旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の16件の記事

帰国@羽田

先ほど関空経由で無事帰国しました。
様々な苦難に見舞われた旅でしたよ〜。でもパルミラもペトラも素晴らしかったっ!

ネットは使えるホテルが多かったのですが、PCが日本語インストールされてなくて、旅先の更新は出来ず残念。
でも野球の結果はチェックしてたぞ。

さて、ちょっと休んだら、芝居の日々に戻ります。
携帯の充電がヤバいので、とり急ぎこの辺で。

いってきます@関空

さて、お芝居事情に心を残しつつ行ってきます。
あ、不在の間にリチャード三世の優先はじまったらどうしようかしら。
11〜12月のお芝居、全然チケット取ってないのです。
秋はソウルにも行きたいのですが、カン・ピルソクさんが今何に出ているのか不明。
なかなか海外のお芝居情報、キャッチするのが難しい…。

羽田→関空の間に楽天勝ったよ!しかも草野大活躍だよ!
ああ、こんな日に見られない私(涙)お立ち台だよね。見たかった!


では今からエミレーツ航空に乗って、ドバイ経由でシリアとヨルダンに行ってきます!
おともはべっしーのグッズさ。

海外旅行 準備その2

ようやくスーツケースを空港へ送りました。
国内もですが、どうも荷物を詰めるのに時間がかかる私。

今まで海外で日本食を食べたくなったことは無かったのですが(何でも食べる私)、昨年モロッコに行った時に暑さと疲れでバテて食事に苦労をしたので、その反省を踏まえ、以降の旅行では必ずご飯等を携帯している。甘くみちゃいかんわ。
具合悪くなったら、ホント日本食しか受け付けないもんな~。

「アラビアのロレンス」は結局徹夜して、特典映像まで全て見たぞ。明日忘れずに返却しなきゃ。
ああ、歌舞伎の感想書かずに終わりそう。「竜馬がゆく」はいっそ通しにして上演して欲しいなぁ。幕末スキとしては見たいぞ。
なかなかコメント残せませんが、色々な方のblogで、不在の間の観劇感想を読むのも楽しみ!

そして楽天が連勝した!嬉しすぎで、荷物詰める手も止まりました。
来週いよいよ岩隈が20勝掛けて、おそらく西武戦登板なのだが、日本にいないよ。
多分その頃はパルミラ遺跡を見ているでしょう。
バルミラのホテルに、インターネット可能なPCはあるか?日本語はインストールされてるか?

『屋根の上のヴァイオリン弾き』

昨日市村正親さんが、「徹子の部屋」に出演していたが、その際『屋根の上のヴァイオリン弾き』の上演について語っていた。
おお、再び上演するのね!ただ気になるのはキャストだ。

2004年版の三姉妹は素晴らしかった。
香寿たつき・知念里奈・笹本玲奈の三姉妹だ!
特に玲奈ちゃんが素晴らしくて、ハンカチがぐっしょりする程泣かされたものだ。

今回のキャストが気になる…。

アラビアのロレンス

大昔に見たが、今、見返し中。
うーん、やはり映画館の大画面で見たい。でもおもしろすぎだ!

何で見ているかというと、ロケ地に行くからです。
モロッコでも「アラビアのロレンス」のロケ地に行きました。
その時はもうすっかり映画を忘れていたので、今回は後悔しない為。

ありゃ、アカバの町はオープンセットなのか。
アカバも行くのだけど。

「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」のロケ地にも行くが、出発までに見られるかしら。

『-アパッチ砦の攻防より- 戸惑いの日曜日』

-アパッチ砦の攻防より- 戸惑いの日曜日
2008年9月8日(月)ソワレ
サンシャイン劇場

脚本:三谷幸喜
演出:佐藤B作

出演:
鏑木研四郎/升 毅
鴨田巌/西郷 輝彦
鴨田まち子/石野 真子
若宮サダ/あめく みちこ
鏑木ちよみ/中澤 裕子
堤君/小林 十市
電気屋さん/小島 慶四郎  他

佐藤B作演出・三谷幸喜脚本の舞台。
鏑木役はB作さんが演じる予定だったが、手術の影響で降板、升毅さんが務めることになりました。
2006年上演時に非常に評判が良かったので、今回の観劇が楽しみでした。

いやー、期待を裏切らぬおもしろさ!

続きを読む "『-アパッチ砦の攻防より- 戸惑いの日曜日』 " »

海外旅行 準備その2

いや、支度は大して時間がかからないのですが。
アレやろう、コレやってから行こうで結局バタバタ。

病院も行ったし、使い捨てコンタクトも買ったし、眼鏡も作ったし(酔って破壊した)、
あとはPCの修理の手続きだわ。忘れないようにしないと。
演劇関係のチケットの予約は、もう後回し。帰国したら、何とか考えよう。

でもあと二本、見たい芝居が…。(悪あがき)
サンシャインも歌舞伎も感想書いてない~。

携帯のレンタルは挫折。空港のショップがPM8時で終わりって…。
深夜便なので受け取れず。近くのショップの受け取りもだめだってさ!
ホテルにPC等あれば、芝居情報や、野球情報(岩隈の20勝がメチャ気になる。)が判るのだけど。

初の中東。ワクワクドキドキです。
かなり暑いらしいぞ!

→出発はまだ先です(汗)あと二本芝居見ますよ!


楽天ファンとしては、岩隈の19勝目は見届けて旅立つぜ!あと草野の活躍も…。
お願いだから三塁は草野にして~。鷲は若い投手が多いから、マメに投手に声掛けたり、励ましてくれる草野がホントに必要だと思うのよ(涙)草野、待望!
帰国した時には両リーグの順位確定しているのかな。

ミス・サイゴン 9/10追記

9月、あと一回見に行きたかったけど、渡航の準備等で無理かも。

でも良い舞台だったなー。おそらく井上クリスはこれで最後の観劇。
ベトナム人に対して、優位にたっている人種であるのが感じられる(誉めてます)、良いクリスだったなー。

キムにとって、文字通りクリスは「王子様」だったのだろうな。
親を失い、生きていく術を無くし、夜の世界に身を落とし、はじめての相手が王子様だもの。
観客側としては、サイゴン陥落後、アメリカ人のクリスと再び会えるなんて、絶対・絶対・絶対無理と判るのだけど、当事者であるキムには理解出来る訳もなく…。

トークショウについて、思い出したことを書こうかと思ったけど、聖子キムのBLOGを読んだらまた泣けてしまい…。

新妻聖子さんBLOG

トークショウは別所さんの司会でした。
時折冗談を交えつつ、真面目な司会で良かったです。
帝劇の客席に座っている方の中で、リピーターの方が少ないのだから、はじめて見る方に興味を呼び起こす内容であって欲しい。
もちろんこれは本編も一緒で、その点を強調していたのが良かったなぁ。
井上くんが上手い具合に茶々を入れてて、飽きさせなかったです。

あ、ひとつ嬉しかったとこ。
一幕キムの値段云々の場面、クリスに銃を突き付けられた別所エンジニアが仰け反るのですが、井上クリスのみが助け起こすのですよね。
そこに言及してくれたのが良かったー。井上くん曰く、「エンジニアに優しい」そうです(笑)。

ミス・サイゴン 9/10ソワレ

ミス・サイゴン  
2008年9月10日(水)ソワレ
帝国劇場 1階席後方より

別所哲也・新妻聖子・井上芳雄
坂元健児・鈴木ほのか・泉見洋平・菅谷真理恵

最初に叫ばせてください。

新妻キム&芳雄クリスの身長差に萌えっっっ!

前回観劇時、世間の評判と逆行して、東宝ゴールデンカップルの井上&笹本コンビが受け入れられず、消化不良の観劇となりましたが、今回で見事払拭!
サイゴンに限っては、私は井上&新妻の方が相性良いと思います。

今回一階後方で見た為が、とにかく聖子キムが小さくて、幼い少女といった印象が強くて。
それだけに悲惨な体験をして、サイゴンで夜の商売に身を落とすというのが、痛々しい…。
ソニンキムも、田舎から出てきた少女といった雰囲気で痛々しい。ビジュアルも大事だわ。
知念キムは、お嬢さんっぽいので、これまた別の意味で痛々しい。

話戻って聖子キム。あの小柄なところが、保護欲をそそる。クリス、そりゃ護りたくなるよ、と説得力抜群でした。
いやー、私的には萌え萌えなクリスとキムでした。

聖子キムと泉見トゥイも、いかにも同郷っぽい。いいね!

続きを読む "ミス・サイゴン 9/10ソワレ" »

BW「RENT」クローズ

昨日、時差があるから日本だと今日?2008.9.7、ブロードウェイの「RENT」がクローズしました。
何だか胸が痛くなった。

ロックミュージカルに偏見があって、非常に遅れてハマったRENTファンですが、
初BWがネダーランダー劇場で最高に幸せでした。
ただ一度だけの観劇でしたが、あの劇場で味わった空気は、宝物です。

日本版も来日公演も楽しみにしてるぞー!

カーテンコール&「Seasons of Love」の映像発見!
http://jp.youtube.com/watch?v=cCYml3aUZd8

人形の家

『人形の家』
2008年9月6日(土)ソワレ
Bunkamuraシアターコクーン

作:ヘンリック・イプセン
演出:デヴィッド・ルヴォー
出演:宮沢りえ、堤 真一、山崎 一、千葉哲也、神野三鈴、松浦佐知子、明星真由美 ほか

余りにも有名なイプセンの戯曲。
それが生き生きとした、今の観客に訴えかける、魅力ある内容として蘇った。

終演後、同行者と登場人物たちの、その後の生き方について、真剣に論じ合った。
そんな風に観客の心を揺さぶる芝居。

ルヴォー、さすがです。

宮沢りえさんの、女優としての可能性が、無限に感じられた舞台でした。

続きを読む "人形の家" »

古田新太俳優生活二十五周年

「古田新太俳優生活二十五周年」と銘打った企画、配役等が発表だー!

INOUE-Shakespeare「リチャード三世」 

古田新太、安田成美、榎本孝明、大森博史、三田和代、銀粉蝶、久世星佳、
若松武史、藤木孝
(パルコ劇場サイトより)

INOUE-KABUKI「蜻蛉峠(かげろうとうげ)」 

古田新太、堤 真一、永作博美
勝地 涼、木村 了、梶原 善、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと 他
(新感線公式より)

東京公演 赤坂ACTシアター
2009年3月13日(金)~4月12日(日)
※プレビュー公演 2009年3月11日(水)

いやいや、「リチャード三世」は手堅いキャストですね。
三田さんとか若松さんとか、かなり楽しみです。
これはストレートに創ってくる予感…。

「蜻蛉峠」は堤さんか!こちらもめちゃめちゃ楽しみです!

「ミス・サイゴン」上演1000回達成記念公演

ミス・サイゴン  080904_16490001
2008年9月4日(木)マチネ 
帝国劇場 1階席より

別所哲也・笹本玲奈・井上芳雄
岡幸二郎・鈴木ほのか・泉見洋平・菅谷真理恵

記念公演行ってきましたよー!
別所さん、出てきた時から気合入ってました。
クリスとキムは、見ていて恥ずかしくなる程、バカップルでした。

通常の公演のあと、特別カーテンコールが行われました。

詳細はすでにサイゴンBLOGにUPされています。
毎日新聞のサイトに、写真がたくさん載っています。(べっしーが怖い!)

続きを読む "「ミス・サイゴン」上演1000回達成記念公演" »

2008年9月の観劇予定

楽天が負け続けているから機嫌が悪い。
お願いだから、岩隈の勝ち星消さないでよー!昨日は大暴れだった私。
でも今日は草野が久々三塁スタメンで嬉しかったぞ。

今月は月後半から、海外逃亡の為、観劇はメチャ少ないです。
ちなみに、観劇旅行ではありません。
中東の方へ観光です。無事に帰ってこれるか?

「ミス・サイゴン」 帝国劇場
後半行かれないので、前半にまとめて行きます。

「秀山祭九月大歌舞伎」 歌舞伎座
今月は昼のみ。目当ては亀ちゃん♪

「新秋九月大歌舞伎」 新橋演舞場
こちらも昼のみ。「源平布引滝」が楽しみ♪

「人形の家」 シアターコクーン
デヴィッド・ルヴォー演出だよ!!!「nine」も再演してー。

「戸惑いの日曜日」 サンシャイン劇場
評判の良かった芝居なので、期待・大。

チケット確保済はこれだけですが、思案中が3本ほど。
旅行の準備もあるし、ちょっと増やすのは難しいかなー。残念。

ああ遺跡観光に備えて、毎日ウォーキングすると決めたのに、全然果たせてないわー。根性なしです、私。

温泉堪能

バテバテですー。疲れたー。
行ったのは、水上高原の奥利根温泉。目の前がスキー場なので、冬場はスキー客で賑わうのでしょう。
オフシーズンでしたので、温泉もほぼ貸切で気持ち良かったです。

080902_07220001 080902_07230001

山の中にある露天風呂。

080901_17570001 Dsc01532

料理もなかなか豪華。外は花が咲き乱れる。

翌日はレンタサイクルで、あちこちを回りましたが、坂が多くて足がぱんぱんになりました。

楽天の湯

本日、水上温泉に来てます。
今から『楽天の湯』という、個室の露天に入ります!わーい♪楽天。

Dsc01537 Raku01_2

Raku02 別館に11種類の個室貸切露天風呂。

その中のひとつが「楽天の湯」です。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »