旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 野球・ラスト | トップページ | りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ『冬物語』 »

野田版 愛陀姫

八月納涼歌舞伎 第三部 『野田版 愛陀姫(あいだひめ)』
2008年8月22日(金) 歌舞伎座
出演:勘三郎、七之助、橋之介、勘太郎、亀蔵、彌十郎、扇雀、福助、三津五郎

野田さんだからという期待値が、どうしても高くなってしまう。
悪くはないのだけど、悪くはないのだけど、野田さんだった、NODA・MAPの芝居の方が脚本・演出ともクオリティが高いのですよね…。

「研辰の討たれ」(初演)>「愛陀姫」>「ねずみ小僧」かな。

筋はおもしろかった。
私はオペラのアイーダは、全く見たことが無かったので、帰宅後あらすじを検索。
いや、まんまなのね(笑)
書き換え版として、どういうおもしろさがあるのか、元を知らないと味わえないのが残念。

セットや視覚効果はさすが。
舞台美術は堀尾幸男さん、衣装はひびのこずえさん。どちらかというと、セットと衣装を見に来た感が。
だが歌舞伎も舞台美術・衣装で見せる部分が大きいので、いいのかも。
音楽はクラシックはやはり違和感が。

祈祷師コンビはもうお約束。何で福助さんは、お笑い路線だと生き生きしているのだろう。

祈祷師コンビは元ネタには出てこない?
ハッタリがどんどん一人歩きして、真実になっていく辺り、皮肉がきいてて良いな。

でも何でアイーダ?

もう一本は『紅葉狩』。
期待通り、勘太郎くんが良かった。特に更科姫が。

« 野球・ラスト | トップページ | りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ『冬物語』 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/23268373

この記事へのトラックバック一覧です: 野田版 愛陀姫:

« 野球・ラスト | トップページ | りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ『冬物語』 »