を書きました。
何故かというと、シリア・ヨルダンが素晴らしかったから!
もちろん今年訪れた西安・ソウル・アメリカも素晴らしかったですが、日本の観光客も多く行っている場所です。
シリア・ヨルダンは観光してて、日本人に会うことはほとんど無かったし。

それでもヨルダン、特にペトラは映画の舞台にもなったので、TVで紹介されることも多いですが(私はそれで行きたくなった。ミーハーです。)、シリアのパルミラ遺跡があんなに凄いとは、不勉強ですが、本当に訪れるまで知らず、大変な衝撃を受けました。

バルミラでは橿原考古学区研究所の先生に特別にご案内頂きました。
日本の人に少しでもバルミラの素晴らしさ、日本の団体の活動を知って貰えればというお話を伺い、つたないながらも旅行記を書いた次第です。
シルクロード学研究センターのHP
それにアクシデントも多々あれど、めちゃめちゃ楽しかったんだよー!

治安も良いし、見所多いし、ホントお勧め!
イランも行ってみたいなー。とりあえずアラブ料理を食べたい。誰か付き合って~。

 

シリア・ヨルダン 旅日記7 ペトラ 11日目

この日はヨルダン観光のメイン・ペトラ遺跡です。写真多めでいきます。
ペトラといえばスティーヴン・スピルバーグ監督の「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」。
朝8:30にホテル出発。案外涼しいので楽。ホテルは遺跡の入り口からすぐ。

まずは有名なエル・カズネを目指します。
ペトラ遺跡の中は原則徒歩。あとは馬やロバや馬車。
遺跡入り口からシークまで約400m。ここは馬がタクシー代わりにいます。(チップは必要)

0928_1 0928_2

シークまでの間もオベリスクの墓ナバテア人がつくったダム跡が。
ペトラは大雨が降ると、洪水が起こり、観光客が巻き込まれたこともあったとか。

シーク、ペトラに入る道で1260m。両側の岩壁でできた細い道をずっと歩いていきます。
岩の形、色が、通る道ごとに変化してます。途中には祭壇のあとや、レリーフも。

0928_3_2   0928_4

私達の前を歩いてたガイドさんがおもしろくて、英語で変な説明はするし、ここは結婚式を挙げた所だと言って、突然ウチのツアーの夫婦の方を呼んで立たせたり。ウチのガイドさんはちゃんといるというのに。0928_5
しかも自分のお客さんの目を盗んで、私に名刺くれた。ナンパだったらしい(笑)だが名刺みたら、結構えらい人だった(爆!)

 

この道を大体40分くらい歩くと、岩の裂け目に何かが!

「インディ・ジョーンズ」と全く同じ光景です。
ようやくここでシークは終わり。
ついにペトラ遺跡で最も有名なエル・ハズネ(宝物殿)が姿を現します!

 

0928_6  0928_18

写真の左は行き。大体朝の10時くらい。右は帰り。午後4時くらい。
太陽光線によって、全く違った色となります。世界一美しい岩壁と言われるのに納得。

エル・ハズネで一息ついたあと、再び細い道を少し通ると、広場に抜けます。
砂絵ボトルの店があったり、ここで一息。ラクダやロバも一息。

0928_7 0928_8 0928_9

観光客も多数来てますが、半日のコースだとこの辺りで引き返すことが多いようです。
エル・ハズネがやはり有名ですし。だがエル・ハズネは入り口に過ぎません。ここからが凄いのだ!

再び歩きます。

0928_11 0928_12 0928_13 

列柱通り凱旋門を通り過ぎると、遺跡の中にレストラン。
足に自信の無い方はここで待っているようにとのこと。これから山道を約1時間登ります。
約800段の階段。足元の悪いところもあり、かなり怖かった!

途中も景色も綺麗で、遺跡も色々ありましたが、とにかくもうバテバテで歩くのに必死!よく覚えてません。
お散歩好きの私ですが、上り坂には弱かった。

0928_14  0928_15

約1時間弱必死に登り、山を上りきった所でようやくエド・ディル到着。しんどかったー!

0928_16

エド・ディルは修道院という意味です。エル・ハズネが高さ41m×幅27m、こちらは更に大きくて高さ40m×幅50m。

エド・ディルの休憩所でスプライトを飲んでようやくひといき。
更に山になっている所まで登ると、イスラエルが見えると言われたが、途中で挫折しました。

帰りも足元は危なかったけど、やはり行きよりは楽。
ふーふー言いながら上っている人たちとすれ違いながら、あと10分くらいで着くよ~などと声を掛けて励ます。
日本人には滅多に会わなかったのですが、学生っぽい男の子の二人連れが、頑張って上ってた。

レストランに戻り昼食後、ゆっくりとあちこち寄り道しながら帰路。
ペトラは6時までいられるとのことでしたが、4時で足が限界!ホテルに5時ちょっと前に戻りました。
これ一週間いてもまわりきれないよ…。

ペトラ遺跡、余りに奥深い…。

さていよいよ帰国です。次回でラスト。

 

シリア・ヨルダン 旅日記6 アラビアのロレンス! 10日目

この日衝撃のニュース。ダマスカスで爆弾テロ!市内では無いようでしたが、何にせよ居合わせないで良かった…。

0927_1アカバといえば、 アラビアのロレンスのアカバ攻略で有名。今のアカバは綺麗なリゾート地。
私が泊まったムーベクピックホテルにも、美しいプラベートビーチがあった。
空が青くて、海が青い。街にもお土産もの屋がたくさんある。

アカバの街でスーパーマーケットに行く。お酒を買おうとしたら見当たらない。
お店の人に聞くと、カーテンの後ろにアルコール売り場があった。
一応イスラム圏ですし。でもビールやワインは、かなり豊富に売っていた。

午後はワディ・ラムへ。映画「アラビアのロレンス」のロケ地として有名。

ベドウィンの方の運転する4WDに乗り、砂漠を走ります。
ワディ・ラムは環境保護の為、車で観光できる場所は極めて限られるので、本気であちこち見たい人はテントに泊まって歩いて行くらしいです。
砂埃がひどいので、ダマスカスで買ったスカーフを巻いていたら、ベドウィンの人がきちん巻いてくれた!嬉しかった!

0927_2 0927_3

キノコ岩、ロレンスの洞窟とまわり、7本の知恵の柱へ。
ロレンスの著書のタイトルの由来ですね。
そして井戸。映画みた方はすぐに判ると思います。
実際のロレンスも利用していたとか。

0927_4 0927_5

ワディ・ラム、雄大でした。

この日はペトラに移動。宿泊はムーベクピックホテル。
夕飯のレストランで、ウェイターのお兄ちゃんとお話すると、彼らは携帯取り出して、記念撮影となる。
こっちの人は写真好きだよね。

明日はついにペトラ遺跡!

シリア・ヨルダン 旅日記5 いよいよヨルダン 8~9日目

シリア最後の観光地はローマ劇場

0925_1 0925_2

 

 

 

 

 

1500人収容だが、緊急時は5分で全員脱出可能なように設計されているらしい。
えー日本の最近出来た劇場も見習って欲しい。

この後国境へ。
欧州で陸路の国境越えは何度か経験しているが、かなり時間がかかったイメージ。
シリア-ヨルダンは案外スムーズだった。

0925_3

焼きたてホブスとミックスグリル(おいしかったー)の昼食後、ジェラシュ遺跡。 
またしてもとんでも遺跡。ローマ都市なのでパルミラに似ている。そしてこちらもまだ1/3しか発掘されていないとか。 

 

 

0925_5 アンマン市内に入ると、巨大国旗がお出迎え!高さ126m、60m×30m!
アンマン考古学博物館(展示物は充実だが、建物はこじんまり。大きい博物館を作ると言ってて、早何年状態らしい。)を経て、メリディアンホテルへ。

ホテルのロビーではアラビア式のコーヒーを入れてくれるし、何とスタバもあった!
ホテルのレベルはヨルダンの方がよさげ。ただヨルダンのホテルは、入り口で荷物のチェックを受ける。

早めにホテルに着いたので、恒例の散歩。0925_6
カメラ片手に歩いてたら、とある建物の前で、入り口の詰め所らしき所から軍人さんが出てきて囲まれる!ぎゃー!
建物は写真撮ってないよと訴えるが、何のことは無い、日本人の観光客が珍しいだけだった。撮影して欲しいとか言い出すし。
最後は軍人さん達と仲良く記念撮影しちゃったよ。

ホテルに帰る途中で太陽が沈み、ラマダンが終わる。
道端でいきなりピクニック状態で、ご飯食べてる警備のおじさんに出くわす。
一緒に食べようって言われても(苦笑)

ホテルに戻り荷物チェック。でも警備のおじさん、アイス食べるのに夢中でモニター見てなかったよ。

9日目はアンマンを出て、世界遺産のクセイルアムラを経て、いよいよ死海
いきなり暑くなる。 東半分がヨルダンで西半分がイスラエル。
水分がどんどん蒸発している為、面積も小さくなっている。ダムを作ろうという計画があるが、両国の間でまとまらないらしい。

アンマン・ビーチ・ツーリスト・リゾートのビーチで、水着に着替えて浮遊体験!

0926_1 0926_2

 

 

 

 

 

うわーホントに浮く!お約束の新聞持って浮くポーズにもチャレンジしたが、案外波があって、あっという間にドボン!
泥パックを塗っている人も多数いました。

0926_3
死海で遊んだあとは、はしゃぎすぎてぐったり。アカバを目指すバスの中で爆睡。途中休憩で止まった時に、丁度夕陽が沈んだ。

アカバのホテルのベランダからは海が見えた。ベランダで久々にビールを飲む。涙が出るほどおいしかった!

サヨナラ、王監督

昨夜は余りに良い試合を見られたので、酔っ払って撃沈してしまいました。

王監督ラストゲーム。
楽天との裏天王山。(負けた方が最下位)

奪三振王のかかった杉内VS二桁勝利のかかった田中で、緊張感溢れる投手戦。
王監督の最後の試合を少しでも長くと野球の神様が思ったのか、試合は延長戦に突入。
12回表、チャンスで松中が併殺。
12回裏、実況が何度も「王監督の現役時代を知っている選手」と言った39歳山崎がサヨナラ。

ドラマのような結末だった。

サヨナラのあと、一軍登録外れた岩隈や首位打者のリックも良い笑顔で登場。
最終戦で良い試合をありがとう。楽天ファンとしても、パ・リーグファンとしても嬉しいです。

私が子供の頃から、ずーっとユニフォームを着ていた王さん。本当にお疲れ様。

昨夜のマメ知識。
走塁は草野より藤井なのか。キャッチャーの代走って珍しい気が。
(草野大好きだが、藤井も好きな私は、最後出番があってちょっと嬉しかった。)

明日はいよいよ半年振りの芝居復帰!

シリア・ヨルダン 旅日記4 救いの神、現る! 6~7日目

前日よりツアー内に体調を崩す人が現れだす。私は、とりあえず元気。だが同行者に夜中に不調になり寝不足。
朝の目覚めは良く、パルミラ・ホテルの周囲を散歩。無造作に遺跡があるのがパルミラの凄いところ。
ふらふらしていると、車に乗っている現地の人から、散々声を掛けられる。だがここで寝不足なのに体力を使ったことが、あとあと響く。

パルミラ遺跡、もう一日くらいいたかったなぁ。

ダマスカスを目指し移動。マルーラ村へ。080923_19390001
シリアでは珍しいキリスト教徒の村。キリストが話したとされるアラム語が 現在まで話されているという。
アラム語のお祈りも聞きました。とても柔らかい響き。

写真は聖テクラ教会

その後シリアの首都・ダマスカスへ。
昼食のレストランが素敵だった。敷地の中に木が!
現地の人が水タバコを注文しているので、ツアーの中の男性も注文。
ちょっとだけ吸わせて頂きました。アップルの香りです。

しかしこの午後から私の体調が悪化。観光どころでは無くなり、記憶が無い。
バスに残って横になっていたら、運転手さんが枕をくれた(涙)
最後に行ったコーカブ教会でやや復活。遅れて入ったら、教会のおじさんが片言英語で説明してくれた。ありがとう!

そしてこの日、救いの神が現れる!
なんとカメラを二台持っている人がいて、古いカメラを貸してくれるという!ありがとうっっっっっっ!

ダマスカスの宿はエブラシャームバレス。
体調不良で大好きな散歩も自粛。寂しい…。

翌日はダマスカス市内観光。朝は元気だったが、一個目の観光、国立博物館はパスし、お茶。お土産の獅子頭の怪鳥がかわいい。

その後職人街のスークで元気復活!カワイイ手工芸品がたくさん売ってるし、こじんまりしてて短時間で効率よく買い物出来ます。
ここでチェニック風のブラウス二枚とスカーフ購入。プラウスは長袖で涼しくて、その後の炎天下の観光に大変役に立った。お店のおじさんがとても良い人。

0924_1

よくわからない小道を歩くと、レストランが。ラマダンでとても静か。内装もロマンチック。
隣にイタリアから来た観光客の方が。日本に行ったことがあると聞き、盛り上がる。筑波へ行ったと言っていたので、仕事かな?(さすがにそれ以上は私の語学力では聞き取れず。)

午後もスークへ。こちらは相当大きく巨大商店街といった感じ。他にアゼム宮殿ウマイヤドモスクへ。再びねずみ男になる(笑)
ウマイヤドモスクは大きいモスクですが、装飾も綺麗で、何か落ち着いた。

0924_3 0924_4

 

 

 

 

シリアは今夜で終わり。明日は国境を越えて、ヨルダンです。

シリア・ヨルダン 旅日記3 パルミラ凄すぎ! 5日目

いよいよ今回の最大の楽しみ。パルミラ遺跡へ。
ホテルで朝ご飯を食べていても、窓から遺跡が見え、期待は高まります。

シルクロードを行きかう隊商たちが立ち寄った都市・パルミラ。
想像以上に面積がひろいっ!遺跡の広さは6000平方メートル。しかもまだ1/3も発掘されていないらしい。

080922_14460001  080922_16410001

列柱道路・四面門・野外劇場などを歩いたあと、ベル神殿へ。
ここはかなり綺麗に復元されているし、レリーフも色が残っているものもある。

そして本日のメイン・イベント、日本のシルクロード学研究センター発掘調査団による、特別案内!
シルクロード学研究センター発掘調査団の凄い調査成果はこちら

080922_18040001 家屋墓(現在発掘中)

転がっている石にも、ひとつひとつナンバリングがされている。
お墓もそのままだと盗掘されてしまうので、ちゃんと番人の方がいます。
地元の方が家族でテントに住んでました。赤ちゃんが可愛かった。(お父さんは少し日本語出来るの!)

ボルハ・ポルハの墓とタイボールの墓

080922_18570001_2 080922_19440001_2

 

 

 

 

 

 

 

 

パルミラでは3兄弟の墓、エラベル家の墓が有名ですが(もちろん見学)、ボルハ・ポルハの墓とタイボールの墓はなかなか入れないそうだ。
入り口に映画に出てきそうな、鍵が取り付けられている。(それでも盗難に合ったとか。)

中もかなり綺麗に修復されている。
修復方法としては、新しい部分を無理に古く見せないそうだ。だから壁とか、新しい部分は色が違うのですぐ判る。

シリアで日本の調査団が頑張っているのは凄いことだ!

この日は広大なパルミラ遺跡を炎天下の中歩きふらふら。最後にパルミラ博物館へ行ったけど、何を見たかもう覚えてない(苦笑)
夕方パルミラ遺跡が一望出来るアラブ城へ。曇ってしまい夕陽は見えず。残念!

閑話休題その2 岩隈21勝!

帰国してから野球ばかり見ている気が…。
昼間は大リーグ、夜は楽天。

本日東北楽天ゴールデンイーグルスの大エース、岩隈が21勝!
21勝投手は1985年以来とか!そして防御率・勝率も一位!
今日は防御率一位の争いもかかっていたので、一回からみているこちらが緊張。
スコアだけみれば8-0だけど、もうなかなか点取れないし、走塁ミスでチャンス潰しまくるし、6回まで死にそうでした。
山崎のHRが出た時はマジで涙でたー。

内野陣も素晴らしい守り!ちびっこ内野陣(除・一塁)スキとしては、嬉しい限り!
久々のドミちゃんの投球も良かった!

ヒーローインタビューが、岩隈・藤井のバッテリーだったのも良かった。(山崎は遠慮したのかな。)
藤井が泣きそうになってるの見て、ファンも涙だったよー。
昨夜のスポーツ大陸(毎回見てる。良い番組だよね。)を思い出したら、また泣けた。

緊張感のある良い試合だった!
パ・リーグはあと二試合。王さんのラストになるSBも、楽天も頑張れ!

閑話休題 ドジャースおめでとう!

ドジャース3連勝!地区シリーズ突破!
先発の黒田、好投だった!日本人として嬉しいぞ。
ちなみに私、ボストン時代のラミレスTシャツ持ってます(笑)

でもTV中継が全然無くて、ネットで見てましたわ。
便利な時代になってものだ。

http://www.justin.tv/socluis90

昨日は楽天もサヨナラ勝ち!リックの首位打者も確定。良い日だった。
でもリックと首位打者を争ってた、西武・中島とちゃんと勝負したのは気持ちよかった。
特に五打席目、川岸VS中島は良かったー!しびれた!

ところで不在の間に楽天凄い試合してたのね。
9/22、23の西武戦は生で見たかったよー。

22日の岩隈20勝も見たかったが、23日の試合、何ですかアレ(笑)

8回裏→西武5点取って逆転!球場お祭りムード。
9回表→エラーとヒットで満塁。押し出しのあと、ホセ満塁HR!凍りつく西武球場。

ハイライト見て爆笑。全力で西武の地元胴上げ阻止。
スポーツニュースも録画していたのですが、まだ全部見てません。
芝居復帰はサイゴンからかな?

シリア・ヨルダン 旅日記3 アレッポ散策 4日目

カメラの悲劇にもメゲず、この日は楽しみにしていたアレッポ
古い街大好き!散策大好き!スーク大好き!

ホテルは新市街の方だったようで、お散歩しても余り収穫なし。
まずはアレッポ城塞。街に突然巨大な城塞跡地出現する。写真が無いのが悔やまれる…。

081005_13340001

そしていよいよスーク
今回、他の都市でもスークには行ったけど、アレッポが一番おもしろかった。
道が狭くて、そこに色んな人がいて。

写真は、アレッポ名物、オリーブの石鹸
右側はジャスミンが入ってます。

この日はモスクにも。女性は当然そのままでは入れず、アバヤという上着を借りて着ます。
ほとんどねずみ男状態(笑)こちらも写真が無いのが悔やまれます。

昼食後、地元のおじちゃんらが話している輪に加わり、片言で談笑。
おっちゃんらに、シリア楽しんでね~と言われる。シリアはほのぼのだ…。

080921_22550001

ハマの水車を見学したあと、いよいよ今回の最大の見所バルミラへ!
携帯カメラで頑張るぞ!

シリア・ヨルダン 旅日記2 カメラよさらば(2~3日目)

関西空港から飛行機を乗り継ぎ、シリアの首都ダマスカスに到着。
ダマスカスの空港は「ちっちゃい!」でした。あとトイレも…。

シリアはとても良かったけど、ヨルダンに比べるとまだまだ観光慣れしてない?
そこがまた魅力でもあるのだけど。
だが世界遺産だらけで、他にも凄い遺跡が多すぎ!

この日はまずは「クラック・デ・シュヴァリエ」。近くの町ホムスでは、前日ガンバ大阪が戦っていた。
十字軍が駐在していた。ゴシック式回廊が美しい。

0920_1 0920_2

 

 

 

 

 

 

夜はラタキアの「シャームバレスH」泊。
ラタキアは素朴な海の側の観光地といった雰囲気。さっそく外でビール購入。
ホテルの前は海!飛行機で疲れてなければ、泳ぎたかった。

0920_3 0920_4

翌日はアレッポ目指して移動。
午前中「ウガリット遺跡」「サラディーン城」。見る遺跡が凄すぎて、早くもシリアにノックアウトな気分。
午後は「エブラ遺跡」。ここがとんでもなく凄かった。
広大な砂漠の中に、発掘途中の遺跡が。最古の部分はBC3500年とか。

0921_1 0921_2

 

 

 

 

 

しかし悲劇は起こる。遺跡に夢中になっている内にカメラを落とす
砂の地面でしたので、一発でカメラは使用不可能。あああ、三日目でこれはあんまり(涙)

夜はアレッポのプルマンH。レストランが賑わってて、地元のお姉さんと片言英語でちょっとだけ会話。シリアにようこそ、楽しんでねって何度も言ってくれた。

イスラム圏に旅行するのは、モロッコに続き二回目。
女性の印象は
随分違った。シリア・ヨルダンの方が、街で普通に女性を見掛ける。(もちろんきっちりベール等被っているけど。)
なのでモロッコみたいに、男性がギラギラしていない。(モロッコの男性のアプローチは、正直怖かった。)

シリア・ヨルダン 旅日記1「ラマダン」編

本格的な旅行記に入る前に、どのような「苦難」に陥ったか、まずは書いてみます。Sake

私達は丁度ラマダン(断食)の時期に旅行してました。
とはいえ観光客には大した影響は無し。ツアーのガイドさんも、「旅行者」ということでラマダンは自由意志らしい。

にも関わらず何故か日本人観光客の私達ツアーはラマダンをする人続出でした。
料理はおいしかったですよ。特に私はホンモスという、ひよこ豆のペーストがとても気に入った。

一体どんな苦難が降りかかったのか?
(以下、下ネタ嫌いな人は避けてください)

写真は苦難に陥る前に飲んでた、シリアのビール♪

続きを読む "シリア・ヨルダン 旅日記1「ラマダン」編" »

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »